FC2ブログ

Entries

2009年9月1日 ●政権交代が起きても

カテゴリ : 無題


 政権交代

 8月30日の衆院選挙で、予測通り、民主党が300議席を超える圧勝で、自民党は結党以来の壊滅的大敗を喫した。
 政権交代が実現した理由は、「自民党が大衆を食わせてゆけない、役に立たない政党である」と多くの大衆が認識したことに尽きるだろう。

 それでは、大衆が民主党を選んだというよりは、自民党を見捨てたことにより棚ぼた式に政権が転がり込む民主党が、有権者大衆を食わせてゆけるのか? といえば、メンバーを見る限り、自民党と変わらない二世三世のろくでもないボンボン議員ばかりで、「大衆を食わせるには何をしたらよいのか」という問題に、真正面からピントの合っていそうな冴えた議員は、ほとんど見あたらない。

 鳩山政権も、まともな判断力があるなら、藤原直哉あたりを主任アドバイザーや経産省に任命して、至急の経済対応策を実行させれば、とりあえずは当面を凌げるように思えるが、メンツや論功合戦に夢中になって、自惚れに目がくらみそうな連中ばかりで、そうした冷静な判断は無理だろう。

 結局のところ、何をしていいか分からず、打つ手は裏に填り、大衆は失望するばかりとなるにちがいない。
 正直、今起きている世界大恐慌は、松下政経塾あたりで議員に憧れる、ろくな苦労も知らないアホボンボンあたりが手を出して何とかなるほど甘い事態ではない。場合によっては日本人の多くが死滅を免れ得ないほどの凄まじい動乱を呼び起こさずにはおかない巨大災厄なのだ。
 残念だが、この有史以来ともいえる人類遭難に当たって、人々を正しい方向に導いてゆける人材は、民主党にも皆目見あたらないと言うしかない。それどころか、今、どれほど恐ろしい事態が起きているのか、まともに理解している党員も見あたらないのだ。
 年末までに、ドル切り下げかアメロ導入、金融封鎖という恐慌パニックが避けられない情勢にあることを民主党の誰が見ているのか? バラマキ政策なんか主張している場合か?

 おそらく民主党政権は早々に行き詰まるしかない。こうなれば、大衆はプーチンのような、強引至極の強権独裁支配者を熱望することになり、日本の右傾化、独裁政権化が避けられない流れになると危惧している。
 (もし、日本でプーチンのように登場するとすれば、田中真紀子や橋下徹、そして小朝クラスの大真打実力者は北川正恭あたりか? ユダヤ金融資本は寺島実郎を担ぎ出すか?)

 筆者は、自民党政権のまま日本政府が倒壊した方が問題がスッキリして、本質が見えやすいと考えていた。下手に民主党が余計な悪あがきをすれば、「何が間違っていたのか?」見えにくくなってしまうことを心配している。
 放っておいても、株価超大暴落は避けられず、BIS規制による銀行群の崩壊から預金封鎖、為替凍結、輸出入停止の流れは、時間の問題だった。こうなれば、大衆は自民党の存在と、それを支持してきたという事実が何を意味していたのか? はっきりと思い知らされることだろう。
 しかし、大衆の「食えない」という不安と怒りは、自民党を潰すという結果をもたらす形しかありえず、政権交代は誰も止められない必然的なものだっただろう。

 自民党は、このまま責任問題をめぐって内紛が続き崩壊してしまいそうだ。おそらく、まともな形で復活することは難しいだろう。しかし、「まともでない形」で復権することがないとはいえない。
 どういうことか?
 麻生内閣の官房副長官が官僚のトップにあたるポストだが、これには漆間巌という自衛隊幹部や警察庁長官など、国内の治安・公安を一手に支配してきた人物が就任している。こいつがクセ者だ。

 2009年3月5日、漆間は記者団懇談の席で、小沢民主党代表の秘書が東京地方検察庁に逮捕される状況下にあった西松建設違法献金事件の捜査に関して、「検察は西松建設の違法献金事件で自民党側を立件できないと思う」と発言した。
 日本政府最高幹部が、小沢と同じように、西松建設側から二階俊博をはじめ、自民党議員関係者が多数献金を受けていた事実が明らかなのに、立件するのは民主党だけで自民党に捜査が及ばないと断言したのである。
 警察畑トップを歩んできた漆間の経歴から、検察とツーカーの間柄であるのが当然であって、いわば検察の代理コメントをしたようなもので、さすがの記者クラブもオフレコをひっくり返して大きなニュースになり、「国策捜査を証明するものだ」との指弾を浴びることになった。

 漆間は、自衛隊時代から日本を代表する高級スパイだったといわれる。ということは、おそらくCIAのエージェントでもあるのだろう。同じように、西松事件を自民党に有利な立場で立件した漆間の盟友といわれる東京高検検事長の大林宏も、一貫して公安スパイ調査官、公安検事を歩んできた人物で、強硬な反共主義者であり、三鷹事件・下山事件などをでっちあげた正力松太郎の陰謀弾圧路線を継ぐ者たちといわれている。
 彼らが共謀して西松建設疑惑をでっちあげ、小沢一郎を陥れたことは明白で、彼らこそ、日本の闇権力の代表者と目する点では、多くの闇権力研究者たちが同意している。
 筆者の元には、漆間~大林の闇権力が、民主党に罠を仕掛け、大規模な転倒を狙っているとの情報が少なからず寄せられている。副島隆彦も以下のように指摘している。

 【だから、私は、小沢一郎にあと3年は生きていて欲しい、と本当に思う。これだけだ、と言っていい。敵たちにとって恐(こわ)いのは小沢一郎だけだ。小沢に急に先立たれると、私たち日本国民は、すぐに、「テルミドールの反動(はんどう)」に見舞われることになる。 思想家である私には、このことがよく分かる。 鳩山や、岡田や、菅では、悪人(ワル)たちが、策動を巡らして、ゴロツキ政治屋と、極悪官僚たちと、メディアと、アメリカの謀略部隊が、仕組んで襲いかかれば、半年と保(も)たないで政権を転覆させられる。今のところは、小沢一郎が、手塩にかけて育てている若い、経験の未熟な政治家たちでは、太刀打ちできない。】

 日本社会は、実に残酷な謀略が渦巻いてきた。そもそも明治新政権創立のときに、北朝天皇家の系譜を継ぐ孝明天皇を、薩長幹部は一家皆殺しにしてしまったのだ。
 今いる明治・大正・昭和・平成天皇は、実は、このときでっちあげられたニセモノ、大室寅之輔の子孫であり、孝明天皇直系ではない。とはいっても、元より万世一系天皇なんてのは妄想もいいとこで、現実には、そんな都合のよいメデタイ家系が存在するはずがないが、それにしても、西郷・大久保・井上・伊藤らが岩倉具視と共謀した天皇暗殺は残酷な殺人謀略であった。
 このとき天皇が、長州奇兵隊力士隊にいた大室寅之輔にすり替えられたのは明白で、その証拠は、北朝系譜の天皇が、明治になって突然、「南朝こそ正統」と言い始め、朝敵であったはずの楠木正成像を皇居に建立したことからも明らかである。

 以来、日本政府の政権本流では、こうした類の謀略が当たり前のように続いていたが、マスコミも権力で統制してきたために、真実が民衆のなかに伝わることはなかった。これらの謀略は、後に研究者によって暴露されたのである。

 日本近代史における、もっとも悪質な謀略は、戦争を除けば、正力松太郎によって行われた朝鮮人大虐殺である。
 関東大震災が発生したとき、かねてから在日朝鮮人と社会主義者の撲滅殺戮を計画していた警視庁ナンバー2、正力松太郎は、マスコミに「朝鮮人が井戸に毒を投げ入れ、各地で強姦強盗など暴動を繰り返している」と流言飛語を流布した。
 この結果、六千名を超える朝鮮人が、デマに扇動された大衆によって虐殺されたのである。社会主義者、大杉栄、伊藤野枝は幼子を含めて一家皆殺しにあった。

 正力松太郎という人物は、日本近代史のなかで謀略・黒幕という視点で最大の大物であり、極悪非道とは、この男のことを言う大悪人であった。「日本を守る」と称する右翼の総元締めでありながら、戦後はCIAのスパイに任命されていた事実が公に確認された。
 戦後、労働運動に起きた、三鷹・松川・下山・白鳥などたくさんの左翼弾圧のための謀略事件の黒幕は、すべてこの男が命令したものであり、岸信介や児玉誉士夫、中曽根康弘らとともに指揮したと断言してもよい。

 戦後の保守政権を支えた陰謀は、すべて正力松太郎の系譜にある。正力や岸の死後、それを引き継いだのは統一教会の支援を受けた中曽根康弘だが、老いた中曽根を継ぐ者が現れていた。
 それが、漆間巌(内閣官房副長官)と大林宏(東京高検検事長)である。彼らは日本会議を中心に、右翼知識人を集め、保守政権を永続的に支える陰謀を繰り返してきた。田母神俊雄も彼らの盟友であると指摘されている、
 問題なのは、彼らが合法的活動だけでなく、正力直系の非合法活動にも極めて長けていることだ。
 例えば、植草一秀が痴漢に填められたり、自民党りそな資金問題を調査していた記者たちが次々と不審死を遂げている背景に、彼らの陰謀が行われている可能性が強いことだ。

 漆間は、まるで日本のプーチンのように、政権幹部の私的な弱みを握り、これをネタにして脅しながら政権を泳いできた。例えば、森元首相の息子に関係した麻薬売春問題や、プチエンジェル事件のような児童売春に関与した政治家たちのネタを入手し、官僚トップの座を守って、政権に影響力を保持してきたといわれる。
 そして漆間に逆らう者に対しては、小沢が西松献金で填められたように、その個人的な弱みにつけこんで、風評によって社会から抹殺しようとしてきただけでなく、おそらく暴力団系の非合法実行部隊とも関係がありそうだ。

 このような人物と、正力の系譜にある非合法陰謀組織があるとするなら、これから民主党幹部に対して、巨大な罠が仕掛けられることは間違いないと見るべきである。

 漆間や大林ら闇権力の得意技は、植草事件を見れば分かるように、まっとうな発言をする者に対し、痴漢や泥棒容疑などで、二度と立ち直れないほどの社会的名誉、政治生命を根底から破壊することである。
 このために、アグネス・チャンや野田聖子などを使って、日本に苛酷な性犯罪糾弾組織や法的規制を次々に敷設していった。今では、18歳以下が児童性犯罪とされるようになり、やがて、18歳以下の出演する性的興奮を催すビデオを所持しただけで犯罪とされるようになりそうだ。
 これこそ、漆間の得意技であり、こうした無茶苦茶な規制法をバックに、まっとうな人々を次々に罠に填めて、刑務所にぶちこんで政治的、社会的生命を絶とうとする意図なのだ。

 漆間や大林らが統一教会と協力しながら暗躍したとしても、この社会や権力が崩壊する流れを止めることは絶対にできないが、しかし、一時的にスターリンソ連で起きたような、苛酷な暗黒統制社会に持ち込むことは可能だ。
 性犯罪をはじめ、あらゆる犯罪適用を拡大し、処罰を苛酷化し、多くの大衆を犯罪者に仕立て上げ、密告によって次々に強制収容所に送り込むような暗黒社会がやってくる事態に向けて進む可能性は強い。
 だからこそ、我々は、彼らの自滅を待つために、過疎地の田舎に避難し、農業で自給自足を原則に、暗黒の時代をやり過ごす必要があるだろう。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数