FC2ブログ

Entries

ひたひた押し寄せる巨大震災の跫音

カテゴリ : 未分類
 日本列島は、どうやら戦国時代から宝永時代に続いた大震災の流れを再現しているらしく、もうすぐ歴史上希なスーパー大震災が起きてしまうようだ。

 何度も書いているように、キラウエア火山の大噴火は、環太平洋火山帯活性化の指標になり、これが起きると、必ずといえるほど日本列島に、巨大震災がもたらされてきた。

 http://tocana.jp/2018/06/post_17060_entry.html

 桜島や新燃岳(霧島)の噴火活動も、日本列島大震災に密接に関係している。
 キラウエア大噴火から数ヶ月後には、日本列島太平洋岸に大地震が起きているのである。

  http://www.tankyu3.com/entry/2018/06/04/kilauea

 もう、ほとんど例外なく起きているように思え、日本列島の地殻変動は、おそらく宝永時代の南海トラフ巨大地震に匹敵する規模になると予想する研究者が多い。

 北からいうと、北海道東方M9?
  http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23158.html

https://www.sankei.com/affairs/news/171219/afr1712190019-n1.html

 40%だから半分以下なのではない。予測確率としては、明日にも起きかねない「確実レベル」と考えてもよい。
 この震源地は、東日本大震災を引き起こした北の延長上=日本海溝にあって、必ず起きると言われていた青森東方沖アウターライズM8.6地震の北隣になるが、アウターライズ地震が、いつまでも起きない理由は、この震源に引っ張られているのかもしれない。

https://twitter.com/kirinjisinken/status/933688280117211136

そして南海トラフスーパー大震災
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87

 30年以内、80%の発生確率なんていったら、もう今すぐ裸足で逃げ出すレベルである。 この震源のうち遠州灘の東海地震については、東大の石橋氏が半世紀前から警告を続けてきたのに起きない理由は、私は、たぶん想定規模が予測より桁外れに大きいせいだと考えている。
 大きな震源が浮上してくると、他の小さな震源は全部吸収されてしまう。ちょうど幾何学でいうカタストロフィーグラフの経過を考えればよい。

 最初に来るのは房総沖かもしれない

 東日本大震災前に起きていたスロースリップに酷似した活動が房総沖で起きている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31871470W8A610C1CC1000/
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%B6%E5%AE%9D%E6%88%BF%E7%B7%8F%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87

1677年に起きた房総沖地震の規模は、M8.3程度で、津波震災になった。(房総沖と神奈川沖は、重なっていることに注意)
 1707年に起きた宝永地震は、モーメントマグニチュードがM9前後で、東日本大震災を上回る巨大震災だった可能性があるが、たぶん房総沖地震と30年スパンで連動したのだろう。

 今回懸念されている南海トラフ巨大地震は、この宝永モデルが再現されると予想する研究者が多数いる。

 https://www.youtube.com/watch?v=LRZQpw4plWo

 熊本震災以来、中央構造線の活動が不気味に東進を続けている。

  https://news.nifty.com/article/domestic/society/12151-051473/

 大阪地震M6.1も中央構造線の活動だが、これがメディアで大きく取り上げられない理由は、川内原発から伊方原発、そして浜岡原発と、中央構造線上に、原発が稼働し、かつ再稼働申請を行っているから、意図的に報道統制が行われているのだろう。

 琉球大、木村教授による「日本列島断層」説によれば、中央構造線は、徳島から淡路島で別れ、従来説では紀の川から三河湾方面に進行していたが、実際には、淡路から淀川・琵琶湖を経て、能登・佐渡に向かうのが本線であるとされる。
 もしそうなら、その本線上に十数基の若狭原発群が存在し、うち数基が稼働していることになる。これは人類全体にとっても、とてつもない災厄を招く疑いがある。

 1605年、慶長伏見地震(M7.5前後?)は、高槻断層帯で、阪神大震災と今回の大阪M6.1と同じ断層上の震源であった。また 1586年の天正地震は、木村教授の指摘する日本列島断層における内陸型巨大地震であった可能性がある。

 これらの情報を調べてゆくと、今年、ほぼ確実に東日本震災を上回る可能性のあるスーパー震災が日本列島を襲うだろうと予測するしかない。

 実は、私の住む美濃東部でも、連日連夜、小さな地震が続いていて、中津川市の防災メールを受信しているので、真夜中でもしょっちゅう地震情報が入ってきて休まるヒマがない。
 この頻度は、東日本震災前に実に似ている。

 巨大地震が突然、いきなり起きることはない。必ず、M7級前震があって、本震M8超につながっている。
 東日本大震災については、二日前にM7.3、前日にM6.9の前震が起きている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%81%AE%E5%89%8D%E9%9C%87%E3%83%BB%E6%9C%AC%E9%9C%87%E3%83%BB%E4%BD%99%E9%9C%87%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2

 ついでにいえば、前駆活動も必ずあって、阪神大震災の場合は、猪名川群発地震があった。
 東日本大震災の前駆活動も相当に激しいものだった。
 https://otoriyosegurume0141.com/2018/03/22/earthquakes/
 
 今の日本では、M7級地震で、壊滅的打撃を被ることは阪神大震災を除いて多くはない。それほど大きな被害は出ないのが普通であるから、まずは前震の疑いのある地震を検知したなら、それから避難に動いても遅いわけではない。

 ただし、海溝型巨大地震の前震について明確な知見を確認した記録はない。

 地震前の宏観現象については、過去に何度も書いている。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-388.html

 今回は、私自身の準備について書いてみたいと思う。

 ということで、地震後のインフラ、食料供給システムの混乱に備え、まずは備蓄だが、主食備蓄は、スパゲッティや古米など、そこそこあるのだが、副食については、庭で作っている野菜では不足で、「塩でもかけて食うか」と覚悟してるが、夏場にいたって、豊富にできはじめた野菜類を、貯蔵するのに苦労している状態だ。

 幸い、うちの近所では、梅が非常に安く手に入るので、今年は、梅酒を4キロ漬けて、梅干しを3キロ漬け込んだ。
 キュウリが続々とできてくるので食べきれず、ピクルスに仕立てたが、間に合わず、明日はキューちゃんみたいな古漬けにしようと思ってる。
 トマトやバジルもペースト化する段取りで、茄子も古漬けにするしかない。
 大根は、炭疽病にかかって、うまく育ってないが、タクワンを10Kほど漬けたいと考えている。
 京都の柴漬けのような美味しい漬物を作りたいが、なかなか甘くない。

 何を言いたいかというと、長期保存のきく漬物などの備蓄を、震災の有無にかかわらず、普段から習慣にすることは、とても大切であると考える。
 それに、発酵食品は、長期耐乏生活にも非常に有効なので、味噌やチーズなどは、多めに備蓄するべきだし、漬物は、自分で育てた野菜を漬ける習慣を身につけたい。

今度の巨大震災で何が起きるかといえば、今の馬鹿な官僚たちや自民党の政治家たちに、スーパー震災の対応は、もう不可能ではないかと考えている。
 どうにも無能で、モリカケの隠蔽工作しか頭にない腐りきった国民の血税泥棒たち、年収2400万円の政治家たちに何ができるかと考えれば、自分の利権を持ち逃げするのが関の山ではないだろうか?

 一番大変なのは、水と燃料のインフラシステムが、どれだけ確保できるかということで、日本列島の半分が被災するようなスーパー大震災では、飲料水インフラだけでも、復旧に数年もかかる疑いがある。
 したがって、自分の身は自分で守るしかない。

 スーパー大震災で何が起きるかといえば、日本経済の壊滅的大混乱に伴って、円がひどく安くなる可能性があり、仮に1ドル300円程度まで下がれば、ガソリン代は三倍になるし、それ以前に、本当に輸入し、各スタンドに配送できるかも疑問だ。
 ガソリンがなければ、シェルター代わりの車も使えないことを覚悟すべきである。
 
 海外からの輸入に頼り切ってる食料も、すべて三倍に値上がりし、供給インフラである道路網がズタズタになれば、スーパーの棚は数ヶ月も空っぽになる可能性がある。
 だから、最低でも数ヶ月の備蓄を持っていないと、巨大震災を乗り切るのは困難であり、行政からの支援をアテにするのはやめた方がいいと思う。

 まあ半年もすれば外国からの支援もあるし、それなりに復旧するだろうが、今度は農業インフラから再構築しなければならず、混乱は数年間に渡るにちがいない。

 家を失った人たちに対しては、たくさんある空き家を手配すればよいのだが、行政に、それだけの能力があるのか、今の政治をみていると甚だ疑問だ。
 上水道インフラの健全な地域でなければ住めないので、もしも、どうしようもなければ、水の豊富な山岳地帯で仮住まいするしかないだろう。

 はたしてスーパー大震災がいつ来るのか?
 私自身の宏観情報としては、6月の大阪震災、房総沖スロースリップ以来、猛烈な耳鳴りが一日とも絶えたことがない。
 だから、もう時間の問題で起きるというしかない。
 友人、知人たちには、M7級が発生したなら、数日後、次にM8・M9が発生すると覚悟しろと言い続けている。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数