FC2ブログ

Entries

福島米・食べて応援あの世行(事故8年目)

カテゴリ : 未分類

  アイデア尽きたときの「めげ猫」頼みではあるが、それだけめげ猫ブログは重大な内容を含んでいる。
 事故後、ツイッターで、有用なブログを毎日、100近く紹介し続けていたが、ツイッター社から、さっぱり理由の分からないアカウント永久凍結をくらったのが3月で、すでに半年以上、ツイッターと無縁になっている。

 法的措置を講ずるつもりだが、契約関係が存在しない、一方的な提供に乗っていただけなので、権利を主張することが非常に困難で困っている。ツイッター社自体が、体制側に馴致された保守的なメディアであるため、原子力産業や政府への批判ツイートを嫌っていることが、ありありと分かる。

 国内のツイッター類似サイトであるマストドンを利用しようとしたところ、麻生太郎への批判ツイートを最初に投稿したところ、五分でアカウントごと削除された。
 調べて見たら、マストドンの経営は、麻生の甥である麻生巌のドワンゴによるものだった。

 めげ猫ブログより引用

 福島産米を許容する方が6割近い福島県郡山市の葬式(死者数)は
  事故前年(2010年3月から9月) 1,639人
  事故8年目(2018年3月から9月)1,846人
で13%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.05%でした。一方で福島産米を許容する方は2割程度の福島県相馬・南相馬市の葬式(死者数)は
  事故前年(2010年3月から8月) 630人
  事故8年目(2018年3月から8月)628人
で少し減っています。(=^・^=)は
「福島産米、食べて応援、あの世行(事故8年目)」
って思ってしまいました。

 http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2673.html

 何度も繰り返してきたが、日本相撲協会は、フクイチ事故後の、まだ放射能汚染が著しい福島県産米を2013年度初場所から優勝報償 副賞として授与し続けている。

 https://www.komei.or.jp/news/detail/20160217_19208

 歴代優勝者を挙げてみよう。福島米をたっぷりと食した翌場所の成績は()内。

 2018年
白鵬・ 御嶽海(大関取りの場所ながら9/6と不振)・鶴竜・鶴竜・栃ノ心(筋挫傷で不振)・
2017年
白鵬(1年間不振へ)・日馬富士(場所後暴力沙汰で引退)・白鵬・白鵬・稀勢の里(聞いたこともない筋断裂で7場所連続休場)・ 稀勢の里
2016年
鶴竜・豪栄道(翌場所より不振、戻らず)・日馬富士・白鵬・白鵬 ・琴奨菊(翌場所より著しい不振戻らず)
2015年
日馬富士・鶴竜・白鵬・照ノ富士(翌場所より筋挫傷で不振、戻らず)・白鵬・白鵬
2014年
白鵬・白鵬・白鵬・白鵬・鶴竜・白鵬
2013年
日馬富士・白鵬・白鵬・白鵬・白鵬・日馬富士

 福島米を授与された部屋の力士は、翌場所、ほぼ不調になっていた。共通するのは、セシウム内部被曝がまともに作用する(カリウム代替として)筋肉の病気になって、挫傷や断裂を起こす力士が多かったことである。

 私は、牛久市出身で後援会から、茨城県の汚染の激しい水産物や食品が持ち込まれていると思われる田子の浦部屋の稀勢の里を、不調の前から何度も最大の被曝リスク者として注視してきた。
 角界こそは、最大の被曝リスク集団であると、何度も指摘した。

 そして、二場所連続優勝の稀勢の里を、筋断裂が直撃し、以降7場所、地獄の不振が続くことになった。
 豪栄道や照ノ富士、琴奨菊も、普通なら日の出の勢いが続くと思われたのに、不可解な不振や筋肉のトラブルに見舞われ、いずれも、その後浮上できないでいる。
 モンゴル横綱陣は、白鳳も鶴竜も不振が続きながらも復活を果たしている。おそらくモンゴル式の食生活が肉食中心で、日本人力士とはかなり異なるのだろう。

 実は、相撲界だけなく、他のスポーツ界でも、福島米を食べていると、成績不振になる法則がある。
 もっとも分かりやすいのがブラジルWCで、福島県出身シェフ西芳照氏が「選手に福島米を食べさせ元気になってもらう」と吹聴して、福島県食材ばかり食べさせたところ、ほぼすべての選手が不振に陥り、散々な成績になった。
 これを日本サッカー協会が推奨しているのだから始末が悪い。無知にもほどがある。

 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2644.html

 また、私は、大谷翔平が、柏市に近い日ハム二軍宿舎で地元産食材を食べていることを知って、このリスクを警告したが、やはり筋障害を起こした。
 https://keitaro-nonaka.com/pov384

 同じ宿舎に入った清宮も、不振を極めている。日ハム関係者は馬鹿なのか?
 https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12184-38763/

 上に引用した以外でも、福島県食材を「食べて応援」したスポーツ選手が、練習中に心筋梗塞で死亡するなどの事故が多発している。

 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/16496

 福島県に限らず、フクイチ事故後の心筋梗塞急死の多さには、読者も気づいているだろう。社会ののぞき窓のような役割を果たす、有名人、スポーツ選手や芸能人、漫画家、音楽家など、いったいどれほど心筋梗塞で急死した数え切れない。

 https://matome.naver.jp/odai/2140919635792616201

https://newsmatomedia.com/cardiac-insufficiency

 http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/161.html

 http://kajipon.sakura.ne.jp/yougaku3.html

 福島米を食べていれば、必ず不調に陥るか、死ぬことになる。
 これが、冒頭に紹介しためげ猫タマブログの結論である。

 私は、食品放射能検査を行っているが、事故後、持ち込まれた福島米のサンプルは、数十に及ぶが、平均的に、セシウムがキロあたり3~10ベクレル程度と、それほどひどい汚染ではなかったのだが、上に述べた、福島米を食べた人々への影響は深刻である。

 これは、一つには、ロシアのセシウム汚染地帯で、泥土での栽培では、セシウムが泥中のゼオライト成分に吸着されてセシウムが栽培品に移行しにくい。しかし、泥炭地での栽培では、想像を絶する移行が起きて、平方キロあたり5キュリー(キロあたり2800ベクレル)の地域であっても、数十万ベクレルの高濃度汚染地帯に匹敵する内部被曝が起きていたと報告されていることが、関係していると思う。

 米には、セシウムを吸着する成分がなく、例え3ベクレルであっても、ダイレクトに筋肉=心臓=循環器系に、まともに内部被曝を引き起こすと考えられるのである。
 だから、セシウムの含有量よりも、それが、どれほど人体に内部被曝を起こしやすい形態なのかが問題になる。

 この意味で、水道中のセシウムは、もっとも吸収されやすい危険な形態であり、水道水を事故後、測定し続けている、CDクリエーション鈴木氏から、再び報告が届いている。

  昨日、栃木県大田原市の水道水を測定したのですが、千葉や東京の汚染より
一桁低い数値でした。

http://cdcreation.grupo.jp/blog/2322614

予想はしていましたが千葉や東京に住む人は原発から距離で安心している
人も多いのではないかと不安になりました。

http://cdcreation.grupo.jp/blog/2315680

オレオレ詐欺より悪質な政府と東電

https://ameblo.jp/34yu0422/entry-12410887217.html

 何度も指摘してきたが、セシウムには人体に吸収されやすい形態があるようで、それは、貯水湖や河川の底泥中に沈着したセシウムが、台風や豪雨などで攪拌され、それを猛暑によって著しく活性化した微生物が摂取し、人体に吸収されやすい有機形態のセシウムに変えてゆく疑いがあるのだ。

 こうなると、リットル0.00Xベクレルのオーダーであっても、日3リットルの飲料水と、シャワーや風呂で皮膚吸収されるセシウムが、内部被曝に累積してゆく可能性があり、濃度が薄いからといって、決して安心できないのである。

 

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数