FC2ブログ

Entries

 基準超の福島産とちもちが市場流出、福島県検査は14(Bq/kg)

カテゴリ : 未分類
 http://mekenekotama.blog38.fc2.com/

 福島県による放射能検査の驚くべきインチキぶりは世界的に有名になっているが、今回もまた、露骨なニセ測定結果が暴露された。

 以下、本文引用

 福島県下郷町産とち餅から基準値を超える1キログラム130ベクレルのセシウムが見つかりました(1)。直前の福島県の検査では同じく14ベクレルでした(3)。福島県の検査では、基準超のセシウム汚染食品を見つけられません。

 とち餅は福島県下郷町の美味しい物の一つです(4)。乾燥させたとちの実の皮を剥き、流水に曝したあと「灰」であく抜きしたあと、実を蒸し、もち米と混ぜてできあがります(5)。灰であくぬきをするのですが、福島産の薪を燃やしてできた灰からは、過去に1キログラム当たりで2.5万ベクレルのセシウムが見つかっています(6)。

 過去には福島産木材を燃やしてできた「灰」を使って調理した沖縄ソバから、1キログラム当たり258ベクレルのセシウムが見つかっています(7)(8)。

 11月5日に販売された福島県下郷町産とち餅から、基準値の1キログラム当たり100ベクレル(9)を超える、同じく130ベクレルのセシウムが見つかったそうです(1)。

福島県下郷町産とち餅から基準超のセシウムが見つかったと発信するNHK
 ※(1)を引用
 図―1 福島県下郷町産とち餅から基準超のセシウムが見つかったと発信するNHK

 ただし、検査先が明記されていませんでした(1)。一方で福島県は11月8日付で
「加工食品等の放射性物質検査を実施しておりましたが、本日、いずれも食品衛生法に定める基準値以下であることが確認されましたのでお知らせします。」

と発表しています(10)。福島県は福島産加工食品は全て「基準内」を主張しているので、福島県の検査ではありません。どこかの「機関」が福島県下郷町に出かけ、「とち餅」を購入し検査したら基準超のセシウムが見つかったと思います。福島県は何回か出荷前検査を実施しています(2)(8)。以下に比較を示します。
福島県の検査では基準値に比べ大幅に低い福島県下郷町産とち餅の検査結果
 ※1(1)(2)(11)を集計
 ※2「非流通品」は出荷(流通)前の検査を示す。
 ※3 「基準値」は(9)による。
 図―2 福島県下郷町産とち餅の検査結果

 図に示す通り、福島県が実施した検査では基準値を大幅に下回っています。近々では10月5日製造の下郷町産とち餅を検査していますが、1キログラム当たり14ベクレルでした(3)。これを一ヶ月に購入して検査すると同じく13おベクレルです。福島県は基準超のセシウム汚染食品を見逃しました。
 最近では福島産ヒラメで似たようなことが起こっています。7月20日に福島県漁連のスクリーニング検査で、国が定めるスクリーニング検査の基準(スクリーニングレベル)の1キログラム当たり50ベクレル(11)を超える同じく59ベクレルのセシウムが見つかりました(15)。以下に福島および隣県産のヒラメの検査結果を示します。
他では見つかっても、福島県が検査すると見つからなくなる福島産ヒラメのセシウム

 ※1 (11)(14)(16)(17)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 ()内は検査先、福島県漁連は「県漁連」と略した。
 図―3 ヒラメの検査結果

 図に示す通り、福島産だけでなく隣県(岩手、宮城、茨城産)でもセシウムが見つかっています。でも、福島県が検査では福島産ヒラメからセシウムが見つかりません。データ(11)(17)を数えると199件連続で検出限界未満(ND)です。

 厚生労働省の発表を見ると、福島県の検査は概ね福島県の機関が直接に実施し、品目毎に検査機関が分かれています。野生鳥獣を除く農林水産物は福島県農業総合センター、加工食品は福島県衛生研究所、野生鳥獣は環境創造センターです。そして福島県外の物は検査しません。これですと、福島県は検査結果をコントロールできます。他の検査機関と比べられる事がないので、一定の方針で検査データを操作しても、全体の整合性が崩れることがありません。

 福島県以外は違います。概ね、外部機関(たとえば民間の分析会社)も含め複数の検査機関で検査を実施しています。以下に群馬県前橋市赤城大沼のワカサギの検査結果を示します。
検査機関が変わっても値は変わらない赤城大沼・ワカサギの検査結果
 ※1 (11)を集計
 ※2 凡例は検査機関を分けており
  A:(一財)九州環境管理協会
  B:(株)総合水研究所
  C:(公財)海洋生物環境研究所
  D:いであ(株)
  E:群馬県農業技術センター
 ※3 日付けは捕獲日
 図―4 赤城大沼産ワカサギの検査結果

 図に示す様に、データは連続しており検査機関が違っても同じ結果にないます。また、群馬県の機関である群馬県農業技術センターを除けば、群馬県外の検査も受注しています。たとえば、いであ(株)は厚生労働省の発表を見ると北は北海道から南は大阪府まで、十数都道府県から検査を受注しています。発注元が検査をコントロールするのは不可能です。当たり前ですが、同じ物を測ればどこが測っても同じ結果になりはずです。でも、福島産は違います。

 10月5日の福島県検査で1キログラム当たり13ベクレルだった下郷町産とち餅を1ヶ月後の11月5日に購入し他の機関で測定すると、基準値超えの130ベクレルです。福島県漁連の検査では1キログラム当たり59ベクレルのセシウムが見つかり、隣県でもそこそこセシウムが見つかっていますが、福島県が福島産ヒラメを検査すると199件連続で検出限界未満(ND)です。福島県の検査は他よりも低出ます。福島県は検査でセシウム汚染食品を見つけることが出来ません。

 
<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県は福島産リンゴの安全を検査で確認したと主張しています(19)。でも、福島の皆様は信ぜず、福島のリンゴは白雪姫のリンゴ(20)かも知れないと思っているようです。

 福島のリンゴ今が食べごろです(21)。福島のリンゴは果汁が多く、甘味と酸味もほどよく調和し、完熟すると果肉に蜜が入り食味も抜群です(22)。でも、福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産リンゴはありません。
他県産はあっても福島産リンゴが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(23)を引用
 図―4 福島産リンゴが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

megeneko1.jpg

*********************************
 引用以上

 めげ猫ブログは、一貫して福島県による放射能検査が著しいインチキ、虚偽、矮小化に満ちている事実を暴露してきた。
 とりわけ全袋米穀検査と称する米の検査のインチキぶりは、開いた口が塞がらない。

http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-507.html

 福島県による放射能検査は、2011年事故直後から行われているが、最初からすべて信用できないデタラメなものばかりで、彼らは、フクイチ放射能放出事故で、何の被害もなかったように見せかけたいだけで、徹底した事実の隠蔽、矮小化、歪曲に終始してきた。

 私は、フクイチ事故後、100万円以上の自腹を切って放射線測定器を購入し、自分で直接、福島県に出かけ、食品や土壌のサンプルを数百単位で収集し、測定結果を公開してきた。

 米や果物もたくさん測定し、多くはキロあたり数十ベクレルのオーダーで汚染されているのを確認したし、真菌類=キノコや蘚苔類など、カリウムを選択的に吸収する性質から、セシウムを生物濃縮する種類についても、データを採取してきた。

 最初は機材が悪くて精度にも問題があったが、2012年からは、行政でさえ及ばないキロあたり1ベクレルの高精度で結果を示してきた。
 これも、行政が、原子力産業は守っても、住民の命と未来を守ろうとする意思を一切見せなかったことで、やむにやまれずにやったことである。

 事故後、たくさんできた放射能測定所が、キロあたり0.00Xのオーダーで結果を公表していても、実質、本当にそんな精度で測定できる測定器など、日本に数カ所しか存在しないことも確認している。

 シンチレータ式測定器で、キロあたり1ベクレルの精度というのは、実質、ゲルマニウム半導体式測定器に匹敵する精度であり、感度とMCAの性能の問題から、ゲルマ機でも、本当に1ベクレル以下の精度が出せる測定など数えるほどしかないことも分かっている。

 福島県が測定に使用しているのは、2インチNAIの放射能測定器だが、この種の測定器には、温度ドリフトと、遮蔽厚不足という致命的欠陥があって、測定中に機材の温度が10度も変化すれば(通常10時間程度の測定時間が普通)、測定値が数割も遷移する傾向があり、MCA(マルチアナライザ)の性能も不安定で、表示される測定結果は0.0Xのオーダでありながら、本当の精度は、キロあたりで20ベクレル程度しかないのが普通である。

 さらに、多くの機種が、遮蔽厚30~40ミリ程度と遮蔽が不足していて、バックグラウンドのガンマ線値が福島県汚染地のように高い場合は、さらに精度が大幅に落ちることになり、キロあたり数ベクレルの精度を要する食品測定には使用に耐えないものである。
 それでは、精度が高いとされるゲルマ機はどうかといえば、これも表示は0.00Xのオーダーでありながら、10時間測定でやっとキロ1ベクレル精度が出るかどうかなのである。

 しかも、福島県の測定は、測定時間がひどく短くてデタラメなものが多い。食品測定の場合は、1検体で1時間も測定すればいいほうで、我々が1検体、10~20時間の測定を行っていることから考えれば、まさにインチキというしかない。
 1時間で出る精度は、ゲルマ機でもキロ10ベクレルがいいところである。
 これで、千葉や茨城がセシウムを多量に検出しながら福島県では、すべてNDになるという奇っ怪な測定結果の理由が分かろうというものだ。

http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2593.html

http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2494.html

http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2317.html

 福島県による放射能検査は、まったく信用できないデタラメ、インチキである。こんな検査データを引用して「福島県産食品は安全」と吹聴する輩は、日本人全員を被曝させ、発病させようと内心思っている悪意に満ちた危険人物である。

 福島県による放射能検査は、「やるフリをしているだけ」と思うべきである。こんなことは、放射能測定器のイロハを知る者なら誰でも知っていることであり、「正しい測定」をする能力がないばかりか、意図的に福島が安全で問題ないという結論だけを導き出して、全国民を欺こうとする卑劣な手口である。

 そもそも、2011年フクイチ事故後、SPEEDIのデータを隠蔽するよう指示したのが、当時の福島県知事、佐藤雄平であり、民主党の細野豪志であった。
 佐藤知事は、「危険はない」と吹聴しながら、自分の家族だけは山形県に疎開させたことが分かっている。彼だけはSPEEDIのデータを見ていたのだ。

 事故の影響がないかのように見せかけるため、枝野幸男官房長は「ただちに危険はない」と繰り返し続けた。
 だが「ただちに危険があった」のだ。何度も引用したように、共同時事通信は、事故から一ヶ月後に、大熊町に散乱する高濃度に放射能汚染された1000近い遺体を報道したではないか。

 宮城県と岩手県が、震災直接死と関連死の割合が、10:1であるのに対し、福島県だけは10:14だったではないか?
 これが放射能による被曝死でなくて何だというのだ!

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-365.html

 自民党安倍政権=政府が、このような隠蔽工作を行うことは、彼らの原発推進姿勢から完全に予測できたことなので、我々は、残り少ない老後資金を崩しても自腹で測定器を購入して自前検査を行うしかなかった。
 私は1980年に放射線取扱主任者を取得したが、ほぼ忘れていたので、最初から放射能を勉強し直すしかなかったが、測定や機材関連の知識は、本当に手探りで経験の積み重ねによって身につけたのである。

 東大で知識を人に教える立場であったはずの、諸葛宗男・大橋弘忠・中川恵一・関村直人・早野龍五 らは、放射能が危険であって、身を守れとは一切言わなかった。
 ただ原発利権を守るためだけに必死になって活動したのであり、原発利権とは、すなわち、自分たちの研究費など資金の出所を守ろうとする意思であることを示したのである。
 だから、学者は、すべての被曝事実でウソしかつかず、我々は手探りで真実を調べるしかなかった。

 学者や医師たちが、どれほどひどいウソをつきまくったか? もっとも分かりやすいのが、福島県で、事故後、世界平均の1000倍以上の小児甲状腺癌が発生していながら、「原発放射能とは関係ない」と未だに決めつけ続けている福島県甲状腺評価部会、座長の星北斗をみれば唖然とするほど鮮明に理解できる。

 http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/47729283.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-104.html

 隠蔽に次ぐ隠蔽、捏造に次ぐ捏造、矮小化に次ぐ矮小化、日本の学問界、医療界、政界、行政すべてが、原子力産業を守って国民を守らない極悪ぶりに徹していて、真実を追究する我々に対しては、もの凄い個人攻撃が行われている。
 今日も、私のブログには、無知蒙昧の知ったかぶりばかりで書かれたネトウヨのコメントがずらりと並んでいるが、もちろん、見つけしだい、読まずに削除するのだが、たまに、どこまで馬鹿なのかと読んでみると、もう最初の1行だけで、何一つ事実を知らないのに、勝手な思い込みと無知蒙昧で、うんざりして吐き気を催すものばかりだ。

 あまりに人間性が低すぎ、愚かすぎて読者に紹介することさえできない。私を「中卒」とか「無知」とか罵倒するのだが、そのレベルは、保育園児以下の馬鹿の見本であって、1行読むことさえ耐えられない。
 逆に、よくもここまで無知な阿呆が生きていられるもんだと、いつも感心するばかりである。
 このところ、私に対して嫌がらせの葉書もたくさん届くようになった。
 すべて消印が見えないよう加工されているので、こんなことができるのは郵便局員だけで、読者からは沼津市原局と垂れ込みがあったが、まだ確かめていない。




Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数