FC2ブログ

Entries

デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)―その14「福島の放射線量は海外の主要都市とほぼ同し。想定装置に人為的操作を加え低く」

カテゴリ : 未分類

http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2711.html

今年10月に改定された「放射線副読本」に、福島県内の放射線量について
 「国内や海外の主要都市とほぼ同水準になっています。」
と記載してました(1)。ただし、放射線量が低くでるように人為的操作が加えられた測定装置(モニタリングポスト)の値を引用しています。

 福島は事故によって汚染されました。

事故から7年以上経て汚染されている福島

 ※1(2)の数値データを元に(3)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 旧避難区域は(4)による
 ※3 放射線量主要測定点は(5)による
 図-1 福島県の放射線量測定点

 図に示す様に全域が国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(6)を超えた地域が広がっています。事故から7年以上になりましたが福島は汚染されたままです。

 ところが10月に改定された放射線副読本の13ページには
「福島第一原子力発電所の直近以外は国内や海外の主要都市とほぼ同水準になっています。」
と記述していました(1)。そして以下の図がついていましした。

国内や海外の主要都市とほぼ同水準と主張する放射線福読本

 ※(1)を引用
 図―2 福島市の放射線線量が下がったと主張する放射線副読本


 ※(1)を引用
 図―3 国内や海外の主要都市とほぼ同水準と主張する放射線福読本

 図―1と3を比較するとどう見ても図―3が低く出ています。そこで(=^・^=)なりに調べてみることにしました。

 図―2の引用元(5)を見ると、2018年7月1日と日付まで記載されています。また、図―3と同様な図を見るとこれも7月1日になっています。7月1日時点の放射線量です。福島県は主要7地点の放射線量を公表しています(7)。これの2018年7月1日の測定結果を見ると1時間当たりで
 福島   0.15マイクロシーベルト
 郡山   0.09マイクロシーベルト
 白河   0.07マイクロシーベルト
 会津若松 0.05マイクロシーベルト
 南会津  0.04マイクロシーベルト
 南相馬  0.07マイクロシーベルト
 いわき  0.06マイクロシーベルト
で(8)で一致しています。この地点の放射線量測定結果を示しています。以下に2013年3~4月の放射線量の測定結果を示します。
 

 ※1(11)(12)で作成
 ※2 日付け中2013年は省略
 図―4 突然下がる福島県各地の放射線量

2013年3月31日から4月1日にかけて突然に下がっています。例えば郡山市の例を見ると、1時間当たりで
 3月31日23時 0.51マイクロシーベルト(11)
 4月 1日 0時 0.29マイクロシーベルト(12)
です。1時間でこれで下がるのは人為的操作しかありません。福島の発表には
「※ 平成25年4月1日から、従来の可搬型モニタリングポストによる測定から固定型モニタリングポストによる測定に移行しました。移行の前後で、敷地内での設置場所の変更等に伴い、測定値が変動します(いわき合同 庁舎を除く)。

※ モニタリングポストを設置している合同庁舎等の敷地について、除染が行われることにより、作業中及び作業後において、空間線量率に変動が生じることが想定されます。」
との注記がされており、原因は放射線の高い場所から低い場所への想定装置(モニタリングポスト)の移動です。以下に福島市や郡山市では別の人為的操作を実施しました。


 (a)福島市


megeneko2.jpg


 (b)郡山市

megeneko3.jpg

  ※1(9)(10)にて作成
  ※2 年は2012年から13年
  図―5 人為的操作で下がった福島県の放射線量測定値

 福島市を見ると2012年12月26日に突然に放射線量が下がっています。数値を記載すると1時間当たりで
 12月26日14時 0.78マイクロシーベルト
 12月26日15時 0.58マイクロシーベルト
で(13)、突然に0.2下がっています。人為的操作です。今は消えてしまいましたが、当時の福島県は計算式の補正を含む調整と発表していました。ただし、どのような調整したのか、根拠は明示していませんでした(15)。また、福島の発表(12)は
「※ モニタリングポストを設置している合同庁舎等の敷地について、除染が行われることにより、作業中及び作業後において、空間線量率に変動が生じることが想定されます。

  1 県中(郡山合同庁舎)
   (1) 除染作業期間 平成25年4月13日~5月31日(予定)
   (2) 作業内容 表土除去・客土、樹木の枝払い、庁舎屋上・駐車場洗浄など
  2 県北(県北保健福祉事務所)
   (1) 除染作業期間 平成25年4月20日~5月6日(予定)
   (2) 作業内容 表土除去・客土、庁舎屋上・駐車場洗浄など」
との脚注もついており、その後は測定装置周りの「除染」が行われ低くでるような操作がなされました。   

 福島県は2012年末から放射線量が低く出る人為的操作を実施しました。その影響はいまも引きづっています。
 ①2012年末に、根拠を明示せず「調整」を行い低くでるようにた。
 福島県は2013年に
 ②放射性の高い場所のモニタリングポスト(放射線測定点)を低い場所に移動した。
 ③それでも線量が高い場所は除染する。
との人為的操作を放射線を測定するモニタリングポストに実施してます。
 副読本は
 福島県内の放射線量について
 「国内や海外の主要都市とほぼ同水準になっています。」
と記載してました(1)。でも、実態は測定器に人為的操作を加え、低くでるようにしただけです。
 
<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。改定された副読本(1)はデマでいっぱいです。デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)にまとめています(15)。よかったら見て下さい。福島県は2012年12月末位から、放射線量が低く出るような人為的操作を行っています。丁度、安倍が出戻ったころです(16)。忖度でもあったのでしょうか?福島県は自らが操作を加え低く出るようにした測定器のデータを使い福島は「安全」と喧伝しています。これではは福島の皆様は不安だと思います。

 福島県会津地方の特産品に柿(17)とリンゴ(18)があります。柿の出荷が始まりました(19)。リンゴは食べごろです(20)。福島・会津の柿は とても食味がよく、毎年皇室へも献上されています(17)。リンゴの味は格別の味わいです(18)。福島県は福島産柿もリンゴも「安全」だと主張しています(21)。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシに福島産柿もリンゴもありません。


 ※(22)を引用
 図―6 福島産柿もリンゴも無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県会津若松市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2711.html
(1)放射線副読本(平成30年10月改訂):文部科学省
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(3)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(4)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(5)「ふくしま復興のあゆみ」を更新しました。 - 福島県ホームページ中の・第23版 平成30年8月6日発行 [PDFファイル/6.3MB]
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)過去の放射線モニタリング結果 - 福島県ホームページ中の「県内7方部 環境放射能測定結果」
(8)平成30年度 県内7方部環境放射能測定結果 - 福島県ホームページ⇒平成30年8月、平成30年9月4日更新⇒(PDF:109KB)
(9)平成22・23・24年度 県内7方部環境放射能測定結果 - 福島県ホームページ
(10)平成25年度 県内7方部環境放射能測定結果 - 福島県ホームページ
(11)(9)中の平成25年3月、平成25年4月2日更新⇒(PDF:716KB)
(12)(10)中の平成25年4月、平成25年5月1日更新⇒(PDF:709KB)
(13)(9)中の平成24年12月、平成25年1月1日更新⇒(PDF:717KB)
(14)めげ猫「タマ」の日記 調整って、データの引き算?、福島県福島市のモニタリングポスト
(15)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)
(16)内閣総理大臣 - Wikipedia
(17)みしらず柿 | JA会津よつば
(18)りんご | JA会津よつば
(19)会津直送のみしらず柿 入荷しました! | やさい王国
(20)旬のくだもの情報 – くだもの消費拡大委員会
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中のくだもの編 [PDFファイル/196KB]

***********************************

 引用以上
 http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/551.html

 福島県内の汚染とモニタリングポストの測定値の不正は、事故直後から、おそらく東電と原子力産業の飼犬、自民党政府、福島県の指示によって行われてきた。

 2011年夏頃、元テレ朝プロデューサーだった渡辺さんから電話がかかってきて、福島県内の除染を請け負っている元請けである清水建設の現場に、「モニタリングポストの周辺5mだけを除染し、それ以上やる必要はない」との指示が出ていたとの連絡が入った。
 この情報を聞いた瞬間に、「やはり、そうか」という印象しか抱かなかった。

 ちょうど、その頃、モニタリングポストの製造を請け負ったアルファ通信という会社に対し、文科省が「測定値を大幅に低く示すように改造せよ」との指示が出され、高い精度を誇りとした企業ポリシーを持っていたアルファ通信は、文科省の指示を拒否した結果、契約を一方的に破棄され、このドタキャンのせいで、事前の高額な仕入れ部品の決済ができずに、アルファ通信は倒産することになった。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=301045

http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/696.html

 要するに、国は、官民一体となって、福島県のモニタリング線量記録を矮小化し、「福島県民に不安を与えない」という、キレイゴトのうたい文句の裏側で、東京電力と政府による犯罪を隠蔽し、あらゆる記録を矮小化しようとしていたのである。

 今年の3月、放射能汚染の現実から目を背けたくて仕方ない国は、とうとうモニタリングポストを3000台以上、現場から撤去してしまった。

 http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/550.html

 従来から存在した自治体のモニタリングポストの多くは、測定上、ほぼ無意味な、地上数十メートルのビルの屋上になぜか設置されていた。

  http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/715.html

 放射能環境汚染事故にあっては、モニタリングポストの位置が極めて重要である。
 常識的には、汚染された土壌から1m上に計数管を置き、その上にMCAなどの機材を置くレイアウトが必要であって、人間の大人や子供がガンマ線被曝する位置でなければ、モニタリングポストの意味がないのである。

 広範囲で放射線量が増加した事故6年目の福島(めげ猫「タマ」の日記)

http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/542.html

 国は、モニタリングポストの撤去理由について、「事故から年数が経って、放射線値が減ったので無意味になった」と説明しているが、これは真っ赤な嘘であり、事実は逆である。
 上に引用しているように、一般居住地のなかには、環境線量が上がってしまったところも多いのだ。

なぜ、事故から6年も経て、一般居住地の線量が上がるかといえば、今回の東京電力フクイチ放射能汚染では、原子炉の核物質が、4000度を超す超高温で、完全に溶融して攪拌された状態になってしまったため、ヨウ素や希ガスなどのガス体を除く大半の核種が溶融再合成されて合金化されていて、それが微粒子化し、「セシウムボール」と名付けられた。

 これは、事故から数ヶ月を経て、長寿命核種が残り、代表的なセシウムX・ストロンチウムX、それにウラン238・239、プルトニウムなどのアクチノイド核種が混合した合金微粒子になっているのである。
 この微粒子が、当初は、福島県の大半を占める森林地帯に降り注ぎ、枝葉に蓄積されたが、やがて風や雨で徐々に移動し、森から人里へ出てきた。
 放射能の移動が起こって、人家集落では、事故後数年もして線量が上がった場所も覆い。また、幹線道路を走るトラックが、車輪で微粒子を巻き上げ、拡散して遠方に伝播させたメカニズムも自然なものである。

 このような環境放射線量の増加に対して、国は、環境線量が下がっているという虚構を捏造したくてしかたなく、線量測定メーカーに対して、線量を下げて表示するよう要請したり、測定データを自ら改竄矮小化して公表したりしたのである。
 とりわけ、福島県における小児甲状腺癌の激増を隠蔽するため、あたかも被曝線量が少なかったように演出する目的で、捏造が行われ続けた。

 事故後、たぶん数十回、再臨界を疑う放射線バーストが起きているが、このとき、周辺のモニタリングポストが、もの凄い異常値を検出しているにもかかわらず、国は、すべて「測定器の故障」と決めつけて隠蔽を図った。

 http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/521.html

 この放射線バーストで、線量が、数十マイクロからミリシーベルト単位まで上昇した可能性もあって、ただちに住民を避難させなければならないにもかかわらず、国は測定器の故障ですませたのである。
http://www.nsr.go.jp/nra/gaiyou/other/180605.html

http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/630.html

http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/506.html

 実は、モニタリングポストは、本当は必要ないのだ。それよりも、毎月一回、定点サンプル採取と測定を行ってベクレル数値を公表した方がはるかにいい。
 それでは、モニタリングポストは何の目的で設置されたのかといえば、仰々しい外観から、「国が放射能汚染の対策をしています」という宣伝をしたくて、見せかけだけのインチキ測定器を置いているにすぎないのだ。

 その実態といえば、上に述べたように、清水建設の除染部隊に対する指示として「モニタリングポストの周囲だけ除染せよ」があり、大衆向けに「こんなに線量が下がった」とインチキ報告をする目的で設置されていたのである。

 モニタリングポストは、シンチレータ式のガンマ線専用測定器であって、アルファー線やベータ線、中性子線を測定することはできず、核種も特定できない。
 そこを汚染しているのが、セシウムなのかストロンチウムかなのかの弁別さえできないが、我々が本当に必要としている情報は、まさに核種別の汚染具合なのである。

 ストロンチウムの土壌汚染があれば、とりあえず石灰を大量に散布する必要があるし、長い時間をかけて、じわじわと水資源を汚染する性質があるのだから、井戸水や河川水を厳しく監視しなければならないし、何よりも住民を安全地帯に移住させなければならない。

 セシウムXが理論値どおりに減っていなければ、コバルトXなど他の長寿命核種が存在する可能性もあり、定期的なサンプル採取測定と、スペクトルによる核種分析は絶対に欠かせないのである。
 国は、そうした厳格な監視を放棄し、みせかけだけの測定で済ませるため、大げさなモニタリングシステムを作ってみせたが、そんなガンマ線量だけは、住民を守るために、ほとんど役に立たないことを知るべきである。
 モニタリングポストの設置は業者を喜ばせただけで、一基だけの費用(たぶん1000万円に近い)で、東日本数百カ所の土壌サンプル検査ができるのである。

 何度も述べてきたように、国も東電も福島県も、東電と原子力産業の利権を守ろうと必死になっているが、民衆、国民を守ろうとする意思はほとんど見えない。
 自民党政権は、原発のおこぼれで活動資金を確保してきたのであり、彼らの関心のあるのは、利権を守り抜くことだけである。
 この意味では、旧民主党政権も同じようなものだ。
 また、東電から莫大な資金援助を受けてきた、東大をはじめとする学問界も、医学界も、産業界も、みんなグルになって、国民を守らず原子力産業・東電を守っているのである。

http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/653.html

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数