FC2ブログ

Entries

なぜ死刑制度に反対しなければならないのか?

カテゴリ : 未分類

 2人の死刑を執行、山下法相の就任後初 大阪の強盗殺人

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000021-asahi-soci

法務省は27日、1988年に大阪府内で2人を殺害し、約1億円を奪ったとして強盗殺人罪などに問われ、死刑が確定した2人の男の死刑を大阪拘置所で執行した。
 山下貴司法相が会見して公表した。2018年に入ってからの執行者数は計15人となり、法務省が執行の事実や人数の公表を始めた1998年11月以降では、08年と並んで最多となった。

 死刑が執行されたのは、元暴力団幹部の岡本(旧姓・河村)啓三(60)と元投資顧問業の末森博也(67)の両死刑囚。弁護人によると、岡本死刑囚は再審請求中だった。弁護人は「再審についての裁判所の判断を待たずに執行したことに強く抗議する」と述べた。

 山下氏が10月に法相に就任してから、死刑執行は初めて。法務省は7月6日に元オウム真理教代表・松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚ら元教団幹部7人の死刑を執行し、同26日には、元教団幹部6人の死刑も執行していた。12年12月に第2次安倍政権ができてからの死刑執行は15回目で、計36人が執行されたことになる。同省によると、収容中の確定死刑囚はこれで109人となった。

*****************************

 安倍晋三政権では、2006年、第一次政権で23名、2012年からの第二次政権で、本日の執行を含めて36名、合計59名が、安倍晋三内閣の名前で殺害されたことになる。
 この数字は、戦後の政権のなかでダントツの数であり、他の政権では、せいぜい数名程度であった。安倍晋三という男は、まさに処刑の代名詞といえるほどだ。
 安倍は、死刑執行が生理的に好きでたまらないのだろう。こうした突出した死刑執行数こそ、安倍が正真正銘のサイコパスである事実を裏付けている。
 
http://karapaia.com/archives/52164745.html

 私は、サイコパスという、人の死が大好きな人間の観点から死刑制度を論ずるつもりはない。
 このブログでも、死刑制度について、数回書いている。

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-422.html

http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-359.html

 私は、これまで、飽きるほど聞いてきた……誰もが口角泡を飛ばして言いたがる、「悪いやつだから殺せ!」とか「残された家族の復讐感情を汲み取れ」とかの軽薄の極致のような愚かな視点には興味がない。

 もっともらしいが、あまりにも知能の低い、愚かすぎる理由であって、未来への貢献が何一つない下劣な屁理屈である。
 芸能界には、この種の低知能で、復讐感情だけで生きているような愚か者がたくさんいて、とりわけ吉本系のお笑い芸人に多い。
 その場しのぎの笑いをとれればいいという、レベルの低い芸人が考えたがる理屈ばかりだ。

 代表的な屁理屈として、小薮やダウンタウン松本の思慮のまるでない軽薄すぎる意見を掲載してこう。「被害者遺族の感情」を引き合いにだしたがる連中の多くが、本当は遺族の心情など何一つ考えておらず、実は同情もしておらず、ただ、自分の復讐感情を正当化する目的だけで、「遺族感情」を知ろうともせずに、勝手な想像だけで利用しているのである。

https://www.youtube.com/watch?v=frigC0i6GdI

https://www.youtube.com/watch?v=2l09W5_Jt6c

****************************

 本音を言えば、私は、もの凄く短気な人間で、実は、私に嫌がらせを書き込んで来る連中を残酷な方法で殺害したいと、いつでも思っているし、子供の頃から、私自身は、誰かを虐殺したことで死刑に処せられる予感があったのだ。
 私の最期は、死刑執行台だという予感を今でも持ち続けている。
 だから、私が誹謗中傷者の住所氏名を知ったなら、すぐに飛んでいって殺人犯になりかねないので、住所のたれ込みがあっても調べないようにしている。

 感情的な人間、短絡的で復讐大好きという点では、私も死刑賛成派の連中と何も変わらない。
 しかし、私は、ずいぶん昔、もう40年以上も前から死刑制度に反対するプロパガンダを行い続けてきた。
 既存のキリスト教関連団体やアムネスティあたりとは、意見が合わないので、いつでも一人で死刑廃止を訴えてきた。

 私に理論がなければ、やはり遺族感情なんて、実は自分が想像さえできない架空の屁理屈を引っ張り出して、死刑賛成に回ったかもしれない。
 今日の山下法相死刑についても、最初聞いたときは、「極悪人なら殺されても仕方ないか」なんて、通り一遍の感想を抱いたのだが、すぐに自分で打ち消した。

 私は、ここに死刑廃止を訴えねばならない理由があるのだ。

 それは、我々の生きている最高目的は、子供たちの未来を、良き社会に変えることだという明確な理念を持っているからである。
 このブログで、腐るほど書いてきたことだが、今の自分の人生を蓄財や権力で彩ろうとする発想は、利己主義の延長でしかなく、本当に愚かな人生観だと思うのだ。
 逆に、本当に有意義な人生があるとすれば、それは「未来に奉仕する」ことである。

 子供たちの未来を放射能や化学薬品に汚染されない、安全な環境を確保してやりたい。子供たちの未来を、互いに憎み合って人殺しを繰り返すような……中東で行われ続けているような……愚かな社会ではなく、人が人を愛して、憎悪せず、みんなが利他主義の下で助け合う社会にしてゆきたい。
 そんな理想社会にするために、死刑制度は廃止されなければならないと信じているのである。

 死刑制度の本質を一言でいえば、「復讐」あるいは報復、制裁という感情がふさわしいだろう。
 4000年前に中東で生み出された旧約聖書には、レビ記のなかに、たくさんの死刑が描かれていて、旧約聖書こそ報復制裁思想の根元であることがよくわかる。
 こんな旧約(トーラー)を人生や社会の規範として用いるなら、当然、社会は報復制裁を原理とする社会になり、まさに、たった今起きている中東の残酷な殺戮社会になってしまうのである。

 人類は、旧約聖書の報復思想を克服しない限り、決して前には進めず、殺戮社会が消えることもない。この旧約聖書を信奉している地球人口は、約半分の30億人以上である。
 旧約に影響を受けた儒教や神道を含めれば、優に50億人を超すだろう。
 死刑制度との戦いは、実は旧約聖書思想との戦いなのである。

 死刑制度の本質は、「権力に従わない者に死を」であり、人々を、死の恐怖で恫喝して、無理矢理、同調圧力を加えることである。
 社会全体に、権力に都合のよいスタンダード人生を設けて、外れた者を「異端者」と決めつけ、社会から排除、すなわち死刑に処するという発想こそが、死刑の正体であり、これは、社会のために行われるのではなく、権力者の統治のために行われるのである。

 この理屈を正当化するため、権力者たちは、庶民の憎悪感情を利用するのが普通である。
 権力者の本当の狙いは、政権あるいは国家権力に対する脅威を、死刑制度で恫喝し、犯権力的立場の者を、さまざまな名目で死刑に処して社会から追放することである。
 しかし、反権力側が正義の立場に立っていると、処刑弾圧に対し民衆が怒るので、普段から、民衆に不利益をもたらす者、殺人事件なんかを犯した者を、「権力が庶民に代わって裁き、殺害する仕組み」として宣伝する死刑制度を作り出しているのだ。

 あたかも死刑制度が民衆の味方であるかのようなデマを作って正当化するわけだ。
 こんな仕組みにコロッと騙されて、死刑制度が民衆生活に必要であるかのように騙されてしまっている者が、世界の自称先進国のなかで、日本に際立って多い。これは、私は、神道が旧約の思想から影響を受けているせいだと考えている。

 世界の死刑廃止国は、約200ヶ国中、140カ国を超え、先進国で、死刑制度を完全に残しているのは日本だけといってもよい。存置国といわれるアメリカでも多くの州が廃止している。

 https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/

 日本は、世界に恥ずべき非人道国家である。他の大国では、中国くらいで、世界の独裁国家、アフリカの独裁諸国や北朝鮮などと同列の、愚かな国なのである。
 死刑大好きな日本政府に、中国や北朝鮮を人道問題に非難する資格など、どこにあるのだ!

 先進国の多くが死刑廃止を実現している理由は何か?

 それは、人道上という曖昧な概念では実はない。死刑という制度が、人々の復讐心の上に作られることは、すでに書いた。
 「悪いことをすれば殺される」
 これを社会の規範にすることは、人々を死の恐怖で恫喝する社会を作ることであり、子供たちの精神衛生にとって、この上ない悪影響をもたらす思想なのである。

 すなわち、ほとんどの先進国が、短絡的な復讐制裁感情の上に作られる報復死刑という発想が、未来を論理的に作り出す、「理性の思想」と相容れない、愚かな劣った発想であることを理解しているからなのである。
 これが理解できないのは、日本と、アメリカの一部、そして地球上の独裁国家だけなのだ。

 つまり、日本という国は、理性の国家ではない。子供のような感情の国家であると世界に示しているのである。
 国家は感情ではなく、理性に従って定められなければならない。これは、世界の先進国の常識といってよい。
 だから「被害者の感情」なんて、馬鹿げた、自分でさえ理解できない理屈を持ち出す者たちは、理性の存在しない、感情だけの愚か者なのである。

 国家の未来を、理性に委ねるのか、それとも感情に委ねるのか?
 これが、日本社会に問われているのだが、今の日本国民の回答は、9割が感情に委ねる、つまり被害者の復讐感情を大切にし、これによって子供たちの未来が汚れても構わないと言っているのである。
 
 もう一度言う! 国家は理性に委ねられなければならない。子供たちの未来を復讐のような愚かな感情で汚してはならないのだ。  

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数