FC2ブログ

Entries

とうとう世界中に嘘がばれた、インチキ御用学者の早野竜吾

カテゴリ : 未分類
2019年1月10日18時、非常に強い国内と思われる地震前兆が出ている。希に見るレベルの電磁波クリア現象、カラスの反応、パソコンの暴走など 数日間警戒願いたい
 

 2019年1月9日05時00分 朝日新聞 後段文字起こし
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/749.html

 東京電力福島第一原発事故による放射線被曝(ひばく)をめぐって東京大の早野龍五名誉教授らが発表した論文に、市民の被曝線量を実際の3分の1に少なく見積もる誤りがあることがわかった。掲載した学術誌にデータの不自然さを指摘する投稿があり、早野氏が8日、誤りを認めた。

 論文は2017年7月に国際専門誌に発表した。福島県伊達市の市民がつけていた線量計のデータを基に、原発事故による被曝線量は、市内で最も汚染された場所に70年間住み続けても「データの中央値で18ミリシーベルトを超えない」と結論づけた。

 これに対し、高エネルギー加速器研究機構の黒川真一名誉教授が昨年、論文で示された複数のデータに矛盾があると指摘した。早野氏らが点検したところ、線量計に記録された1カ月分の被曝線量を3カ月分として計算していた誤りが判明、掲載誌に修正を申し入れた。早野氏は「意図的ではなかった」としている。

 そのうえで、誤りを修正しても「(一般人の線量の上限と規定されている)年平均1ミリシーベルトを超えないレベルに収まると考えている」としている。

 早野氏は素粒子物理学の研究者で、原発事故後はツイッターなどで情報発信を続け、注目を集めた。

 早野氏らが伊達市民の被曝線量を解析した論文はもう1本あり、早野氏はこちらは解析に誤りはないとしている。ただ、黒川氏は「論文中のグラフに不自然な点がある」などと話した。この論文は国の放射線審議会の、放射線から国民を防護する基準の議論にも使われている。2本の論文をめぐっては、伊達市が約5万9千人分のデータを研究用に提供したうち、約2万7千人分は市民に提供への同意を得ないままだったと発覚。市は第三者を交えた調査委員会を設け、経緯などを調べる。(小宮山亮磨、大岩ゆり、古源盛一)

******************************************************************
以下、めげ猫ブログの解説が的確なので、全文引用する。

被ばく線量を3分の1に評価した御用学者・早野 龍五

http://mekenekotama.blog38.fc2.com/
 福島事故後に怪しげな人が福島に巣くうようになった気がします。早野 龍五(はやの りゅうご)氏は、物理学者です(1)。

彼が係った復興庁の小冊子「放射線のホント」では、
「電磁波は波の性質を持っており、その波の長さが短いものが放射線です。」
と記載し、あたかも電波と放射線が同じようなものと記載しています(2)。

電磁波は「波」と「粒子」の2重性があり、波長の長い電波は「波」の性質が強いですが、波長が短いガンマ線は「粒子」の性質が強いです。電波は「波」ですが、ガンマ線は「粒子」です(3)。

それを同じような物と言ってのけるデマ屋(御用学者)です。彼は個人線量計で測定した被ばく線量を分析した論文(4)(5)は、実際よりも3分1近く小さな値を記載していることが発覚しました。
しかも、この論文は無断提供されたデータを使っています(6)。

 福島は事故で汚染されました。そしたら、福島には怪しげな人が巣くうようになった気がします。そうした一人に早野 龍五氏がいます。

 2015年10月には自らが開発した子供の内部被ばくを測定するベビースキャンの測定結果を発表しました。福島産を避ける人が多い相馬・南相馬市とそうでもない郡山市・三春町、中間のいわき市では全員が検出限界未満だったとの内容です。

福島産を許容する方と避ける方を比較するならダイレクトにすれば良いと思うのですが、論文をみると、わざわざ地域分けしています。そして福島市や伊達市のお子さんも検査を受けているのですが、結果が掲載されていません。その代り茨城県大子町の結果出ています(7)。なんとも不可思議な論文です。

 2016年12月と2017年は、福島県伊達市が市民を対象に実施した個人線量計による被ばく線量の測定データと空間放射線量を比較して、個人の被ばく線量は空間線量の15%程度との論文を発表しました(4)(5)。



tama0.jpg


個人の被ばく線量は空間放射線量の平均15%
 ※(4)を引用
 図―1 個人の被ばく線量は空間線量の15%程度とする早野氏等の論文

 仮に実際に被ばくする線量が空間線量の15%とすると、リファレス(8)に従って計算すると毎時0.8マイクロシーベルトになります((0.8-0.04)×0.15×365日×24時間÷1000≒1)。

 個人線量計での被ばく線量は、低く出ます。理由は2つです。

 ①個人線量計は通常胸の位置に付けますが、放射線が体の後ろから来た場合、一部は体で遮られるために、線量計の値は低くなります。
 ①一般的には、多くの人は屋外で過ごす時間が少なく、屋外よりも線量が低い屋内で長い時間生活しています。しかも、その屋内も、壁などの厚さや家具の置き具合などによって、同じ家の中でも線量に相当に大きな違いがあります(9)。 
tama1.jpg


 図―2 個人線量計が低くでる理由

 体に吸収されて低くなる分は、実際には被爆していています。

 tama2.jpg


事故から7年10ヶ月過ぎて汚染されたままの福島
 ※1(10)のデータを(11)に示す手法で1月1日に換算
 ※2 旧避難地域は(12)による。
 図―3 福島の放射線量分布

 図に示しように、仮に実際に被ばくする線量が空間線量の15%とすると、除染基準が現行の毎時0.23マイクロシーベルトから0.8マイクシーベルトになり、広大な範囲(図で黄色)で除染が不要になります。除染費用は原則、東京電力が負担します(13)。東京電力には朗報です。

 現行の除染基準値の毎時0.23マイクロシーベルトについて、原子力規制委員会の委員長が、実態に即さない厳しい数値ではないかとして引き上げを検討すべきだとの見解を示していました。目安の数値が「4倍程度、保守的」であり実態に合わないのではないかと指摘。「改めないと復興や住民の帰還を阻害する」と述べていたそうです(14)
 リファレンス(9)に基づいて計算すると個人線量の被ばく線量は空間線量の60%((8+16×0.4)÷24=0.6)になっています。この論文を受けての発言です。それだけ影響力があった論文です。
 ところが、この個人線量計で測定した被ばく線量を分析した論文(4)(5)は、実際よりも3分1近く小さな値を記載していることが発覚しました。しかも、この論文は無断提供されたデータを使っています(6)。
実際は論文の「3倍の被ばく線量」と発信するNHK
 ※(15)をキャプチャー
 
 これについて、早野氏は計算ミスが原因としているいるそうです(6)。
 早野氏は2018年1月には「しあわせになるための『福島差別』論」を共著で出版しました。内容の概略は
「福島から避難した子どもたちに対してくり返されるいじめ。
本書は原発事故がもたらした差別と分断を乗り越える道筋を示す。
『(被害者)それぞれの判断を尊重すること』、『科学的な議論の土俵を共有すること』が不可欠ではないか。
まわりの人々に求められるのは、福島の人々の『しあわせ』を最優先することではないか。」
とのことです(15)((=^・^=)は読んでませんし、読む気になれません)。「科学的な議論」とは彼のこの「デマ」論文のことでしょうか?

 「しあわせになるための『福島差別』論」の著者の一人に番場 さち子さんがいます。彼女は元東電幹部との深い関係がささやかれています(16)。
 復興庁は今年3月に「放射線のホント」を公表しました。早野 龍五氏が係ったのですが、その中で
「電磁波は波の性質を持っており、その波の長さが短いものが放射線です。」
と記載し、あたかも電波と放射線が同じようなものと記載しています(2)。

 電磁波は「波」と「粒子」の2重性があり、波長の長い電波は「波」の性質が強いですが、波長が短いガンマ線は「粒子」の性質が強いです。電波は「波」ですが、ガンマ線は「粒子」です(3)。それを同じような物と言ってのけています。

 携帯電話が普及して「電波」が身近な物になりました。電波と放射線を同一視すれば、放射能に対する警戒感が薄れます。事故後に生じた「福島(産)離れ」を緩和できます。

***********************************************************************
引用以上

早野ら、東大の御用学者たちは、基本的に物理学者であって医学者ではない。被曝について、ろくな知識がないシロウト同然である。
 医学者であるはずの中川恵一も、ガンマ線診療の専門家ではあるが、内部被曝に関する知識は非常に少ない。
 内部被曝の意味を本当に知っているのは、児玉龍彦だが、彼もまた、アイソトープ被曝療法の専門家であり、被曝を否定すれば、甲状腺学会同様、自分たちの商売が成り立たない立場であって、呼吸と飲食経由の内部被曝については、ほとんど何も発言していないというか、明らかに業務への影響を考慮して避けている。

 東京大学全体が、東電による年間30億円近くの寄付金を死守したいという利権の前に、真実から目を塞ぎ、東電の加害性を、どのように薄めるかだけに腐心してきたのは明らかである。

 学会を見渡してもバンダジェフスキー論文やペトカウ効果についてまで触れているのは、琉球大学の矢ヶ崎克馬氏と故肥田俊太郎氏くらいかもしれない。残りの自称学者たちは、やはり原子力産業から流れ下る利権を当てにして、真実を隠蔽する卑劣な立場を貫いているというしかない。
 また、総じて、医学界は放射線被曝について、自身が加害者の立場にも立つ利害関係があるため、被害性に詳しく立ち入ることを避けていると断言してよい。

 私は、早野が検出限界が、体重キロあたり300ベクレルという、ほとんど無価値、無意味なホールボディカウンター(WBC)を作って、被曝させられた子供たちを検査という名目で、被害がなかったと洗脳するだけの陰謀的調査を見て、この男が、完全に原子力産業の利権に立脚している人物であることに確信を抱き、まったく信用していなかったが、今回、暴露された、インチキ論文を見て、今更ながら呆れかえった。

 そもそも、人体の放射能測定に、3インチとか5インチのNAIシンチレータ測定器を使うことは、まったく被曝の意味を理解していないことを証明するものだった。
 シンチレータ測定器は、NAI結晶が大きくなるほど解像力が劣ってゆき、感度は上がるが精度が落ちる。人体測定に実用上有効なのは、2インチまでである。それ以上では、セシウムとビスマスの区別もつかなくなる。
 小さな結晶で長時間かけなければ正確な被曝データはとれないのだ。

 http://onodekita.sblo.jp/article/81696470.html

 それなのに、3インチ以上の測定器を使う意味は、感度を上げて、測定時間を短縮する意味しかなく、早野の本当の狙いは、ひどく精度の劣るWBCで、福島の子供たちには被曝が存在しないと、嘘のデータを作ることだっただろう。
 これは、福島県による米の全袋検査と、まったく同じである。

 そもそも、測定に数時間かけなければならないWBCが、早野の測定器では、わずか数分ですんでしまう。大量の福島の被曝児童が、「内部被曝はありませんでした」と、短時間に確定する仕組みなのだ。

 私は、このWBCを見て、瞬時に早野龍吾が、どのような人物かわかった。以降、二度と信用していなかったが、今回、やっと世界に、そのインチキぶりが暴露されたということだ。

 早野は、被曝について、ガンマ線による外部被曝だけを取り上げ、外部被曝の600倍の危険性、人体破壊力のある内部被曝については、一切無視している。
https://ameblo.jp/pb-onwa/entry-11081049025.html

 早野論文では、福島の人々に年間1ミリシーベルトを超える被曝は存在しないと報告しているが、これを見て、私は云々(デンデン)返った。
 福島市内や、郡山市内では、毎時1マイクロを超える住居に住んでいる人など、まるで珍しくないのだが、毎時1マイクロシーベルトとすれば、年間8760マイクロ=8.8ミリシーベルトになってしまう。
 原発推進派の日経が報道している被曝量だって、この通りだし、専門家によれば、1000ミリシーベルトを超えて被曝した人も珍しくないとされている。

 https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG20029_Q2A220C1CR0000/

 2019年度の今現在でさえ、福島県内には、数十マイクロ毎時の線量が報告されているのだ。当然のことだ。セシウム137は、事故時の85%も残っているのだから。
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/732.html

 こんな危険地帯に、政府は、避難補助金を打ち切ってまで、強制帰還させているのであり、住民は、日々、寿命を縮める被曝を強要されているのが実態である。
 東京大学は、もはや知性の府ではない。権力や金にしがみついて真実を歪曲する曲学阿世の徒である。
 こんなインチキ大学で早野のようなインチキ教授がいたのでは、もはや東大の学問は完全に終わっている。
 金の亡者を輩出することはあっても、もはや二度と世界に評価される人材は出てこないであろう。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数