FC2ブログ

Entries

東電旧経営陣3被告に無罪判決 福島第1原発事故で東京地裁

カテゴリ : 未分類

 渾身の怒りをもって安倍政権指揮下のインチキ司法に抗議する!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000033-mai-soci

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣の勝俣恒久元会長(79)、武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)の3被告に対し、東京地裁(永渕健一裁判長)は19日、いずれも無罪(求刑・禁錮5年)の判決を言い渡した。事故の刑事責任が問われた唯一の公判で、3人は無罪を主張し、検察官役の指定弁護士と全面的に対決していた。

福島第1原発の主な汚染水対策のイメージ】

 事故は2011年3月の東日本大震災に伴う津波により発生した。起訴状によると、3人は、海抜10メートルの原発敷地より高い津波が押し寄せて事故が起きることを予見できたのに、原発の運転を漫然と続け、「双葉病院」と介護老人保健施設「ドーヴィル双葉」(いずれも福島県大熊町)から避難を余儀なくされた入院患者ら44人を死亡させるなどしたとされた。

 3人が津波による事故を予見し、事故を回避できたと言えるかどうかが最大の争点となった。

 検察官役の指定弁護士によると、東電は08年3月、政府の地震調査研究推進本部が公表した地震予測(長期評価)を基に「最大15.7メートルの津波が原発に襲来する可能性がある」との試算を子会社から受け取った。

 武藤元副社長は同年6月、担当者から試算の報告を受けたが、翌月、長期評価の信頼性について外部の専門家に調べてもらうよう指示。当面は長期評価を取り入れずに津波対策の検討を進めるよう求めた。

 勝俣元会長も09年2月、最高経営陣が出席する通称「御前会議」で、担当部長の「14メートル程度の津波が来るという人もいる」との発言を聞き、武黒元副社長も同年4~5月、担当者から試算の報告を受けた。

 指定弁護士は、武藤副社長が対策を先送りせず、津波の報告を受けた3人が適切に情報収集していれば、津波による原発事故で死者やけが人が出ることを予見できたと主張。津波対策が完了するまでの間、原発の運転を停止していれば、事故は回避できたと訴えた。

 一方、弁護側は、長期評価の信頼性は低かったと反論した。政府の中央防災会議や同業他社も長期評価に基づく津波対策を講じていなかったと指摘。長期評価は、原発の運転を停止する根拠としては不十分で、事故は予見できず、回避もできなかったと主張した。

 事故後、福島県の避難者らが業務上過失致死傷容疑で3人を告訴した。東京地検は2度にわたって不起訴としたが、市民で構成する東京第5検察審査会の起訴議決を経て、16年2月に強制起訴された。

 初公判は17年6月。4日間の被告人質問を経て今年3月に結審するまで計37回の公判が開かれた。

 ◇東京電力福島第1原発事故

 2011年3月11日の東日本大震災に伴って、福島県双葉町と大熊町にまたがる福島第1原発に最大約15.5メートルの津波が押し寄せた。原発は全電源を失って原子炉を冷却する機能を喪失し、核燃料の温度が上昇。発生した水素が原子炉を覆う建屋に充満した結果、1、3、4号機の建屋内で爆発が起き、放射性物質が大気中に飛散した。原子力トラブルの深刻度を示す国際評価尺度では、チェルノブイリ原発事故(1986年)と並ぶ最悪の「レベル7」とされた。

************************************************************************
引用以上

 安倍政権は、裁判官人事を私物化し、自民党の利権の操り人形として動くだけの裁判官ばかり任命させてきた。
 
 安倍内閣が最高裁人事に介入か 山口厚最高裁判事
 https://blogos.com/article/207598/

権力の源泉:最高裁判事全員が安倍内閣の任命となる日
 https://blog.goo.ne.jp/aokiyu2017/e/6b48960a69255bb7f2eac02cfb0287ee

 だから、結果は分かりきっていた。
 しかし、福島第一原発の放射能放出巨大事故の原因は、東電が主張しているように想定外の津波による不可抗力ではなく、地震直後に揺れによって原子炉内のジェットポンプ計測配管の破断による急速な冷却水喪失であったことを、フクイチ炉心管理員だった木村俊雄氏が明らかにしていた。
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-841.html

 本当の原因は、東電首脳部が、炉心挙動の完全なシュミレーションを怠って、ジェットポンプ計測配管の強度を軽視していたことであり、また送電鉄塔の強度軽視や、津波想定高の危険水位の報告を受けていたにもかかわらず、資金的な理由で対策をサボタージュしたことなどさまざまな複合的要因があった。

 フクイチ事故は、東電首脳が、利益優先のサボタージュをしなければ起きなかった。巨大事故の全責任は、想定外の震災ではなく、分かっていながら対策を怠っていた、勝俣・武藤らの無責任に帰せられなければならない。
 フクイチ事故は、隠蔽されているが、双葉病院の死者だけでなく、数千名の直接被曝死者と、間接的被曝死者を発生させており、その被害は巨大であって、勝田清孝・宮崎勤・宅間守らの悪質な大量殺人と同じレベルで断罪されなければならない。

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-365.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-632.html

 それなのに、裁判所が安倍政権の指示を受けて東電ら安倍政権を支える産業界を無条件に無罪化してゆく正義の存在しない卑劣な政治判決を続ければ何が起きるのか?

 答えは一つ……。再びフクイチ事故が繰り返されるのである。
 私の予想では、今度は、いよいよ若狭の老朽原発群が巨大事故を起こすだろう。
 フクイチ事故の総括・反省は何一つなされず、責任をとるべき勝俣・武藤らは無罪放免となった。こんな不条理は、恐ろしい因果応報をもたらすだろう。

 ジェット計測配管の破断による冷却水の喪失は、完全に無視され、事故原因の追及も拒絶され、炉心配管のシュミレーションも無視されるだろう。
 おそらく、若狭=福井沖にM8級地震が起きるなら、まったく同じ事故が繰り返されるはずだ。

 すでに何回も、高浜原発や美浜原発の危険なプルサーマル運転に警告を発してきた。関電の原発は、加圧水型ばかりであり、これは莫大なトリチウムを発生する問題とともに、PWR炉心の中性子劣化から、脆性劣化から炉心大爆発の懸念さえあり、この場合は、フクイチ事故の数百倍の被害、莫大な放射能汚染が予想されている。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-864.html

 もし、若狭PWRで脆性劣化による大爆発事故が起きたなら、もちろん私の土地も、中京・関西圏も、日本海も絶望的な放射能汚染に見舞われることだろう。
 今日の、東電幹部無罪判決は、こうした未来を現実に引き寄せたといえよう。






*********************************************************************

以下は、本日6時半頃、笠置山のパラグライダー発着場から恵那山方面を撮影したもの。
 東西の長大な帯雲が出ていた。経験則による推定規模はM5~6 推定震源地は東北太平洋側、4日以内程度に発生と判断する。
 すでにカラスが激しく反応している。外国でも巨大地震が起きるかも知れない 
20190919kasagi1.jpg


20190919kasagi22.jpg

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数