FC2ブログ

Entries

 天皇即位礼祭の儀式を大々的に報道して天皇制の洗脳を進め、戦前の天皇制絶対価値観の復活を目指す極右勢力

カテゴリ : 未分類
 以下引用
  男系皇位継承を堅持 旧宮家男子の皇族復帰 自民有志「護る会」提言
10/23(水) 産経

 自民党の保守系有志議員による「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)は23日、父方に天皇がいる男系の皇位継承を堅持する具体案を盛り込んだ提言を発表した。
 11月中旬の大嘗祭(だいじょうさい)が終了後、安倍晋三首相が海外出張から帰国するのを待って直接手渡し、政府の安定的な皇位継承に向けた検討に反映させたい考えだ。

 提言は「女系天皇」につながりかねない「女性宮家創設」に否定的で、皇室典範改正や特例法制定によって旧宮家の男子が皇族に復帰できるようにすることが柱だ。立法府の円満な合意形成を重視し、特例法に比重を置いている。

 具体的には、旧宮家の男子が現皇族の養子か女性皇族の婿養子になるか、国民の理解に基づく立法措置後、了承の意思があれば皇族に復帰できるようにする。後者に関し、提言では「10代5人、20代前半2人」の旧宮家の男子が存在するとした。現在の皇位継承順位は一切変えないことも明記した。

 青山氏は記者会見で、皇位継承のあり方に関し「大嘗祭が終われば速やかに具体的検討に入っていただきたい。この提言を必ず入れろということではなく、他の意見も十分責任を持って勘案していただきたい」と政府に求めた。

**********************************************************************
 引用以上

 最初に申し上げるが、私は、天皇制廃止主義である。すべての人は平等であり、同格であり、特別に敬うべき人も、蔑むべき人も存在しない。
 「天皇」という、合理的な理由なく、特別な差別的存在を認める虚構によって、その対極、社会の底辺に、ホームレス、死刑囚、我々のような貧乏人が成立させられるのであって、本当は同じ人間でしかないのだから、天皇制が特別な人というウソは、この社会を悪化させるだけである。
 こうした無条件の崇拝を要求する宗教的洗脳によって、日本全体で、おそらく数百万人規模の精神異常者を輩出していると私は考えている。

 だからといって、「天皇制を今すぐ廃止し、皇族を全員ギロチンにかけろ!」という過激な思想は持っていない。
 天皇制が実在する本当の理由は、「天皇が特別な存在」という勘違いを洗脳されてしまった、数千万人の日本人の心が存在することであり、もしも天皇を否定するなら、そうして洗脳されてしまっている宗教的集団をも、すべて否定しなければならなくなる。
 私に言わせれば、「間違った心の集団」ではあるが、その存在が「実在」である以上、彼らの精神的進化による洗脳からの解放を待つしかないだろう。そして、天皇制が消えれば、対極にいる底辺の恵まれない、貧しい大衆も消えることになるだろう。

 自民党の極右勢力、青山繁晴・細田博之らは、ガチガチに固まった男尊女卑の権威主義を持ち出して、愛子天皇成立を絶対拒否する意思を明らかにしている。
 戦前に存在し、戦後断絶した皇族を再び、男系天皇候補として復権させると言いだしている。

 具体的には、東伏見宮・山階宮・閑院宮・梨本宮・北白川宮・伏見宮・久邇宮・朝香宮らの子孫を探し出してきて、特権皇族階級に仕立て、今まさに滅びようとしている男系天皇の血胤の予備軍を作ろうとしているのである。
 彼らの多くは、すでに長氏直系血脈も途絶えているはずなのだが、その気になれば血胤など、無数に拡散していて、無理やり探せば、ゾロゾロ出てくることになるのだろう。
 それでも、すでに1947年に皇族廃止されたのだから。73年間も存在しなかった皇族を無理やり復活させれば、たくさんの喜劇が出現することだろう。

 現在では、権威好きの人々の資産を当てにした詐欺師たちによって、多くの廃止皇族の名前が利用されており、新聞種になったものも少なくない。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E8%A9%90%E6%AC%BA

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A0%96%E5%B7%9D%E5%AE%AE%E8%A9%90%E6%AC%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 世の中には、虚構や虚名を利用して金儲けしようと考える詐欺師の種は尽きず、もし、細田らの思惑が実現すれば、詐欺師の絶好の標的となり、日本中で、結婚詐欺や融資詐欺など、皇族詐欺事件が蛆のように湧き続けることだろう。
 天皇制のように、何から何まで虚構でできているウソのカタマリ制度では、歴史的事実そのものがウソなのだから、いくらでも物語を捏造できて、人を欺す種には事欠かないのである。

 天皇誕生日に、天皇制について
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-589.html

 天皇の歴史 その1
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-332.html

 天皇の歴史 その2 田布施
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-333.html

 天皇の歴史 その3 神武天皇のこと
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-334.html

 天皇の歴史  その4  騎馬民族がやってきた
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-335.html

*****************************************************************

 青山繁晴を会長とする「日本の尊厳と国益を護る会」が目指している天皇制とは、間違いなく、戦前の天皇絶対権威主義社会であり、愛国心とは天皇に帰依する宗教心であり、「天皇のために命を捧げる」ことである。
 もちろん、それは若者の命を利用する方便であり、本当は、日本の支配階級、特権階級の利権を守るために、若者たちの命を利用するための洗脳制度を作るのが目的である。

 誰でも分かるように、人々を自分の利権のために利用しようと考えるなら、宗教を作って洗脳し、思い込ませるというやり方が一番手っ取り早く合理的である。
 国家や天皇制というのは、日本人を宗教的に洗脳して、特権階級の利権に奉仕させるためのものである。
 だから、「尊厳とか国益」のような、人々の幸せと対極にある虚構の価値を掲げているのだ。

 「天皇は特別な人、天皇を守るために命を捧げるのが日本国民の義務だ」
 というのが、自民党や保守派が目指す究極の洗脳であって、まさに、戦前、太平洋戦争前に、それが行われ、8000万人の日本人の大半が洗脳されてしまい、450万人もの犠牲者を出したのだ。
 
 今回の即位礼の儀式は、そうした天皇制のウソの権威を、大袈裟な儀式によって実在であるかのように思い込ませ、日本人全体に虚構にすぎない天皇制に対する憧れを作り出し、結局のところ「天皇に命を捧げる」という妄想を洗脳させるためのものであった。
 でも、よくよく考えてごらん、どんなに大袈裟でケバケバしい装飾でドラマを演出してみても、やってるのは、一人一人の「タダの人」なんだよ。

 みんな、かしこまって固まっていたけど、あの儀式に出る前に、儀式中に糞尿が漏れたらどうしようとか、腹減ったとか、疲れたとか、無数の人間であるがゆえの悩みが見えなかっただろうか? 誰も想像しなかっただろうか?
 私なんか、誰がおしっこを我慢してるのか、表情から探してたんだ。我慢して気の毒な人が数名確認できた。こんな茶番劇につきあわされる人々が、とても気の毒だった。

 考えてごらん、「男系天皇だY染色体だ」なんてのは、学問的に何の意味もないことだ。麻生太郎が、偉そうに染色体理論を引用したって、彼が何一つ生命理論を理解してない無知蒙昧をさらけ出しているだけだ。
 もし仮に、儀礼として天皇制を維持する必要があるとしても、愛子ちゃんを天皇にすればいい。世界には英国はじめ、女性元首なんてたくさんいる。
 日本史だって卑弥呼や額田王など、たくさんいる。

 なんで、ことさら男系を持ち出すかについては、私のブログを参照していただきたい。

 『女性主導の社会がやってくる』・・・東海アマ
 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=242429
 (このブログは、ヤフーが勝手に消してしまった一つで、私の手元にもない、るいネットに感謝)

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-date-20180524.html

 本質は、男たちが封建制男系社会への本能的憧れから、女性を再び、男の性奴隷の地位に貶めたいというホンネが見えていることに気づくべきである。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数