FC2ブログ

Entries

 アレルギーとIQ

カテゴリ : 未分類


 私は名古屋市中村区で育った。アレルギーの基礎的な体質を作るといわれる幼少期は、今から60年以上前のことなのだが、この頃(1950年代)名古屋市西部は、環境公害の花盛り。
 南に下がった隣の中川区には、大同製鋼はじめ、無数の金属精錬事業がひしめいていて、少し風の強い日には、汚染された大気が運ばれ、洗濯物は金属微粒子で真っ黒になって、母親が悲鳴を上げていた。
 我が家の30mほど先にも、いくつかの鋳物製造業があって、近辺の空地には、黄色い六価クロムを大量に含む、鋳物砂が捨てられていて、子供たちが、それを砂場代わりに遊んでいた。

 当時、名古屋市南部大気汚染公害は、四日市公害とならんで、数万人という人々に粉塵で喘息など呼吸疾患をもたらし、おそらく千名を超える公害死者を出していた。

 http://nihon-taikiosen.erca.go.jp/taiki/nagoya/

 http://environment-web.main.jp/text/4gou/taiki.html

http://www.kogai-net.com/sokai-document/document32/32-200/32-214/

 公害被害を受けた人々は、労働者として、主に、南区・港区・中川区・中村区に分布していたが、加害企業の経営者たちが住んでいたのは、千種区・天白区・昭和区などの空気のきれいな高級住宅街であり、日常生活の感覚に大きなズレがあった。
 また、被害者は、主に児童と老人たちであった。

 私もひどい目に遭った一人だ。物心ついた頃には、喘息を発症し、何度病院に連れて行かれたか分からない。幼少期から、こうした化学的な大気汚染環境に晒されると、生涯アレルギー体質を発症してしまうのだ。
 またアレルギーになると、多動症(ADHD)を同時に発症することが多く、何事にも過敏に反応し、ひとつことに集中できない困った子供になってしまう。

 私が2012年以降、池や浄化槽に発生したユスリカの死骸粉末を吸い込んだことで、間質性肺炎を発症してしまったのも、子供時代に作られたアレルギー体質が基礎的に関与しているのは間違いない。

 アレルギーに関しては、長い時間をかけて機序が解明されてきていて、生物由来のアレルギーに関しては、例えば、幼いうちに、寄生虫を抱えたり、環境に馬糞粉末のエンドトキシンという細菌成分に暴露されていると、アレルギーを発症しにくくなることが明らかにされている。
 つまり、昔の屋内馬小屋は合理的だったことになる。
 https://plaza.rakuten.co.jp/serap/diary/200812140000/

 https://www.j-n.co.jp/kyouiku/link/michi/23/no23_3.html

 http://aasj.jp/news/watch/4334

 こうした生物由来のアレルギー抑制物質に暴露されると、生物アレルギーを発症しにくくなるのだが、1960年代以降、全国で金儲け効率から、杉の植林が進んだことで、それ以前にはなかった莫大な量のスギ花粉が環境に放出されるようになり、これで花粉症を引き起こすようになった人が数千万人に達したといわれている。
 https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/kafun/dl/ippan2.pdf

 アレルギーの発生機序としては、一度、人体に害を及ぼした物質を細胞が記憶していて、これが再び侵入してくると、人間の免疫系が一斉に攻撃を開始し、免疫過剰反応を起こすということである。
 この「免疫過剰攻撃」というのが、人体にとって恐ろしいほど厄介な代物で、適切な治療法が見つからない「指定難病」の多く、例えば膠原病や多発性硬化症、リウマチ、間質性肺炎などが、免疫疾患なのである。
 https://gemmed.ghc-j.com/?p=1734

 これらは、これまでいわれていた生物由来のアレルギー反応だけでなく、私が幼い頃ひどい目に遭った産業由来の金属微粒子や、黄砂に含まれるPM2.5、核実験や原発由来の放射能など、非生物由来のアレルギーとの複合的作用も疑われている。

 事実として2011年の東電福島第一原発事故は、莫大な放射能を環境に放出したが、これによって免疫過剰反応の難病が激増したといわれる。

 https://ameblo.jp/indianlegend/entry-12304842215.html

 https://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-13062

 http://rosehimiko.blog96.fc2.com/blog-entry-193.html

 千葉県では、フクイチ事故後、ヨウ素131被曝により、多発性硬化症が7倍に増加したというデータがあったが、この種の放射能被害情報は軒並み削除されている。

 フクイチ放射能は、セシウムボールという1ミクロン前後の複合的成分を持ったセラミック化した金属微粒子になっていて、これを東日本の人々は、数千個以上も吸い込んで、それが35年間かけてジワジワと体内で溶け出してゆくようだ。
 これで、体内でさまざまなアレルギー反応を引き起こして悪さをするはずだが、この種のデータが非常に少ない上、国=自民党政権が意図的に情報を隠蔽しているため、そのエビデンス、発症機序が明らかにされていない。

 ここでIQの問題だが、私はIQが人を幸せにしたという話は聞いたことがない。
 実はアレルギー体質とIQには相関があって、高IQ児童の多くがアレルギー体質であるという。
 https://gigazine.net/news/20191020-highly-intelligent-overexcitabilities/

 http://karapaia.com/archives/52047052.html

 私は子供時代、IQが140前後あったが、この理由は、ほぼ間違いなく、私が大気汚染公害に暴露され、アレルギー体質=過敏症になったことだと考えている。
 決して「地頭」が良かったわけではない。自分の地頭の悪さは、毎日やってる将棋ソフトで散々思い知らされているので、まかり間違っても「自分は頭がいい」などと思うつもりはない。

 そりゃ、いつでも過敏症になっていれば、反応が早くなり、頭の回転も増すだろうが、私の場合は、集中できない多動症も発症し、ろくな子供ではなかった。
 世界の事情を調べて見ても、IQの高さは幸福な人生と相関していない。むしろ、上のリンクにあるように、不幸を招き寄せる要素になっている。
 どううしても子供のIQを上げたければ、強制的にアレルギー喘息を発症させればよい。それが人生に幸運をもたらすとは、私には、どうしても思えないが……。

 最近では、子供のアレルギー体質を予防するために、わざとペットを室内飼いして不衛生な環境にしたり、故意に寄生虫に感染してみたりする人もいるようだが、何よりも、子供に化学的な刺激を与える物質、例えば遺伝子組み換え作物や、大規模な杉檜植林を廃止することの方が大切だと思う。
  
https://www.jba.or.jp/top/bioschool/seminar/q-and-a/motto_23.html

  https://www.jba.or.jp/top/bioschool/seminar/q-and-a/motto_43.html

 自民党政権は、アメリカのバイオ産業の圧力に流されて、これまでの遺伝子組み換え作物規制を廃止し、日本国内で自由に流通させる施策を実行している。
 こうした愚かな金儲け優先思想が、日本の未来をアレルギー体質によって破壊することを理解しなければならない。
  http://gmo.luna-organic.org/?p=1608

 金儲けしか考えない、林野庁による杉の大規模植林は、今年の台風19号などに現れたように、森林の保水力を著しく低下させ、各地で大洪水、堤防破壊を招いて甚大な被害を生み出した。また、非常に大規模に花粉症を引き起こし、国民生活に強い障害をあたえている。
 これらは、いずれも、計画段階で何が起きるのか、明らかにされてきたにも関わらず、金儲けだけを絶対視する自民党が強行してきたものである。
 まさに、日本社会のアレルゲンこそ、自民党の金儲け最優先思想ではないのか?

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数