FC2ブログ

Entries

 武漢肺炎と習近平落日の予言

カテゴリ : 未分類

 たぶん柏市?方面在住の在日中国人、李真実氏がユーチューブに面白いコンテンツを出しているので紹介したい。
「新型肺炎終、習氏悪運始」-習近平に不吉な予言 (2月9日)
 https://www.youtube.com/watch?v=3G-DUr1vuVg

 中国では、「始皇帝」で知られる秦国が崩壊する前に、はやり歌が流行したそうだ。
 「亡秦者胡也!」という内容で、その後、秦二世の「胡垓」が実際に秦を滅亡させたのは史実の通り。
 余談ながら、始皇帝は弓月国の人だったといわれるし、秦の臣民たちは、満州方面に移動し、やがて「弓月氏・秦氏」を名乗って日本に渡来することになる。現在の天皇家は、彼らの末裔である。

 現在、武漢では、あるはやり歌が流行しているのだという。
 それは以下のように、「端午が過ぎると習近平が取り除かれる」と解釈できる詩であるという。

 庚子鼠年(2020年)、端午(5月)過ぎると、人々は屠蘇を飲む。屠蘇は新年を祝う酒であり、古い体制が刷新されて新しい体制が登場することを意味してる。
 江城は武漢のことで、温疫は、ひどい疫病のことである。
 自然過とは、自然に治まるという意味で、端午を過ぎれば習近平が除かれ、疫病は自然に治まる。だから、五月に、また会いましょうという内容である。

 ri2.jpg


上のユーチューブリンクに詳しく説明されているが、黄興という若者が、恋人がアメリカに旅立つので武漢の帰元寺に占いに行った。
 ここには五百羅漢が祀られていて、その数を数えながら416番目の羅漢像に古い詩が刻まれていた。
 これは、武漢が封鎖されて、人々が悲惨な囚人になることを意味している。

ri5.jpg



 恋人がアメリカに旅立った後、黄興の母親が新型コロナウイルス肺炎にかかったが、入院もできず、家に隔離することしかできなかった。
 そこで、救いを求めて再び帰元寺に行ったとき、誰もいなくて、帰ろうとすると後ろから雲岩和尚に呼び止められた。

 このとき、雲岩は、「あなたの母親を思う心に免じて、詩を差し上げよう」
 と言って教えてくれたのが、冒頭の詩だが、意味を尋ねても、雲岩は、
 「端午を過ぎれば習が除かれる。五月にまた会おう」
 といいながら消えてしまった。

 実は、帰元寺は、清国を滅亡させた辛亥革命のときも大きな役割を果たした寺で、革命軍の司令官を黄興といい、革命軍に味方したので焼き殺された和尚を雲岩といったそうだ。
 
 私は、李真実氏の、このコンテンツを見ていて、背中にゾクゾクしたものを感じたので、読者に紹介することにした。
 習近平が、五月に失脚すると予言しているわけだ。

 同じ、李真実氏が、別のコンテンツで、武漢における新型肺炎の本当の死者数を推計している。

  武漢市火葬場で火葬した新型肺炎死亡者数はどれぐらいあるだろうか。2月20日
 https://www.youtube.com/watch?v=rsPQPBwTDrs

 この推計の土台になったのが、唐人テレビが武漢火葬場に電話をかけたときの録音だ。
 【覆面調査】一体何人火葬している?湖北省の火葬場責任者との通話記録 2020年2月4日 2020/02/18
 https://www.youtube.com/watch?v=sOx3o93MAfI

 中国政府による、2月23日段階の、新型コロナウイルス肺炎の公表値は以下のとおり。
 【北京共同】中国政府は23日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスによる中国本土での死者が22日に97人、感染者が648人増えたと発表した。中国本土の死者は計2442人、感染者は7万6936人になった。
 https://www.nishinippon.co.jp/item/o/586486/

 もちろん、この数字を真に受けている人は、発表者も含めて世界に皆無だろう。
 日本のメディアが、中国当局の発表数字を、そのまま報道しているのを見ると、福島第一原発事故による被曝者の隠蔽と同じように吐き気が止まらない。

 現実問題として、政府筋でもメディアでも、本音は、これに数十倍をかけていることだろう。何せ「白髪三千丈」の国なのだから、自分たちに都合の良いこと、悪いことは、必ず誇張矮小化をせずにいられない文化なのだ。

 李真実氏は、唐人テレビの火葬場インタビューから、本当の死者を推計した。

 詳細は、上のリンクを見ていただくとして、ざっと推計では、2月15日現在、死者は毎日2000名以上出ているとのこと。


ri6.jpg

 
 火葬場処理数の経過は、きれいな一次関数になっている。

ri7.jpg



 1月10日は、ほぼゼロ、2月15日で2000名、だから35日で2000名の割合であり、毎日57名ずつ増えてゆくわけだから、2月23日現在の推計では、2470名。
 ただし、これは武漢に8つある火葬場の合計である。
 燃やしきれない遺体は、火葬場にはないが、病院には堆く遺体が積み上がっているそうだ。だから、実際の死者数は、これよりはるかに多い。
 火葬場の焼却能力をはるかに超えてしまっているので、遺体を病院に放置するしかない状態のようだ。

 1月10日から2月15日まで武漢の8火葬場で焼かれた遺体の総計は、大雑把だが、2000×35÷2=35000名プラスアルファというところだろう。
 つまり、武漢だけで、少なくとも35000名以上死亡していることになる。
 これが、中国全土であれば、途方もない数字になるだろうが、当局がデータを隠蔽しているため、おそらく公表されることはないだろう。
 私は、数十万から数百万人のオーダーとみている。

 2020年2月1日現在では、致死率は、中国全土では2.19%、武漢市5.97%、湖北省(武漢以外)1.45%、湖北省以外の中国全土0.22%。 https://kansensho.jp/pc/article.html?id=IE00000464

 武漢における致死率が異様に高い理由は、スペイン風邪と同様に、あまりの爆発的パンデミックにより医療体制が崩壊し、患者が殺到しても手当さえできない事情があるからだという。
 しかし、この数日の日本における感染増大を見ていると、明らかにパンデミックを予感させるものであり、すでに一般病院のインフルエンザ診療体制は崩壊局面に入っているようだ。
 場合によって、日本の医療体制も手が回らなくなって致死率が上昇することも避けられないように思われる。

 私は、すでに1月中旬から、日本における武漢肺炎のパンデミックは避けられないと何度も書いてきた。実際に、今週は、千葉県の小中学校休校、名古屋高速の出口封鎖とか、集団行動の禁止とか日常生活のひどい制約がたくさん出ているので、間違いなくオリンピックは中止になるだろう。
 松原照子の予言通りだ。

 何せ、政権のトップが、希代のアホというべき、無能者揃いなのだから。
 誰か、冒頭の武漢帰元寺の詩のように、「端陽除悪安倍 五月見」とでも詩を作ってくれないか? ……

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数