FC2ブログ

Entries

コロナ禍の意味 スピリチュアルな視点で

カテゴリ : 未分類

 ネット上に出ている、コロナ禍のスピリチュアル的な分析が面白いので掲載する。

 久松そうた君 コロナウイルスは地球人が働き過ぎだから出てきた。
  https://www.youtube.com/watch?v=aGS7kgWVnP4

 クラリオン星から転生してきたという久松そうた君。新型ウイルスは、地球人が働き過ぎだから出てきたと言った。
 このウイルス禍は、地球人が、それを反省できるまで収まらないと……。
9歳という、そうた君の知的レベルの高さに圧倒される。
******************************************************

エリック君が語るコロナウイルス後の世界その1・2020年アセンション予報4月8日~メタフィジックス通信
  https://www.youtube.com/watch?v=F8Ze0fc-a_Q

 霊界通信、この内容も、上のそうた君の主張と、ほぼ重なっていて、指摘の普遍性を証明しているように思える。

*******************************************************

  新型コロナウィルスの真実(バシャール・スピリチュアルメッセージ)新型肺炎/対策法 2020年最新日本語朗読
  https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=wdgAilo94qk&feature=emb_logo

なんとなく観念臭さを感じる。転載者の主観が問題のようだ。
********************************************************

 マシュー君の霊界からのメッセージ 161
  http://moritagen.blogspot.com/

 これが一番、面白い。もう、ずいぶん歴史を作った長いメッセージ。信頼性も高い。
 ただし、昔に比べて内容が抽象的で分かりにくくなっている。まるでバシャールみたいだ。
 マシュー君は、イルミナティの基本方針である、人口削減のために、このウイルスが送り込まれたことを示唆している。

 以下、一部転載

 前略
 わずかな人間しか知られていないので一般には公表されていないことは、コロナウイルスの目的は世界人口を数十億人減らすことでした。それは起きないでしょう。なぜなら、宇宙ファミリーたちが研究所で開発されたこのウイルスの効力を可能な限り減少させたからです。

 ではまだ知られていない他のことについて話しましょう。魂の合意がこのこととどう関係しているのかということです。高齢者の死亡は魂の合意選択にある寿命と肉体的生存能力の低下の結果にしたがっています。
 合意事項には、正確な寿命だけでなく不治の病についても柔軟度があります。これらの魂たちは、それ自体がまもなく死に至るような健康上の問題を以前から抱えているために、特に罹りやすい病気に罹ることでそのような合意事項を全うしたわけです。

 死亡した若い人たちの中にも合意事項を全うした人たちもあれば、生前の合意にある他の事項に合わせて合意を修正した人たちもいます。後者の場合は、その人たちはニルヴァーナにいる方がより効果的に世界に貢献できることを魂レベルで知っていました。ニルヴァーナでは、彼らは肉体にいた時よりもより強力な光を地球に送れるからです。

 中略

 ではもっともよく尋ねられているあなたたちの質問に答えましょう。このウイルスがいつなくなるのか僕たちは知りません。
 地球の可能性のエネルギー場では、病気のアタッチメント(付加)を伴った無数のエネルギーストリーマー(流れ)があります・・これは一人ひとりから発せられているのではなく、世界中の地域からのものが合体して重たい塊のようになっています。

 この時点ではいくつかのストリーマーが力を失いつつありますが、ゆっくり勢いを得ているものもあり、その多くは急速に勢いを増しています。僕たちがこのエネルギー場では決められないことは、ましてやリニアル(線形)時間ではもっとそうですが、いつそのようなストリーマーがすべて弱まって、微生物が生存できない高い波動エネルギーのストリーマーによって駆逐されるだろうということです。

いいえ、5G機器からの放出電波でこの病気が広まっているわけではありません・・ウイルスの強力な伝染力がそうしているのです。でも、そのテクノロジーが使われている地域にいる人々は、その電波が免疫系を損なうので、より危険性が高まります。宇宙ファミリーのメンバーたちがその電波の悪影響を可能な限り減らしています。

 そしていいえ、愛する魂たち、他の宇宙文明社会が介入してウイルスの拡散を止めさせることはできません。あなたたち自身が取り組んでいる状況を彼らが引き受けることは許されないだけでなく、今上空にいる宇宙船乗組員たちが地球上に着陸したり、あなたたちの中で暮らしている宇宙からの人たちがその正体を明らかにするには、あなたたちの世界の情勢は安全ではないからです。そのような宇宙文明社会人(ET)たちを知っている国家指導者たちでも、他の文明社会人たちの存在を公に認めることはしないでしょう。

 後略、引用以上
***************************************************************

 地球人口を大幅に削減する必要があると主張してきたのは、世界最大の大金持ち、イルミナティのビルゲイツだが、彼らの(グループが?)実行したかのような示唆で、本当は数十億人を殺すはずだったが、宇宙ファミリーが、それを阻止したと指摘している。

 これは面白い。実は、私も、「ビルゲイツ(隠れユダヤ教徒)らの実働部隊モサドがやらなくて、誰がやる!」と、このコロナウイルス禍を見ているのだ。
 もちろん証拠はないが、霊界通信で、それが指摘され始めているので、もう隠しようがなくなるかもしれない。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881040030/episodes/1177354054893064145

https://www.youtube.com/watch?v=b4vE8AdSPGc


 全体にスピリチュアルメッセージでは、個人攻撃や具体的な組織名を挙げることはないが、なんとなく、ほのめかしてくれる。
 ついでに、近い過去に取り上げられた、ウイルス禍を示唆する予言も書いておこう。

 なぜ2022年の東京に「人がいなかった」のか?――未来を見た女性の話
 http://fromnewworld.com/archives/2023

 聖徳太子、クハンダの予言
 https://tenkinoarekore.com/entry/2020/03/23/184953

 私は、関口宏ワンダーゾーンの未来情報も、聖徳太子のクハンダ、首都滅亡予言も、いずれも福島第一原発事故による放射能がもたらすと確信していたので、自分としては忸怩たる思いだが、新型コロナウイルス禍が登場して、これを対照してみれば、なるほどと思わせるものがある。
 
 しかし、「放射能も負けてはいないぞ!」と言いたい。被曝の影響は、5年後から出始めて8年後にピーク、それから、ゆるやかな下降線をたどって数十年間続き、人々の免疫力をじわじわと奪って、癌の発生率をとめどもなく高めてゆく。
 まだ、フクイチが出した、セシウム137・ストロンチウム90は8割も残っているのだから収束にはほど遠い。単に土中に隠れただけだ。

 フクイチ事故による被曝影響がチェルノブイリに比べて遅れている事情は、おそらく炉心がメルトダウンで4000度もの高温になって、核燃料が「セシウムボール」という合金になって、溶解度が落ちたので、人体へのイオン化影響が遅れているだけだと考える。
 つまり、被曝病のピークが8年ではなく、10年以上に伸びた可能性を疑う。
 チェルノブイリ事故の場合は、核爆発を起こしたので、メルトダウンの前に炉心が吹き飛んだわけだ。

 コロナ禍は、人々の免疫力が落ちている事情が拍車をかけているわけだが、この理由は、キシュティム・スリーマイル・チェルノブイリ・福島などの放射能事故で環境に放出された核物質が、大きな役割を果たしていると私は考えている。
 放射能は、たとえ極微量であっても、人の免疫系を狂わせ、自己免疫障害やサイトカイン症候群を起こりやすくするのだ。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数