FC2ブログ

Entries

原発に関連した情報を政府が隠蔽操作してきたこと

カテゴリ : 未分類

 日刊ゲンダイも、講談社全体の右傾化、自民党への忖度ヨイショが凄まじいなかで、よく頑張って真実を伝えている。自民党体制への非忖度メディアとしては、講談社グループでは唯一に近く生き残っている。
 電通から激しい締め付けの嫌がらせを受けているはずなのだが……。

 以前は良心的な記事が多かった現代ビジネスなどは、今や、高橋洋一や長谷川幸洋など、極右系のゴミ評論家ばかりを掲載するようになり、魚住昭や前川喜平、古賀茂明らの良心的評論は、ほとんど掲載されなくなっている。
 自民党=電通によるメディア統制の圧力が、どれほどひどくなっているか、よく分かる。

 そんななかで、今朝の日刊ゲンダイに、良質の原発関連記事が掲載されたので、転載する。

 原発が嘘を告白し懺悔 ノンフィクション小説の著者に聞く 2021/05/31
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/289740

 加藤就一さん(NNNドキュメントディレクター)
 世界最悪レベルの福島第1原発事故から10年。世界が脱原発に向かう中、日本は「脱炭素社会の実現」を奇貨として原発推進に突っ走ろうとしている。なぜ、世論はブレーキをかけないのか――。
 原発を主人公に描いたノンフィクション小説「ごめんなさい、ずっと嘘をついてきました。福島第一原発 ほか原発一同」(書肆侃侃房)で知られざる真実を暴いた著者に聞いた。
 https://moment.nikkan-gendai.com/videos/38344

■「アンダーコントロール」はオンエアできず

 ――著書を読むと、政府があの手この手で原発関連の情報を長年コントロールしてきているのがよく分かります。

 僕は鉄腕アトム世代です。超小型原子炉で100万馬力、などと原子力は素晴らしいと刷り込まれた国民でした。福島原発事故が発生し、調べ始めたら、今まで信じていたことが全部嘘だということが分かった。この嘘っぱちをきちんと伝えないといけないと思いました。

 ――安倍首相(当時)は東京五輪を招致した2013年のIOC(国際オリンピック委員会)総会の演説で、福島第1原発について、日本語では「港湾内の0.3平方キロの範囲内で完全にブロック」と表現する一方、英語では「アンダーコントロール」と使い分けました。

「お笑い芸人vs原発事故」という番組を制作している時、演説の英語版を使おうとしたら、英語版はオンエアできないようになっていた。見比べてみたら、驚くことに肝心な部分がごっそり変えられていた。
 英語版では安倍首相は「私は完全に保証します。状況はアンダーコントロールです。これまでも、これからも(放射能は)どんなダメージも東京に与えません」とスピーチしているのです。

 ――コロナ禍で東京五輪開催が流動的になっています。政府は復興五輪と銘打って招致しました。

 五輪までに復興を成し遂げたことにするため、復興を否定するものは平気で隠してきました。例えば、放射線量を測定するモニタリングポストです。福島県内に設置されている約3000台のうち、8割を五輪前に撤去しようとしたのです。復興したはずの福島にそんなものがたくさんあってはマズいからです。

 ――撤去したのですか。

 地元のお母さんたちが猛抗議して、撤回させました。廃炉作業は続いている。何か起きた時、モニタリングポストがなければ、速やかに察知できませんから。お母さんたちはよく勉強している。原発関連の番組は、まずお母さんたちに分かってもらい、それを子どもたちに伝えてもらおうという意識で作っていました。

 ――菅首相は今年4月、「もうこれ以上は避けて通れない」として、放射性物質トリチウムを含んだ「汚染水」の海洋放出を決定。2023年にも開始されるとみられています。

 安易な決定です。トリチウムを取り除く技術があるのかないのかが吟味されていない。例えば、近畿大学で低コストで除去する技術を開発しています。また、120年経つと、トリチウムの濃度は1000分の1になるのですが、石油の備蓄タンクが12個あれば保管できる量です。原発施設の外側の地下にダムを造って、地下水を出さない方式もある。
 コストはそれほどかからない。海洋放出を回避する方法はいくらでもあるのです。

 メディアは特オチとスポンサーを恐れる

 ――海洋放出を巡る報道をどう見ていますか。日刊ゲンダイで「処理水」ではなく「汚染水」と記したところ、記事配信されたヤフーニュースのコメント欄に「悪意がある記事だ」という書き込みが少なくありませんでした。

 それが政府の狙いですよ。原子力規制委員会の更田豊志委員長は報道各社に「汚染水」ではなく「処理水」を使うように申し入れた。記者クラブ加盟社が規制委トップに逆らえば、1社だけ情報を流してもらえなかったりする。
 それで新聞社もテレビもトリチウムが残る「処理水」という言い方に統一してしまったのです。ニュースを見た読者や視聴者は「処理水、安全ね」と刷り込まれるわけです。しかし、ALPS(多核種除去設備)ではトリチウムは除去できない。処理できないのだから処理水のはずがない。100%汚染水ですよ。

 ――菅首相は30年度の温室効果ガス削減目標を13年度比で46%削減する方針を表明しました。

 菅政権は原発再稼働を推し進めるというたくらみを持っていますから、「ああ、きたな」という感じです。脱炭素社会実現をうたい、原発の新増設や建て替えを進める自民党の議員連盟の顧問に安倍前首相が就任しました。安倍氏肝いりの原発輸出は全敗しても、このざまです。「原発ゾンビ」と書きましたが、ほんとにしぶとい方々です。

 ――世界はどうですか。

 福島事故を受けて、ドイツは脱原発に舵を切りました。原発大国の米国やフランスも、シェールガスや再生可能エネルギーが原発のコストより安くなる現実を目のあたりにして、風向きが変わりつつあります。途上国もコストとの見合いで判断していくでしょう。海外のシンクタンクは「原発に勝ち目ナシ」「35年には駆逐される」と発信しています。脱炭素に乗っかって、原発推進を加速しようとしているのは日本くらいです。

■原発事故から10年経つと「元通り」に

 ――原発問題は命、健康マター。国民の関心が高いはず。福島事故も体験したのに、また元通りですか。

 原発事故発生からしばらくは、世論もビビッとするのですが、8年、10年と経つと、エネルギー資源に乏しい日本にとっては非常に重要な救世主だと刷り込まれているので、やっぱり元に戻ってしまうんですね。

 ――原発報道の影響が大きい。

 震災直後は割と自由に事実を報道できていましたが、だんだんと時間が経ち、できなくなっていった。

 ――それはなぜですか。

 福島事故直後の東電は、破産状態のようなもので、広告出稿をやめました。その間、メディアは自由に動けた。ところが、東電が少しずつ広告を出すようになると、顔色をうかがう報道姿勢になっていく。
 東電以外の電力会社についても地方メディアの大スポンサーなのでどこも同じことが起こる。例えば、極細半島に建てられた愛媛の伊方原発は原発より半島の先に住んでいる約5000人の住民が避難できないという致命的な欠陥がある。しかし、地元放送局ではそうした問題を取り上げる番組は作れない。代わりに東京の私が作りました。

 ――メディアが電力会社を批判できないから、原発政策が推し進められるのですね。

 政権とメディアの関係も同じ構図です。総務省が東北新社に勤める菅首相の長男と会食を繰り返していた問題がありました。あってはならない接待ですが、安倍政権時代にすごくはやったのが、テレビ各局の社長や報道局長と首相との会食です。

 総務省の接待問題と何ら構図は変わりない。メディアは本来、権力を監視しなければいけない立場なのに、社長と報道局長が首相とニコニコ食事をして仲良くなる。ひと昔前だったら、首相から会食の誘いを受けても、「お気持ちだけいただきます」と丁重に断るのが報道機関だった。それがなんとなくグジュグジュになってしまった。それではメディアはかみつけませんよね。

 隠蔽、改ざん、言い換え、ごまかしなど、情報を都合よくコントロールする政権が続き、政府にも電力会社にも斬り込めないメディアという環境ですから、国民は何も知らされないまま、原発推進が再び加速していくのです。根はとても深い。

(聞き手=生田修平/日刊ゲンダイ)
▽加藤就一(かとう・しゅういち) 1957年、愛媛県生まれ。早大政治経済学部卒業後、日本テレビ入社。「アメリカ横断ウルトラクイズ」を総合演出。原発事故以降、10年で原発作品(NNNドキュメント)10本をOA、15の賞を受賞。今月末退社し、フリーに。
**********************************************************
 引用以上

 内容は、これまで私がブログに書いてきたことと同じだが、これを人気のある日刊ゲンダイというメディアが大きく取り上げたことで、汚染水問題の本質が人々の耳目に強く達することになる。
 同じ内容を私がブログに書いても、グーグル検索は排除し、どんなにアクセス数が増えていても決して検索上位にくることはない。というか、「東海アマブログ なにがし」と表題をすべて入れないと、検索に出てくることもほぼない。
 グーグルは、日本政府や自民党と完全に手を組んでいるのだ。

 なんとかブログのアクセス数を増やそうと、毎日更新努力しているのだが、アクセスランキングを見ると、馬鹿みたいに貧弱な内容しかないブログが必ず私の上位にあって、私がトップに立ったことは一度もない。
 たぶん、ブログアクセス数は、専用ソフトを使えば、いくらでも水増しすることができるようだ。2位を堅守してきた私のブログは、この数ヶ月、アクセスが減っていて、4位に落ち込むことも珍しくない。

 アクセス数が増えれば、やる気も増して良い記事を書けるようになるが、政府自民党も、我々、非忖度派の心情を知っていて、やる気をなくさせるように工作してくる。
 ツイッターを強制追放しただけでは飽き足らず、なんとかして、私の評判を落として、「ろくでもないデマ男」という社会的評価を造りたくて仕方ないのだ。
 まあ、誹謗中傷工作員には、いずれ100倍返ししてやるつもりではいるが。

 いずれにせよ、政府批判の急先鋒である日刊ゲンダイは、我々に勇気を与えてくれる救世主だ。
 昔は花森安治率いる「暮しの手帖」あたりが、庶民の本当に知りたい情報を与えてくれたが、花森死後の同社は、恐ろしく臆病な政府忖度メディアに成り下がった。
 2011年福島原発事故後も、暮らしの手帖は、被曝問題に一切触れずにスルーし、原発推進側に立ったのはショックだった。以来、暮らしの手帖に触れることもなくなった。

 なんとかして、政府批判の急先鋒メディアを我々の手で生み出し、圧力世論団体に成長させる必要がある。だが、私の知る反原発派の人々でも、自分が矢面に立って、政府を攻撃しようとする人は少ない。だから安倍晋三や菅義偉のようなクズがのさばるのだ。

 私に金があれば、週刊金曜日のようなメディアを、もっと先鋭化して広く真実を伝えるのだが、超低年金老人の私にできることは、ただ読者の少ないブログに、私が培ってきた見識を書き込んでゆくことだけだ。
 このブログも、私の死後、いろいろ理由をつけて隠されるか、消えてしまうのだろうと思うと無力感に苛まれる。

 原発に関する真実は、今の千倍も人々に伝えられなければならない。これ以上、人々を欺すな!


  

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数