FC2ブログ

Entries

 伊方原発再稼働が高裁で否定された

カテゴリ : 未分類

 伊方原発3号機運転差し止め決定 広島高裁、仮処分決定 今春の送電再開に影響か
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00010003-chugoku-soci

   四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めて山口県東部の住民3人が申し立てた仮処分の即時抗告審で、広島高裁の森一岳裁判長は17日、住民側の申し立てを退けた2019年3月の一審山口地裁岩国支部決定を取り消し、運転を差し止める決定をした。

 3号機は、19年12月から定期検査に入り、現在は停止中。今年3月末の送電再開を予定しているが、計画に影響を与えそうだ。

 伊方原発は佐田岬半島の付け根にあり、沖合に九州から関西まで約440キロに及ぶ中央構造線断層帯が走る。住民側は約600メートル沖を通る同断層帯が活断層の可能性があると主張。四国電の原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)の想定は不十分などと訴えたが、山口地裁岩国支部決定は「活断層は存在しない」として訴えを退けた。

 抗告審では19年9月に審尋があり、住民側は証人の広島大大学院の准教授の証言などから、活断層の可能性をあらためて強調した。四国電側は海上音波探査の結果などから活断層ではないと反論。約8キロ沖を通る断層が活断層だとし、その活断層を震源とする地震を想定した基準地震動や耐震対策に「問題はない」としていた。

中国新聞社
*************************************************************************

折から、南海トラフのスロースリップが確認されていた

 南海トラフで「スロースリップ」観測。巨大地震との関連は? 2020.01.16
 https://www.mag2.com/p/news/435377

 南海トラフで、プレートの境目がゆっくりと動く「スロースリップ」を東京大学と海上保安庁が初めて捉えたと、NHK、産経新聞、毎日新聞、朝日新聞などが報じた。巨大地震が発生する仕組みの解明に役立つと期待されている。「日本海溝」のプレートの境目がある千葉県東方沖では、この「スロースリップ」が数年おきに確認されており、その後、比較的大きな地震がおきやすくなることで知られている。昨年から年頭にかけて発生した北関東周辺の地震も話題になっているだけに、今回の観測に注目が集まっている。

 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012246921000.html
**********************************************************************

 南海トラフのスロースリップは、超巨大地震の前兆である可能性が高い。東日本大震災の前にも、日本海溝におけるスロースリップが確認されていた。
 日本を壊滅させる可能性のあるスーパー地震は、もう待ったなしに近づいている!

どんなに地学に疎い人でも、伊方原発の立地を見れば、「なんで、こんな巨大断層上に原発を作ったんだ!」とびっくりすること請け合いだ。

ikata10.jpg


 これが中央構造線
  
ikata2.jpg


 別に断層図など見なくともいい、普通の航空写真を見ただけで、中央構造線は一目瞭然で、その位置を理解できるのだ。
以下の四国航空写真をじっと見つめれば、四国を左下から右上に横切る鮮烈な線を誰でも瞬時に見分けることができる。地学など知らない人でも、航空写真を見れば誰でも中央構造線の存在を指呼できるのだ。
 伊方原発は、その日本最大の巨大断層の真上に存在している。

 左は、川内原発のある薩摩川内市から阿蘇山を通り、別府を抜けて細長い佐多岬半島を通り、松山から西条、三好、吉野川を経て、淡路島の南端を経由、紀伊半島に上陸、紀の川、多気町から伊勢湾を渡って渥美半島から天竜川、南アルプス西端、諏訪と続き、最後は、地震多発中の銚子北(古い利根川)から太平洋に出る。
 
ikata3.jpg


 伊方原発が、四国左手の佐多岬半島の付け根にあり、その奇妙な地形こそが、巨大断層によって成立したことを一目で見抜けない人は、失礼ながら知能に大きな問題がある。
 この地に原発を計画した者たちは、精神異常者というしかない。きっと利権に目がくらんで、正常な知能が失われてしまったのだ。

 中央構造線は、ナウマンによって日本で最初に発見された巨大断層で、こんなにわかりやすい巨大断層は他にない。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A
 以下引用

徳島市から吉野川北岸を走って三好市に達し、川之江・新居浜のすぐ南側を通り、砥部町から伊予市双海町を通り、佐田岬半島北側の沖合を通り豊予海峡に入る。

四国でも中央構造線の基本的な姿は三波川変成岩と和泉層群の境界断層である。四国では三波川変成岩は広く露出し、徳島の城山、祖谷地方から大歩危、別子、佐田岬半島などでよく見られる。ただし石鎚山は新第三紀の火山岩である。

地質境界としての中央構造線は吉野川の北岸を通っているが、その北に活断層が見られる。愛媛県でも地質境界としての中央構造線は砥部町の砥部衝上断層を通っているが、活断層は松山を通っている。四国山地北縁ではナイフで切ったように直線状に山が並び(断層崖)、その空中写真が活断層の見本として各種書籍に取り上げられている。活動度は1,000年間で最大8mと推定されている。

近年の活動記録が無く、エネルギーが蓄積されていると考えられ、要注意断層である。ただし、一部は約400年前に動いた可能性がある。この区間が活動した場合は、M7を超える地震になると考えられる。
 **********************************************************************
 引用以上

 中央構造線の巨大活動は、おおむね千年に一度といわれてきたが、近年、熊本地震など大規模地震が頻発するようになっている。

 再び上のリンクより引用

 1996年、高知大学などの研究グループによる、伊予灘海底にある中央構造線断層帯の調査によって、愛媛県の伊方原子力発電所の間近の海底に活動度の高い活断層2本が発見された。
 ここでは約2000年おきにM7前後の地震が起きると考えられており、M7.6の規模の地震も起きる可能性がある。
 伊方原発の安全審査が不十分だとして地元住民が原子炉設置許可の取り消しを国に求めた訴訟では、2000年12月に松山地裁が原告の請求を棄却したが、その際にこの活断層について国の安全審査の判断が誤っていた可能性に言及した。

 原発の運転差し止めを求める訴訟は各地で起こされているが、活断層に関する国の判断の誤りについて指摘されたのはこの時が初めてであった。
 伊方原発と活断層との距離は約6kmであるが、活断層調査にあたった高知大教授・岡村真によれば、もし伊方原発に最も近い活断層で、あるいは中央構造線断層帯全体が一度に動いて、予想される最大規模のM8の地震が起きた場合、原発周辺は震度7の揺れに見舞われる可能性があるという。
***********************************************************************
 引用以上

この記述を見れば、冒頭の伊方原発再稼働、否定判決は、極めて常識的であり妥当なものである。
 何せ、千年一度の巨大活動では、一気に8メートルも地盤が移動するのだ。こんなところに原発が稼働していれば、あらゆる配管が地震で引き裂かれ、フクイチ事故を超えるような凄まじい大災厄事故が起きる可能性が極めて強い。

 実は、伊方原発の耐震基準は、たったの300ガルであり、これでは震度5強の地震にさえ耐えられない可能性がある。
 http://www.oshietegensan.com/atomic/atomic_l/2343/

 東日本震災の揺れは最大で3100ガル(栗原町)、岩手内陸地震では、4022ガルが記録されていて、もしも、原子炉から600メートル先の断層が動いて数千ガルの地震が発生すれば「ひとたまりもない」という表現では生やさしすぎるのだ。

 瞬時に、原発を支える電力供給システムは破壊され、原子炉のあらゆる配管が破断するだろう。
 400ガルの耐震設計だったはずの福島第一原発では、550ガル=震度6強の揺れによって原子炉の流量計測システムであるジェットポンプ配管が破断し、原子炉内の冷却水が、80気圧の圧力で瞬時に放出されたことが明らかにされている。
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-841.html

 もし伊方原発で同じことが起きたなら、同じように、原子炉に関連する配管が破断するのは確実であり、おそらく、一次冷却水配管も、ECCS配管も、瞬時に破断するだろう。
 理由は、伊方原発が、加圧水型=PWRであり、炉内圧力が150気圧もあって、沸騰水型の数十倍の危険度があるからで、このとき、伊方原発は、世界の原発事故史上で、初めて炉心の圧力爆発を起こす可能性がある。
 つまり、原子炉内の核燃料すべてが、一瞬にして環境に放出されるのである。もしそうなれば、放射能事故の規模は、フクイチを抜いて世界最大となることが約束されている。西日本は人が住めなくなるだろう。

 最初のスチーム生成配管ギロチン破断の段階で、150気圧の圧力が外部に噴出すれば、炉心の爆発は免れるが、伊方原発内の職員と周辺住民は、ほとんど即死することになる。避難の余裕さえないだろう。
 加圧水型原子炉の大事故被害は、沸騰水型の数十倍と評価されているのだ。

 前回の活動は千年前の平安時代といわれる。これで伊方を稼働させようというなら、正真正銘の狂人、もしくは凶人である。
 そもそも、一瞥しただけで日本最大、世界でも有数の巨大断層が視認できるような立地に超危険な原発を稼働させること自体、「気は確かか?」と怒鳴りたくなるほど、異常な、「盲目的」という差別用語を使うしかない愚かすぎる発想である。

 これまで巨大事故が起きなかった方が奇跡なのだ。私は、フクイチ後の大事故候補原発として、若狭原発群とならんで伊方を挙げてきた。
 佐多岬半島、吉野川、紀ノ川と続く、まるでナイフをスパッと切ったような直線を見ただけで、過去に、どれほど凄まじい巨大な断層活動があったかを容易に想記させるのに、今年3月、山口地裁岩国支部の小野瀬昭は、「活断層は存在しない」と再稼働を認定した。
 この判決にも驚いたが、安倍政権忖度裁判長として、四国電力から闇手当でももらったのだろうか? まともな知性では、決して出せない判決だった。

 しかし、今回、森一岳裁判長が再稼働を止めたのは、常識的判断ではあっても、前回、同じように常識的に高浜原発再稼働を止めた樋口英明裁判長は、どうなったのか?

  そして、裁判長は飛ばされた 高浜原発再稼働「差し止め仮処分はけしからん」 最高裁・高裁のお偉方は原発が大好き
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/43092

 定年を控えて高裁への栄転が内定していた樋口さんは、高浜再稼働差し止め判決の結果、遠い、愛知県の田舎家裁に左遷された。
 そして、福井地裁の林潤という安倍ヨイショ忖度裁判官が、この決定を覆した。

 さて、森一岳氏の運命やいかに? 実は、彼は樋口さんに似ていて、定年を控えた良心的裁判官だった。もはや、左遷も覚悟で自らの良心に従って判決を書いたのだ。

 私は、いずれ森さんが樋口さんの運命を後追いするとしても、その間に、もはや取り返しのつかないスーパー地震である南海トラフ巨大活動が始まると確信している。
 人々は、それを見て、森さんの英断に感謝することになるだろう。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数