FC2ブログ

Entries

 東山道

カテゴリ : 未分類

 私の住む中津川市に、「中山道」が通っている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E9%81%93

 中山道は、1600年頃から、江戸幕府が整備した「五街道」の一つで、AD700年代の大宝律令に定められた「五機七道」のうち、東山道を基本に開拓したものである。

 当時の「国」は、国境よりも核心となる街道の方が大切だったので、七道= 東海道(東海)・東山道(中央)・北陸道・山陽道・山陰道・南海道(九州)・西海道(四国)こそが「国」を意味していたともいえよう。
 なお、北海道も入れたいところだが、これは江戸時代末に松浦武四郎が名付けたもので、徳川幕府は基本的に「未開の野蛮地」として日本国の版図に入れていなかったようだ。

 東山道は、七道のなかで最大の版図があり、琵琶湖南端の瀬田を起点として、本州内陸部を通って青森県にまで至る、日本最大にして最古の重要街道だった。
 奈良時代以前、朝鮮半島を経由して、天皇家(秦氏・弓月氏)を含む騎馬民族が日本列島に移住してきたとき、基本的に、弥生人=倭国が海岸線を船で統治していたのに対し、騎馬民族は内陸を騎馬で利用することが得意だったので、福井県に上陸した騎馬民族=秦氏は、巨大な内陸ルートを整備して、東北に向かった。
 奈良時代、藤原氏が奥州を支配したのも、この道を利用したと考えられる。

 http://www.sakaekai.net/pageR3.html

 中山道と東山道は、もちろん基本的に重複しているのだが、大きく異なるのは、中津川(大井宿)から、東山道は恵那山をまともに登って、神坂峠を越えて伊那谷を北上するルートだったのだが、これが標高2000m近い難所を通過するため、中山道では木曽谷に付け替えられている。

enasann3.jpg



 東山道の時代、現在の東海道が担っていた役割を東山道が担っていたわけで、その機能整備は、まるで秦の馳道を見るようだ。
 上のリンクから抜き書きすると、

 【古代日本の中央政府は飛鳥時代から平安時代の前期にかけて、計画的に道路を整備した。地方では6メートルから12メートルの幅があり、京の都周辺では24メートルから42メートルの幅員を持った直線道路であった。東山道は、奈良時代に中央と地方を結ぶために、政治的に造られた国道であった。

 古代の五畿七道の一つでいわゆる官道の名称であった。「延喜式川には、支線も含めて令部で86駅あったと記されています。信濃国だけで15駅、駅馬数は165匹。駅には10匹ほどの馬がおり、馬一頭に5人から6人の駅子がいたと言われています。駅と駅の間の距離は通常30里(16キロ)とされていました。駅に付属した駅田の広さは3町歩(3ヘクタール)と推定されています。】

 現在から想像もできないほど、古代の東山道は、驚くほど街道機能が整備されていたことが分かる。これを見て「秦の馳道」をイメージする人は、この道を整備した「秦氏」が、実は「始皇帝の末裔」を称していたことに思いを寄せることになるだろう。駅馬制度もまた始皇帝が開発したもので、始皇帝のビジョンをコピーしていると考えてもよい。

 私が、今回、これを取り上げた理由は、天照大神が、この恵那山で出生した伝承が存在することの意味を考えたいからだ。
 https://yamahack.com/1862

 アマテラスは神話時代の人なのだから、神武よりはるかに古い時代だと誰もが思っているだろうが、恵那山で生まれ、「胞衣=胎盤」を埋めたとされるのが恵那神社ということは、実は、アマテラスを産んだイザナギ・イザナミが、東山道開拓時代の人だった可能性を意味しているのである。

  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E9%82%A3%E7%A5%9E%E7%A4%BE

  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%85%A7%E5%A4%A7%E7%A5%9E

 つまり、イザナギ・イザナミが、弥生人国家=倭国の時代の人だったなら、東山道を経由することなどありえず、おそらく操船が得意だった弥生人=倭人の特性から、海岸沿いを船で移動したはずである。
 だが、アマテラスは、東山道でもっとも苛酷といわれる恵那山で出生している。

   
つまり、アマテラスは、東山道を多用した騎馬民族だったことを意味していると私は考えた。その時代は、東山道が官道として整備されたAD700年代よりは古いかもしれないが、少なくとも日本書紀に描かれた「弓月氏」の渡来、AD300年前後よりも後ではないのだろうか?

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%93%E6%9C%88%E5%90%9B

 神話や伝説など、いくらでも後世が操作変形できるので、元になったイベントから想像力を働かせればよい。
 そもそも、騎馬民族の伝承を示す文献証拠がほとんどないのは、藤原不比等や天武天皇が、日本史に関する「焚書」を行った記録があり、このとき、天皇家神話に都合の悪い史実が、すべて消されてしまったと考えられる。

  https://plaza.rakuten.co.jp/kodaisi/diary/201302060001/

 それでは、アマテラス神話に相当するイベントが、歴史的天皇のなかにあるのかといえば、よく分からないが、疑わしい人物もいる。
 それは額田王=推古天皇である。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E5%8F%A4%E5%A4%A9%E7%9A%87

 このなかに、以下の記述がある。
 【用明元年(586年)夏5月、敏達天皇の殯宮に異母弟の穴穂部皇子が侵入し、皇后を犯そうとした。寵臣・三輪逆に助けられたが、逆は穴穂部皇子に同調した物部守屋らに追い詰められ殺された。】

 これなどは、なんとなく「天岩戸」神話を彷彿させるが、具体的な証拠はない。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%B2%A9%E6%88%B8

 現在の解説では、BC800年前後の神話であるものが、なぜAD500年代になるのか、もちろん説得力のある論拠は存在しない。単なる私の思いつきにすぎない。
 しかし、そうでもなければ、東山道の途中、難所中の難所である恵那山で、アマテラスが誕生したという理由を合理的に説明できないのである。

 2020年元旦、私は友人とともに、アマテラスの生まれた「恵那神社」を参拝したが、参拝者は我々以外、皆無だった。
 神社の守人は、一晩中篝火を炊いて、石段にはろうそくを立てて参拝者(初詣客)を待っていたが、朝一番、来たのは、「神社神道は古代ユダヤが持ち込んだ」などと、不埒不敬な思想を持った、招かれざる我々だけだった。
 この神秘的で、霊気に満ちた素晴らしい神社は、ずいぶんと冷遇されているなと感じた。何せ、日本国開闢大神様の天照大神出生の地なのである。

enajinjja1.jpg



 私は、自分の住む土地を通る中山道や東山道に強い関心を抱いて、古い失われた街道を歩くのを楽しみにしてきた。
 中山道も、江戸時代に、かなり付け替えられていて、いわゆる「古道」が草に埋もれている。
 馬篭から妻籠などの道は、大変に楽しいハイキングコースになっていて、外国人だらけだ。しかし、観光地を一歩外れれば、熊の出没しそうな藪道が多くて、通行するにも相当な準備が必要になる。
 東山道は、もっと凄い。登山経験の少ない人には、とても薦められない。

 しかし、古道歩きは、もの凄く想像力を刺激してくれて、時代とともに変遷するルートを探すだけで、歴史を垣間見ることができて、実に楽しい知的遊戯なのだ。
 以下は、中山道、大桑村妙覚寺のマリア観音だ。
 これを初めて見学したのは、もう半世紀も前のことだが、当時は、まだ観光化されてなくて、素朴な貧村のなかに、ひっそりとたたずんでいた。
  https://yama-gawa.com/?p=6204


maria1.jpg


 私は、自分の好きな木曽谷が、「隠れキリシタンの里」だったことを知って、愕然とした。自分の身近に、本当にキリシタンがいたことを知り感動した。
 中山道や東山道には、まだまだ知られざる秘密が隠されている。

 私は、こうした道を歩きながら、古代東山道が一つの国であったことを考えた。
 私の住む、中津川市蛭川もまた、東山道が示す国の一部であり、ここに、南朝、後醍醐の王子たち、宗良に関係する、たくさんの伝承が残されていることを知った。
 なぜ、宗良が、美濃・信州・遠州・奥三河の深い山里を転々として北朝方にゲリラ戦を仕掛けたのか?
 実は、東山道という「国」こそが、彼らの「故郷」であったことが朧に分かってきた。

 近所に林さんという半農反工の家があって、実に無口一刻で、とっつきにくい人なのだが、南朝武士の風格を備えている。
 あるとき遠山郷を歩いていて、どうみても林さん、その人を見つけ、思わず呼びかけたくなったが、そっくりさんだった。
 そして、わが蛭川は遠山家の領地であり、南信遠山郷も遠山氏であり、さらに共通する南朝伝説があることを知り、実は同じ国なのだと合点がいった。無関係と思っていた遠山氏の家紋=鍋蓋も同じだった。

 この一件以来、私は、東山道・中山道には、古代から同じ民族が住んでいたのだと思うようになり、遠く、群馬県や岩手県藤原氏などの人相も調べて共通項が多いことを確認した。
 藤原氏の人相なのだ。

 そこで、不肖、古代東山道に棲む身としては、今後とも、「東山道」という国について、たくさん探勝し、深い知識を得てゆかねばならないと決意した次第なのだ。 

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数