FC2ブログ

Entries

 安倍官邸肝いり映画  『Fukushima 50』

カテゴリ : 未分類

  阿修羅掲示板にも、魑魅魍魎氏の記事があったので、そちらから転載する。

 「映画『Fukushima 50』はなぜこんな『事実の加工』をしたのか?」
(中川右介 現代ビジネス 2020/3/6)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70707

福島第一原子力発電所の事故を描いた映画『Fukushima 50』(若松節朗監督)が3月6日公開される。

これは、一種の「戦争映画」だ。福島第一原発を戦場として描き、吉田所長以下の職員たちを兵士として英雄的に描く。

娯楽映画として、よくできている。

原発のプラント内の再現度が高い。といって、私自身が実際の原発を見ているわけではないので、どこまで再現されているかは確証できないが、リアルに感じた。

凄まじい事故だということ、原発内部の構造がよく分かる。そして、現場の職員たちの危機感もよく伝わってきた。よくぞ、日本は無事だったと思う。

しかし、大きな問題のある映画だ。


■ 混乱の元凶は「総理」だったのか?

娯楽映画なので、作劇上、主人公であるヒーローに対し、悪役が必要なのは分かる。

この映画が扱う戦争では、倒すべき相手は「どこかの国」でもテロ組織でもなく、暴走している原発だ。

そして原発そのものは敵ではない。むしろ、職員たちは原発を愛しており、傷ついて苦しんでいるのをどうにかしてやりたいという感情を抱いている。原発を救おう、という感覚だ。

この映画での悪役は、自分は安全なところにいて、無理なことばかり言う東電本店の役員たちであり、分かりもしないのに口を出してくる首相官邸なのだ。

といって、それは「敵」というほど大きな存在ではなく、「障害」程度だ。

その障害である「総理」を、佐野史郎が演じている。

佐野が脚本を読んで考えた演技で監督が認めたのか、監督の指示による演技なのかは分からないが、この映画での「総理」は、かなり浮いている。彼だけが熱くなり、ヒステリックにわめきちらしている。

「総理」は混乱の元凶のように、描かれている。


■ 菅直人元首相の実像

先にことわっておくが、私は菅直人元首相の40年近い「知人」である。菅直人事務所で働いていたこともある。

菅元首相が原発事故について書いた『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』 (幻冬舎新書)も手伝ったので、事故についても、普通の人よりは知っているつもりだ。

その上でこの映画について書けば、事故の事象は、「事実」に即していると思う。これまでに読んできた他の文献との食い違いは、なかった。

だが、「総理大臣」の描き方は、何か意図的に「事実」を歪曲、あるいは無視している。

宣伝資料によれば、撮影を見学に来た吉田所長をよく知る人たちが、渡辺謙演じる吉田所長を見て「そっくり。後ろ姿は本人かと思うほどで、のりうつったかのようだ」と言ったそうだが、菅直人元首相をよく知る私には、この映画の「総理」は、「全然、菅さんに似ていない。まるで別人」に見えた。

顔が似ているとか似ていないではない。雰囲気がまったく違う。

私も何度か菅元首相に怒られたことがあるが、たとえ激高していても、もっと理路整然としており、感情にまかせてわめきたてることはしない(だから、余計、怖いのではあるが)。

巧妙なことに、この映画の配役表では、佐野史郎が演じているのは「内閣総理大臣」であって、「菅直人」ではない。万一、抗議されても、「あくまで『総理大臣』であって、『菅直人』を演じたのではない」と言い逃れできるようになっている。

そこに、政治的意図を感じてしまう。せっかく、事故そのものをリアルに描いているのに、映画全体がどこかウソっぽくなってしまうのだ。


■ 観客をミスリードする作り

原作は、門田隆将著『死の淵を見た男』で、門田氏が関係者に取材して事故を再現したノンフィクションだ。この原作では、ちゃんと「菅直人」として描かれている。実際、執筆にあたり、門田氏は菅直人元首相にも取材している。

映画では、「吉田所長」は実名で登場するが、首相官邸にいた東電のフェローは「武黒一郎」なのに「竹丸吾郎」となっている。

また、「総理大臣」以下の政治家や関係者も「内閣官房長官」「経済産業大臣」「原子力安全委員会委員長」「原子力安全・保安院院長」などは、役職名として登場するだけで、個人の名はない。

つまり、映画のなかでの「悪役」は、モデルとなっている人物の実名では登場しない。

観客は、吉田所長という人物が実名で登場するので、この映画はすべて「事実」に基づいていると思うだろう。だが、映画は、官邸側の人物を実在の人物として描くことから逃げている。

映画のなかで、「菅さん」というセリフがなくても、誰もが佐野史郎が演じている「総理」が「菅直人」だとイメージするように作っておきながら、あの人物は「菅直人」ではないのと、言い逃れができる作り方をしている。

当時の政権にもさまざまなミスはあったろう。別に菅直人をもうひとりのヒーローとして描けとは言わないが、吉田所長と同程度の再現度で、「菅直人首相」として描くべきではなかったのか。

そのほうが映画としての価値も高くなったと思う。

以下、野暮を承知で、事実との相違点を記しておく。


■ 描かれなかった総理側の事情

地震は3月11日午後に起き、その日の夕方から、福島第一原発は危険な状態になっていた。12日未明、総理は自衛隊のヘリで現地へ向かい、視察した。

この現地視察は当時から、批判された。「最高責任者が最前線に行くなどおかしい」というのが批判の理由だ。

映画は、この立場から批判的に描く。

さらに、「総理が現地へ行くことになったのでベントが遅れ、被害が拡大した」したというストーリーに仕立てている。いまもこのストーリーを信じている人は多い。

総理の視察とベントの遅れとの因果関係は、何種類も出た事故調査委員会の報告書で否定されている。遅れたのは、手動でやらなければならず、準備に時間がかかったからで、これはこの映画でも詳しく描かれている。

映画では、準備が整い決行しようと思ったところに、東電本店から「総理がそっちへ行くので、それまでベントを待て」と言われ、できなくなったことになっている。吉田所長の感覚としてはそうだったのかもしれない。

だが、菅首相としては「午前3時にベントをする」と伝えられていたのに、3時を過ぎても「遅れていること」も、「遅れている理由も」も知らされない状態だったので、「行くしかない」となったのだ。

その首相側の事情は描かれていない。

12日午後、一号機が爆発する。映画では、首相は官邸の危機管理センターにいて、そのモニターでリアルタイムで知ったかのように描かれている。

しかし実際はこういう経緯だ。

爆発は15時36分。菅首相は15時から与野党の党首会談に出席し、16時過ぎに終わった。

執務室に戻ると、危機管理監から「福島第一原発で爆発音がした。煙も出ている」との報告を受けたが、管理監も「詳しいことは分からない」と言う。しばらくして、白煙が上がっているらしいとの情報も入る。

そこで東電から派遣されている武黒フェローを呼んで訊くと、「そんな話は聞いていません」との答え。武黒フェローは「本店に電話してみます」と言って問い合わせたが、「そんな話は聞いていないということです」と言う。

菅首相は原子力安全委員会の斑目委員長に「どういう事態が考えられますか」と質問し、委員長が「揮発性のものがなにか燃えているのでは」と答えたとき、秘書官が飛び込んできて、「テレビを見てください」と言う。

テレビをつけると、日本テレビが、第一原発が爆発しているのを映していた。

実際に爆発してから1時間が経過しており、その間、東電からは何の報告もなく、首相は、一般の国民と同時刻に、テレビで知ったのである。

東電の本店と福島第一原発はモニターでつながっているので、本店はリアルタイムに知っていたはずだが、それを伝えなかった。問い合わせにも「聞いていない」と答えた。

そういう東電本店のお粗末さが、この映画では描かれない。

「すべてを描くことはできないから、省略することもある」のは、事実に即した映画にもよくあることだ。だから批判はしないが、実際はこうだったと確認しておきたい。


■ 歪められた言葉の主旨

もうひとつの重要シーンは、3月15日だ。午前3時頃、菅首相は、東電が現場から撤退したいと言ってきたとの報告を受けた。

誰もいなくなったら原発の暴走を止めることはできず、日本は壊滅する。しかし、このまま、職員が現場にいたら、命が危ないのも事実だった。

東電社員は民間人である。民間人に、政府が「命をかけろ」と命令できるのか。法律上は総理にはそんな権限はない。だが、菅首相は「撤退はありえない」と、官邸に来た東電の社長に伝えた。日本を守るためには東電に対処してもらうしかないのだ。

さらに、午前5時半過ぎに、東電本店へ行き、事故対策にあたっているオペレーションルームで、「命をかけてください」と呼びかけた。

映画ではこのシーンでも、「総理」はヒステリックにわめいているが、実際はどうだったか。

私もその場にいたわけではないが、菅直人という人をよく知る立場からすれば、ああいう絶叫をする人ではない。

このオペレーションルームでのやりとりは録画されているが、なぜか菅首相の発言の間だけ、音声は残っていないということで、公開されていない。画像のみが公開された。

映画としては、モニターで総理の演説を見て聞いている吉田所長が、ズボンを脱いで下着を見せ(ようするに、ケツを向けているのだろう)、他の職員も総理に悪口雑言をつぶやいている様子が描かれている。

おそらく、そうした「社員の悪口雑言」までも録音されてしまったので、東電は公開を拒んで、「録音されていない」ことにしたのだろう。

そういうわけで、本店へ乗り込んだときの菅首相の発言は録音が「ない」ので、正確には再現できないが、その場にいた総理補佐官のメモなどから、おおよそのことはわかり、『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』にも記載されている。長くなるが、全文を載せる(同書は紙の本は品切れだが、電子版で読める)。

「今回のことの重大性はみなさんが一番わかっていると思う。政府と東電がリアルタイムで対策を打つ必要がある。私が本部長、海江田大臣と清水社長が副本部長ということになった。これは2号機だけの問題ではない。2号機を放棄すれば、1号機、3号機、4号機から6号機。さらには福島第二サイト、これらはどうなってしまうのか。これらを放棄した場合、何か月後かには、全ての原発、核廃棄物が崩壊して放射能を発することになる。チェルノブイリの2倍から3倍のものが10基、20基と合わさる。日本の国が成立しなくなる。何としても、命がけで、この状況を抑え込まない限りは、撤退して黙って見過ごすことはできない。そんなことをすれば、外国が「自分たちがやる」と言い出しかねない。皆さんは当事者です。命を懸けてくだい。逃げても逃げ切れない。情報伝達は遅いし、不正確だ。しかも間違っている。皆さん、委縮しないでくれ。必要な情報を上げてくれ。目の前のことも、5時間先、10時間先、1日先、1週間先を読み行動することが大事だ。金がいくらかかっても構わない。東電がやるしかない。日本がつぶれるかもしれない時に撤退はあり得ない。会長・社長も覚悟を決めてくれ。60歳以上が現地に行けばよい。自分はその覚悟でやる。撤退はあり得ない。撤退したら、東電は必ずつぶれる。」

映画での、「総理」の発言は、もっと短く、「逃げられない」と絶叫しているだけだ。

省略はいいとして、全体の主旨まで歪めているのは、どういう意図だろう。



この映画は門田氏の原作をもとにし、東電側には改めて取材しているようだが、菅首相サイドには取材していない。

どの段階で誰が、「総理大臣を悪役にする」と決めたのかは知らないが、出発点がそこにあるので、演技も演出も、「総理」登場シーンだけは、事実とはかけはなれてしまっている。

当時の民主党、菅直人政権を批判するためのプロパガンダ映画として作られたのなら、その目的は達成されるだろう。

しかし、そんなことが目的の映画だったのか。

俳優もみな熱演しているし、事故のシーンの迫力はものすごく、どんな事故だったのを知るために多くの人に見てもらいたいとも思うだけに、政治的な「事実の加工」が残念でならない。

------(引用ここまで)---------------------------------

門田隆将・原作ということで、どうしようもない民主党叩きのプロパガンダ映画だろうと
思っていましたが、その通りだったようです。

菅直人氏は、この作品を名誉毀損で訴えるべきでしょう。
もちろん、福島原発事故を描いている以上、こんな言い逃れは裁判では通用しません。


映画のなかで、「菅さん」というセリフがなくても、誰もが佐野史郎が演じている「総理」が
「菅直人」だとイメージするように作っておきながら、あの人物は「菅直人」ではないのと、
言い逃れができる作り方をしている。


われわれのすべきことは、この映画を観ないこと、ボイコットすることです。


(関連情報)

「もし福島原発事故当時、危機対応能力ゼロの安倍政権だったら、どうなっていたか?」
(拙稿 2020/3/2)
http://www.asyura2.com/19/genpatu52/msg/536.html

「菅首相『絶対に撤退は無い。何が何でもやってくれ』 勝俣会長『子会社にやらせます』
寺田学・元首相補佐官の証言がすごい」 (拙稿 2016/9/5)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/421.html  

************************************************************************

 まあ、安倍晋三政権というのは、日本会議や統一教会と密着して、世論操作や三権分立を無視した司法権力への介入、私物化が大好きなグループである。
 また、驚くほど執念深く、自分たちに敵対した勢力を断じて許さないという傲慢不遜な独裁権力特有の姿勢を示している。

 だから、たとえ一時期でも政権を奪った「民主党政権」への恨み骨髄で、「千年の恨」を持って、攻撃を緩めることはない。
 旧民主党政権を評価すれば、自分たちの政権が危うくなるとの強迫観念にとらわれているようだ。

 大体、今回の新型コロナウイルスの法的対応にあっても、民主党政権下で2012年に成立した「新型インフルエンザ等対策特別措置法」で、対策も条文も、完璧な内容で、今回のコロナウイルス対策に当てることができたのに、安倍政権は、この法律が民主党主導だったことを嫌気して、あたかも法が存在しないかのように無視してきた。

 民主党の作った法律など使いたくないから、法適用を怠り、ウイルス対策の私物化、利権化を、やりたい放題にさせているのだ。

 https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=78ab2871&dataType=0&pageNo=1

 だが、この条文中には安倍晋三独裁政権の大好きな殺し文句「緊急事態での私権制限」が盛り込まれているので、安倍も、これを自分たち好みの味付けに変えて再立法することになった。
 「私権制限」というのは、民主主義を嫌う独裁政権にとって、究極のパラダイスなのである。

 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202003/CK2020030302000223.html

 この映画も、こうした安倍政権の根底的な嗜好が強く盛り込まれ、当時の民主党政権が馬鹿だったから事故を大きくしたという捏造、冤罪作りに腐心している。
 菅直人がわかりもしないのに余計な口を出したことで、メルトダウンが進んだかのように描かれている。

 だが、真実は違う!
 福島第一原発放射能巨大事故の本当の原因は、東電の管理姿勢がデタラメの不正なもので、そもそも東電には原発を運営する能力がなかったこと。
 そして、安倍晋三首相(当時)が、共産党の吉井議員の質問に対し、「フクイチは大津波が来ても絶対に破局事故を起こさないので、検査点検も、改造も必要ない」と、管理対策を放棄したことだった。
 https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4599/

 東電は、未だに「原発は想定外の大津波のせいで壊れたのだから、自分たちに責任はない」と言い張っている。
 しかし、真相はまるで違う。フクイチは、その構造的欠陥のために、地震の揺れで炉心内の「ジェットポンプ計測配管」が瞬時に破断し、そこから80気圧の炉心冷却水が格納容器に噴出したため、冷却水を失って2時間程度でメルトダウンを起こしたのである。
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-874.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-841.html

 本来、こうした状況に備えて、安全回路としてECCS緊急炉心冷却システムが備えられているが、地震の揺れで、強度の不足していた引き込み送電塔が倒壊し、外部電源を失ったため、稼働させることができなかった。
 こうした事態に備えて、さらに、空冷冷却システムがあったはずだが、小泉純一郎政権時代、「無用の長物」と決めつけられ撤去されていた。

 フクイチ事故の本当の原因は何か?
 という問いに対しては、
 ①東電に原発運営管理能力が存在しなかった。ジェットポンプ計測配管の破断シュミレーションを怠っていたのだ。そうした隠蔽体質があった。
 ②送電など外部電源システムの強度が不足していた。
 ③予備電源の自家発電機が、津波に脆弱であると指摘されていたのに、無視して、設置場所の高位化を怠っていた。
 ④安倍晋三が、こうした脆弱性の指摘に対して、詭弁を弄し、安全と言いくるめて改良を拒否させた。

 これらが、本当の原発事故の原因であったにもかかわらず、この「Fukusima50」という映画は、あたかも、菅民主党政権の余計な口出しが事故を悪化させたかのように、問題をすり替え、上の本当の事故原因を隠蔽しているのである。
 これはドギュメントでもなんでもない。自民党安倍政権が旧民主党を攻撃するための政治的プロパガンダである。

 さらに深掘りすれば、日本の原子力政策を導入し、方向を決定づけた正力松太郎と中曽根康弘の本当の目的は、「原発の平和利用」に見せかけた「核兵器開発」であった。
 日本の原子力政策は、表向き、平和利用に見えるが、実態は、徹頭徹尾、核ミサイル開発のプロセスに組み込まれているのだ。

 その最大の証拠が、すでに軽水炉が実用化されていた1960年代に、初導入した原発が黒鉛炉だったことだ。
 当時、黒鉛炉は、熱効率が悪く、商業利用には不向きだった。だが、プルトニウム239の転換効率が良いので、プルトニウム240というお邪魔虫(核爆発を不安定化する)が少なくて良質の核ミサイルが製造できるということだった。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E9%89%9B%E7%82%89

 つまり、日本の原発は、最初から最後まで、核兵器開発のためのものであって、だからこそ東京電力というデタラメで隠蔽体質を持った巨大企業に、最初のプルサーマル稼働をやらせたのである。
 東電は、4号機で秘密裏に、核兵器用(兵器級)プルトニウムを生産していた疑いがある。定期点検中で稼働停止していた4号機は、米軍偵察写真で、稼働熱が写っていたからだ。
 東電は、極度に秘密性の高い軍事機密によって守られた企業だから、責任者の断罪も行われず、倒産もしないですんでいる。事故調報告も完全に隠蔽されたままだ。
 一方で、この映画のように、東電の正当化と、事故原因の捏造、矮小化、隠蔽工作が、大規模に行われていることに、我々は警戒すべきだ。
 

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数