FC2ブログ

Entries

 びっくりさせられた、FC2ブログ関係者の画像削除

カテゴリ : 未分類


 私のメルアドは、いくつかあって、FC2に管理者とし登録しているのは、古い使っていないメルアドだが、これを今使っているメルアドに登録変更しようと何度もトライしたのだが、なぜか、いつのまにか古いメルアドに戻ってしまう。

 おかげで、古いメルアドに着信するFC2からの「重要なお知らせ」を見逃すことが多い。もの凄い数のスパムに隠れてしまって、大切なメールが読めないのだ。
 久しぶりに、調べ物をするために、古いメルアドを掘り起こしていたら、未読のFC2からの「大切なメール」が、いくつか出てきた。
***************************************************************

 こちらはFC2事務局です。
貴殿が管理されております
http://tokaiama.blog69.fc2.com
に関しまして、下記の連絡が届いておりますのでお伝えいたします。
**************************************
【 削除を依頼する具体的なURL 】:
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-478.html

【 削除を依頼する具体的な箇所 】:
ブログ中盤の男性器を拘束する器具の写真。

【 削除を依頼する理由 】:
これは『猥褻物陳列罪』に当たる画像ですので削除願います。
削除されない場合、地元、中津川警察に『猥褻物陳列罪』で通報いたします。
**************************************

該当箇所がございましたら削除修正をお願いします。
問題がない場合はその趣旨をご連絡ください。
どちらにいたしましても、9月20日以内にご連絡ください。
9月21日になりましてもご連絡いただけない場合は
遺憾ながら削除等の措置をとらせていただくことがございます。
*****************************************************************

 2018年のものなのだが、これを読者に判断願うために、5台あるパソコンを根こそぎ調べたが、どこにも該当画像が見当たらない。
 それどころか、警察の異常な思想弾圧の証拠になるファイルや、かつて児童ポルノ対策で取り上げられた画像ファイルなど、大切な資料が、ほとんど根こそぎ消えていた。
 つまり、誰かが私のパソコンに勝手に侵入して、消していったのだ。

 以前にも、志布志事件の担当警察官個人情報が消されていたので、こんなことができるのは、間違いなく警察庁サイバー部隊であり、その主力である統一教会しかないと分かっていた。
 今回、わざわざFC2に排除要請をしたあげく、私のパソコンの画像まで消していったのは、個人の力では不可能で、統一教会関係者がやったにちがいない。

 FC2には、ブログを消されたり改変されたのが三回目なので「法的措置をとる」と連絡したが、それよりも、FC2管理者が、この画像を猥褻犯罪として削除した判断の恐ろしさ、陳腐さに驚愕するしかない。

 以下は、ネット上で出回っている類似画像だ。
 https://www.google.com/search?q=%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%80%E6%80%A7%E5%99%A8%E6%8B%98%E6%9D%9F%E5%85%B7&tbm=isch&ved=2ahUKEwjuhJSb7q3pAhUH0ZQKHbCzDnYQ2-cCegQIABAA&oq=%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%80%E6%80%A7%E5%99%A8%E6%8B%98%E6%9D%9F%E5%85%B7&gs_lcp=CgNpbWcQA1DOD1iWIGCpIWgAcAB4AIABwwGIAfcJkgEDMS45mAEAoAEBqgELZ3dzLXdpei1pbWc&sclient=img&ei=I1i6Xq7nI4ei0wSw57qwBw&bih=657&biw=1280&safe=off

 こうした中から拾った画像だったが、上のリンク中には、文句なしの猥褻画像が含まれているものの、300年前に、カトリック教会で、青年司祭に対して実際に使用された単なる金属製の「勃起禁止具」が「猥褻画像」と認定されて削除されるなら、あらゆる性具は、すべて完全なる猥褻であり、犯罪として摘発されることになり、コンドームやペッサリーの製造企業でさえ起訴されることになりかねない。

 また、真面目に歴史を調べる学問的アプローチさえ許されなくなる。
 そもそも、愛知県の田県神社、大県神社など、氏子も見物客も全員逮捕されてしまうだろう。
 我々の若い頃の感覚からすれば、まさに異常というしかない性的価値観の硬直だ。

 なぜ、こんなことが起きるのかというと、2014ね年頃に、グーグルやフェイスブックツイッター、などに、極端な倫理的規制が持ち込まれた。
 性的表現や、猟奇犯罪、残酷シーンなどが、一切表示されなくなったのだ。
 もちろん、グーグルが買収したYouTubeも同じで、我々の感覚では何でもない普通のエロチシズムでさえ排除され、以前は、普通に出回っていたイスラム国による残酷犯罪のシーンも全部削除され、掲示しようものなら秒速で削除され、永久追放にあってしまう。

 なお、ツイッター社が、私を2018年3月に永久追放したときの、私のツイートは以下の通りだ。この内容の、どこが永久凍結に値するのか?
 http://tokaiama.minim.ne.jp/tuitter/akaunntoteisi.html

 このツイートは、永久凍結の五年前に書いたもので、当時はベルギーやオランダの安楽死問題が議論されていたが、このとき書いたツイッターが「自殺を助長」として、凍結され、すでに3年を経たが、未だに復活できないでいる。

 これも、ネット上の、異常な倫理狩りの流れのなかにあるが、私の東海アマブログも、グーグルによって完全に、検索から排除されている。
 まあ、「東海アマ」と付けない限り、表題だけでは絶対に検索に乗らないのだ。
 ちょうど、阿修羅の魑魅魍魎氏が同じことを書いていた。

 http://www.asyura2.com/19/genpatu52/msg/684.html

 日本の警察でありながら、警察庁は統一教会のサイバー部隊を使い、統一教会原理研の論理で、法律を平然と無視してまで、ネットの規制に邁進している。
 統一教会の正体とは何か?
 それは、文鮮明の個人的で極端な権力欲、名誉欲を除けば、中身はユダヤ教と言っていいくらい、旧約聖書の秩序強要をそのまま体現している。

 そう、グーグルもフェイスブックも、ツイッター社もマイクロソフトも、すべてユダヤ人経営者であり、タルムードの倫理を、ネット界の倫理に押しつけようとしているのである。

 GAFAというのはユダヤ教徒の世界支配のための道具だ。その論理はタルムードであり旧約聖書の戒律教徒なのだ。安倍晋三や統一教会は、彼らの使い走り、飼い犬にすぎない。
 だから、児童ポルノや性犯罪に対しても、旧約聖書レビ記のような弾圧を仕掛けようとしている。

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-37.html

 我々が相手にしているのは、2000年前にキリストが戦った相手、パリサイ人と呼ばれた戒律主義者なのだ。パリサイ人たちの直系子孫こそロスチャイルドである。
 キリストが何度もパリサイ人の市場に殴り込みをかけたことが新約聖書にたくさん描かれている。
 最後には、パリサイ人たちによって十字架に架けられて殺された。このことは、人類社会にとって、戒律主義が、とんでもなく恐ろしいものであることが示されている。

 私のブログから、カトリックの司祭のペニスを拘束した金属製の器具の写真が、一方的に削除された。ただの道具がFC2管理人によって「わいせつ物」として認定された。
 私が何度も勝手に削除されたヤフーブログに見切りをつけてFC2に引っ越しした最大の理由は、FC2が性的表現に対する権力の弾圧に戦ってきた姿勢を高く評価していたからだ。

 それが、ただの器具の写真を猥褻と認定して削除するのか?
 私は怒り狂っている。
 また、ブログを移動しなければならないのだろうが、体制派のはてなやライブドアーからは、ヤフーとおなじような理不尽な扱いを受けていて、もう利用できなくされている。

 私は、いったいどこに行けばいいのだ?
 (数日前から、教えてもらったnoteに書き込みはじめているが)
 いずれにせよ、FC2ブログは、自分たちも苦しめられたはずの「表現の自由」について、自分たちなりの法解釈と基準を示すべきだ。
 こんな馬鹿げた倫理的弾圧を許してはならない!
 

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数