FC2ブログ

Entries

新幹線は、本当に安全なのか?

カテゴリ : 未分類

 1964年の開業以来、死亡事故はゼロ-…
  https://www.nishinippon.co.jp/item/n/425107/

  1964年の開業以来、死亡事故はゼロ-。日本が世界に誇る新幹線の「安全神話」である。厳密にいえば「車内の乗客が死亡する列車事故は起きていない」ということだ

▼東海道新幹線三島駅で95年、乗降口の扉に指を挟まれた高校生が発車した列車に引きずられてホームから転落、死亡した。九州新幹線でも2011年、新水俣-出水間で中学2年の女子生徒がはねられて亡くなった

▼死者は車内でも。15年に新横浜-小田原間を走っていた東海道新幹線の先頭車両で男が焼身自殺を図り、男と巻き込まれた乗客の女性が死亡した。今月9日には、同区間を走行中、男が刃物で乗客に切り付け、3人が死傷する事件が起きた

▼その衝撃がさめやらぬおととい、安全なはずの新幹線でまた。山陽新幹線の博多発東京行き「のぞみ」が、博多-小倉間で人をはねた。先頭車両の先端が大きく破損していた

▼異常を感じれば、すぐに停止、安全確認するのが基本。運転士は小動物がぶつかったと考えて運転を続けたという。新幹線の線路には高い柵などが設けられ、簡単に立ち入れない。「まさか」という思い込みが運転士の判断につながったのかもしれない

▼線路への立ち入りやホームでの接触や転落、車内で起きる事件や事故。相次ぐ「まさか」が新幹線の安全神話を揺るがす。運行や技術の面だけでなく、あらゆる可能性を想定した安全対策の見直しが必要だ。

=2018/06/16付 西日本新聞朝刊=

***********************************************************:
 引用以上

 2004年10月23日17時56分頃に新潟県中越地震が発生し、震央に近い上越新幹線浦佐駅 - 長岡駅間の滝谷トンネル北側坑口付近を走行中だった東京発新潟行き「とき325号」の7・6号車を除く計8両が脱線した。
 地震発生当時、同列車は長岡駅への停車のため、約 200 km/h に減速して走行中であったが、早期地震検知警報システム「ユレダス」による非常ブレーキが作動し、脱線地点から約 1.6 km 新潟寄り、長岡駅の東京寄り約 5 km の地点で停車した。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E8%B6%8A%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%E8%84%B1%E7%B7%9A%E4%BA%8B%E6%95%85

 上越新幹線では、中越地震に伴って時速200Kmで走行中に脱線事故を起こした。このとき、10両編成のうち8両が脱線し、1.6Kmを暴走したまま停止したが、高架からの転落など、大惨事にならなかった理由は、たまたま、この区間に、排雪溝が設置されていて、車輪が溝にはまり込んで奇跡的に線路から逸脱を避けることができたからである。
 これは、新幹線の安全設計でもなんでもなく、単に偶然の奇跡にすぎない。

 2016年4月、熊本地震の前震によって、九州新幹線の回送列車が、再び脱線した。
 https://www.sankei.com/west/news/171130/wst1711300023-n1.html

  6両編成の回送列車が熊本駅の南を時速約80キロで走行中、運転士が衝撃を感じて非常ブレーキをかけたが6両全てが脱線した。乗っていたのは運転士だけで、けがはなかった。
 報告書によると、地震でレールが左右に揺れたため、列車の車輪がレールに乗り上げて脱線。現場の揺れは震度6弱~6強だったと推測され、運転士は縦揺れを感じてブレーキをかけた後に激しい横揺れに襲われたという。

 熊本地震の場合は、これも偶然、回送列車で乗客がおらず、80Kmという低速で走行していたため、脱線防止ガードが未整備だったにもかかわらず、大惨事を免れた。

 JRは、新幹線の最高速度を上げて、世界的な競争に打ち勝とうと必死になっていて、一部区間では、時速320Kmという航空機なみの運行速度も始まっている。
https://www.asahi.com/articles/ASLDV65ZRLDVUTIL04L.html#:~:text=%E8%A8%AD%E8%A8%88%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%9C%80%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%BA%A6,%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E9%87%9D%E3%82%92%E5%9B%BA%E3%82%81%E3%81%9F%E3%80%82

 設計上の最高速度が一律時速260キロに抑えられている整備新幹線区間の中で、JR東日本は東北新幹線の区間(盛岡―新青森)について騒音対策を施し、320キロ運転を実現する方針を固めた。

 東海道新幹線、時速362キロでの試験走行を報道公開 N700Sで米原〜京都間
  https://www.traicy.com/posts/20190607114779/#:~:text=%E9%80%9A%E5%B8%B8%E3%81%AF14%E4%B8%A1%E3%81%AB,%E6%99%82%E9%80%9F285%E3%82%AD%E3%83%AD%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82

 東海道新幹線の、営業用運行速度は時速285kmである。一部、米原区間で時速300Kmに達することもある。
 これほどの速度で、南海トラフ巨大地震、東海地震に遭遇した場合、いったい何が起きるのか?
 JRが速度アップに力を入れている事情は、中国や欧州などの列車メーカーと、営業輸出競争を行っているためで、速度競争は、安全性の著しい低下を招いているのではないか?

 上越地震や熊本地震での脱線は、「震度6」で起きたと報告されている。これは最大震度ではなく、まだ上がある。南海トラフM9巨大地震が起きた場合、新幹線の多くの区間で、震度7が予想されている。
 こうなれば、全国で、一斉に数十編成の新幹線の脱線が免れないだろう。

 ここで、時速300Km近い速度で運行している新幹線が脱線した場合、何が起きるのかを我々は、シュミレーションしておく必要がある。

 時速300kmで走行中に巨大地震発生! 助かる方法はあるのか?
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/35386?page=1

 1985年8月に、日航123便が、非常に不可解な墜落をした。ボーイング社の圧力隔壁修理ミスによって機体が運行中に破損、墜落したと説明されているが、なぜか、ボーイング社への賠償請求も事故責任処分も一切行われていない。
 相模湾の浅い海底に沈んでいる尾翼破片も、不可解に放置されたままだ。(政府が秘密裏に回収したとの報告もある)

 この墜落時の速度が、たくさんのレポートがあるものの、時速200Kmから600Kmといわれているので、ちょうど新幹線が地震で脱線して、線路から飛び出して高架下に墜落したのと同じ程度の衝撃と考えられる。
 どんなものだったのだろう?

  「あんなの人間の遺体やない!」日航機事故で娘3人を失った夫妻の怒り
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/44748?page=1

 1985年夏「日航機墜落事故」、発生直後に駆けつけた3人が目撃したもの
  https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49441

  御巣鷹山・日航機墜落から33年…今明かす、私が事故直後の現場で見た真実
 https://biz-journal.jp/2018/08/post_24399.html

 上にリンクしたように、たくさんのレポートが残されているが、どれも、あまりの凄まじさに、想像力を超える残酷さだったという感想が共通している。
 詳しくは精神衛生によくないので、書かないことにする。

 つまり、新幹線が時速300Km近くで走行中に脱線し、1300人あまりの乗客が、線路から飛び出して地面に激突したとき、ほぼ御巣鷹山の大惨事と同じことが起きるということだ。

 これまで、60年近い運行で、事故死者は皆無という実績は、本当に偶然の奇跡にすぎなかったことを、上越地震と熊本地震が教えている。
 もし上越新幹線に排雪溝が設置されていなかったなら? もし熊本新幹線が回送列車でなく、時速200Km以上だったなら?
 それが常態であって、たまたま二回の奇跡が続いただけなのだ。

 新幹線は、南海トラフ巨大地震が起きたとき、時速300Kmで、たくさんの列車が運行されていて、震度6以上の揺れで、相当数の脱線事故が起きる。そのなかには、脱線ガードのない状態で擁壁を突き破って市街地に落下するものも少なくない。
 地面に激突した車両は、日航123便と同じように、とんでもない残酷な結果を招くだろう。

 私は、新幹線が時速300Kmで運行しなければならない理由に強い異議がある。
 「狭い日本、そんなに急いでどこへゆく?」(1973年)
  https://www.youtube.com/watch?v=lBKJMvgATY8

 私の若い頃は、新幹線はあったものの、とても高額だったので、おいそれと乗れる代物ではなかった。
 名古屋から東京まで、各駅停車に乗って、二回くらい乗り換えて12時間以上かかってたどりついたものだが、途中、景色を眺めたり、駅弁を食べたり、「旅の情緒」を満喫しながら、旅行の楽しさを味わったものだ。

 時速90Km以下で走行する列車が脱線しても、衝突さえなければ、人身事故になることはない。
 次々に移り変わってゆく景色、山々と海と、大河川とを身近に眺めながら、心はウキウキ、楽しい思い出が残った。
 とともに、「遠方に旅する」ことの大きな意味、価値を感じたものだ。東京の繁華街に初めて立ったときは、まるで月面着陸したみたいだった。

 今では、わずか2時間以下の行程で、旅の雰囲気もあったものじゃない。
 「夜汽車の汽笛を聞きながら、遠くに旅立つ」
 というなんともノスタルジックな雰囲気は、もはや遠い過去の世界なのか?
 
 私は、もう「早く行きたい」という時代は終わったと考えている。
 人間の本質は、エモーションな人生観、「涙と笑いと友情と」男寅次郎の世界だと思う。 日本全国、旅をするのは、「人情を求めて」ということだ。
 だから、列車は遅いほどいい。できることなら、「自転車に乗って、安全な自転車専用道で、奥山目指して、旅を楽しむ」という体験を若者たちにしてもらいたいものだ。

 汗をかいて、筋肉を喜ばせ、その土地の人情に触れあいながら、ゆっくりと旅を満喫するのでいいんじゃないか?
 短い人生、そんなに急いで金儲けに邁進して、どうするんだ? 人情の楽しさを知らないで死んでゆくつもりなのか?
 竹中平蔵のように、他人を不幸にすることに喜びを感じて生きてゆきたいのか?

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数