FC2ブログ

Entries

近親相姦

カテゴリ : 未分類

 韓国では、かつて建前上、同姓同本禁婚法があって、同じ氏姓、同じ本貫のなかでの婚姻が禁止されてきた。しかし、これは1997年廃止された。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E5%A7%93%E4%B8%8D%E5%A9%9A#:~:text=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%A7%E3%81%AF%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1,%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

 しかし、現在でも、韓国民法によって八親等以内婚は禁止されている。日本の民放が三親等以内婚を禁止していることを思えば、近親婚に対する極めて強い警戒心があることが分かる。

 https://www.lec-jp.com/h-bunka/item/v226/pdf/200304_38.pdf
 
 なぜ、このような極端な法律が施行されているかという理由は、韓国の社会に、広く近親性交の伝統が存在しているからである。
 現在でも、韓国社会では近親性交に対するハードルが低く、兄弟姉妹、あるいは親子のなかで妊娠出産したという話は珍しくもない。韓国ツイッターでは、「兄に犯された妹」という社会現象が話題になったこともあった。

 https://plus.chunichi.co.jp/blog/pak/article/224/2212/

 これは、1900年以前、李王朝時代に、朝鮮社会に広く「試し腹」という習慣があり、未婚の娘を父親が妊娠させて、「妊娠できる体」であることを証明してから嫁に送り出すという風習が広く行われていた。
 https://www.youtube.com/watch?v=b5oPEuLbu6I

https://0ccult.online/%E6%9D%8E%E6%B0%8F%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%A8%E3%81%AF-%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E5%88%B6%E3%81%A8%E8%BF%91/

 これを、奴隷制とともに廃止させたのは、日本の侵攻による1905年の朝鮮総督府令である。
 韓国社会は、世界でもっとも激しい差別制度が長く続き、女性の地位が著しく低かった。「女性は子を産むだめの道具にすぎない」という儒教的思想が広く浸透する徹底した男尊女卑社会だった。

 だから、今でも、統一教会が合同結婚式で、日本の娘たちを韓国の貧農の嫁にばかり送り込む理由も、性的奴隷として日本女性を利用することで、日本への復讐を果たすという文鮮明の指示によるものである。
 送り込まれた信者の日本人女性は、二度と、故郷に連絡を取ることさえ許されない、苦役ロボット、子作りロボットの地位に貶められている。

 だから、北朝鮮で、キムヨジョンが、すでに死亡したと思われる金正恩の代わりになって、国主として指揮権をふるえるかというと、儒教思想にあって、男のための道具にすぎない女性が、国主になれるわけがなく、必ず陳腐な人物であっても、別の男が登場してくることは確実である。

 韓国(朝鮮半島)において、女性蔑視と近親相姦が風習として広く浸透しているがゆえに、政府は、それに対して深刻な危機意識を抱いて、常識では考えられない八親等婚姻さえ禁止しようとするのである。
 なぜ禁止するのか? それは、遺伝上の深刻な弊害が無数に出てくるからだ。

 日本でも、かつて、大正帝が近親婚ゆえに、虚弱体質で、知的に劣った人物だったことが知られている。それゆえ、裕仁天皇は、近親婚の弊害を避けるために、明仁氏の嫁に美智子氏を強く推薦したのである。
 実は、裕仁天皇の父親は、西園寺八郎だったといわれている。大正帝に受精能力がなかったからだ。
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-333.html?m2=form

 明治帝は、西郷や大久保がでっちあげた南朝末裔を自称する長州奇兵隊の大室寅之祐だったが、大正帝の父ではなく、天皇家の近親者が父親だったといわれるので、近親婚の解決になっていなかった。
   
 韓国に広く根付いた近親婚の弊害とは?

 韓国人の遺伝子の特徴について
 米人類学者Cavalii-Sforzaの遺伝子勾配データによれば、 朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きな Genetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。
 
(文献:The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution.
1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0)

 韓国では、昔から若くて綺麗な娘達は中国に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。
遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が大多数見つかっている。

 ◆umiushiakaiドイツで人類のゲノム解析やってる大学教授の話
 朝鮮民族は近親相姦の物と思われるゲノム上の痕跡(修正不能)が多すぎて、他の民族では考えられない異常な近親相姦を、民族として繰り返してたと思われるあまりにショッキングで常軌を逸した内容なので、そのゲノムの発表は出来ない。

 また、朝鮮人男性の40%に発症すると言われる統合失調症も、それが原因である可能性が大きい。異常な民族と言わざるを得ない。

出典 http://matome.naver.jp/odai/2136136228419314801

****************************************************************

 上に指摘されているのは、近親相姦がもたらす遺伝上の弊害として「統合失調症」の多発が挙げられている。
 かつて、大韓航空の経営者一族の娘が、出されたナッツが気にくわないという理由で旅客機を止めてしまい大問題になった。

 https://www.youtube.com/watch?v=uiYPvvOY3jE

 これはナッツ姫副社長だけでなく、母親の「水かけ姫」まで巻き込んで韓国社会を震撼させたが、結局、財閥の問題というより、韓国人社会に広く蔓延した「ぷっつん体質」=統合失調症を反映したものである。

 韓国人には、昔から「火病」と呼ばれる一種のヒステリーが知られていた。
 https://www.youtube.com/watch?v=U4T_Cu7Phlg

 https://www.youtube.com/watch?v=ZU9uBfKBkk8

 この症状は、大韓航空ナッツ姫をそのまま表しているし、韓国人による政治集会を見ると、必ず現れている体質で、興奮したまま焼身自殺したりする人が枚挙にいとまない。
 この原因が、100年前まで文化として存在した「試し腹」や、近親相姦の風習がもたらした悪い結果というわけだ。

 近親婚の習慣は、実は日本にも地域によっては風習として残っている。
 私が、40年ほど前に、揖斐川町の徳山ダム建設予定地に、民俗学の調査として入ったとき、現地で、たくさんの実例を取材したことがある。
 当時、1970年代だが、まだ徳山村予定地には、平安時代から続く古い集落が残っていて、飲食店の経営者などと話し込んで、民俗に関するたくさんの情報を得た。

 このとき得た情報としては、祖父が孫娘を犯して妊娠させてしまうという例が数件確認できた。妊娠した胎児は、堕胎などせずに、産んで親戚が養子として育てることが多かった。娘は、別の男に嫁いでいった。

 徳山村は、西日本の「夜這い文化」が盛んな土地で、当時、まだそれが生きていて、年頃の娘が近所に赤飯を配ることが合図で、娘は家の離れに寝泊まりして、夜這いに備える。若者たちは、真夜中になると、そこに順次押しかけてゆく。
 どこの家にも離れがあり、その出入り口は、茶室の「夜這い戸」という小さな「にじり戸」だった。
 千利休による茶の文化とは、実は、夜這い文化に寄り添ったものだったのだ。

 ちなみに、娘が妊娠すると、娘が夜這い若者のなかから気に入った者を婿に指名できる権利があり、それを断ることはできなかった。赤子の父親は誰でもよかった。
 津山三十人殺し事件も、実は夜這いを断れた若者の怒りから始まった事件なのだ。

 こうした夜這いは、近親婚と直接の関係はないが、そんな自由な性風俗の雰囲気が、近親婚と同じ効果をもたらした現実があったのだ。
 「祖父が孫娘を犯す」という事件も、当時の西日本性文化では、ありふれたものだったということだ。

 それゆえに、近親婚の習慣は、西日本の夜這い文化が最近まで残った地域に多く見られる。私の実姉が兵庫県の寺の大黒なのだが、旦那の住職も、いとこ同士の子供である。
 私の身近に、そのような近親婚者が多数いる。

 彼らを誹謗する意志はまったくないが、おおむね近親婚者の子供たちは、韓国民と同じで、突然怒りっぽくなることがある。
 遺伝的には、聾唖者が多くなったり、非常に珍しい遺伝障害を引き起こして長生きできない者が少なくない。また知恵遅れも起きやすい。

 突然、興奮して我を忘れて怒り狂うような傾向があった場合、驚くよりも、両親の近親度を見るべきだ。
 これは、年齢とともに治ってゆく場合が多いので、それほど気にしても仕方ない。
 それが犯罪や事故に結びつかないように、優しい気持ちで見守る必要があるだろう。

 「韓国人の火病」は、もはや一つの文化として昇華してしまって韓国民のパーソナリティに同化しているので、それを批判されても、何のことか分からないだろう。
 しかし、そうした火病文化が、韓国社会に与えている影響は、決して小さなものではない。
 火病は、外部から、お節介がましい干渉によって治療できるようなものではない。
 我々としては、静かに見守り、自分で気づくのを待つ以外にないと思う。

 この遺伝的異常というのは、実は、日本人全体にも広く存在している。
 私もまた、その一人で、子供の時はADHD児童であった。今でも、ひとつことに集中しすぎて、全体の自分が見えなくなることもある。
 だが60台後半の私は、もう自分の異常さを治療するチャンスがない。

 まあ、長い経験から言わせていただくと、完全無欠に正常で、何もかも完璧な人物は見たことがない。どんな人物でも、必ず欠陥を抱えているもので、アラを探し始めれば山のように見えるのが普通である。
 もし、完全無欠なカルマのない人物がいたなら、この宇宙で2番目に下等といわれる地球に生まれてくる意味が存在しないのである。 

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数