FC2ブログ

Entries

中国共産党による恐怖の遺伝子収集・コロナ禍問題

カテゴリ : 未分類
 中国共産党による恐怖の遺伝子収集

豪州シンクタンク「中共が男性DNAデータの大規模収集」強制臓器摘出と関連か【禁聞】
https://www.youtube.com/watch?v=wiBygpifnFI
*****************************************************************
 中国共産党政府が、全中国人男性のDNAをデータベース化している。
 この理由は、まったく不明で、合理的根拠が存在しない。国際人権条約にも完全に違反している。

 唯一、理由として考えられるのは、法輪功参加者やウイグル人に対して行っている、臓器売買のための適合検査を、すべての中国人に対して行うことである。
 つまり、中国共産党に巣くう臓器売買利権者が、非常に儲かるので、臓器収奪対象を全中国人に拡大したことを意味している。
 特定のDNAにマッチングした臓器が必要になった場合、その人に適当に罪を被せて連行し、生きたまま臓器を奪って売り飛ばすことである。
********************************************************************

Zoomの危険性】中国共産党が日本人の遺伝子情報を兵器開発に利用!?【WiLL増刊号 #179】
https://www.youtube.com/watch?v=vksiCAT4Moo

 これは反中思想メディアのものではあるが、報道されていない客観的情報として重要である。
 日本国内で、「あなたのDNAを無料で検査し、毛生え薬を作ります」と宣伝して、日本人のDNAを収集している会社がある。
 これは表向き日本企業のフリをしているが、本当は中国共産党の作った日本人DNA窃取のための会社である。

 https://www.fancrew.jp/shop/id/77802/

 https://www.cloudoh.com/monitor

 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/28/news075.html

 https://www.technologyreview.jp/nl/a-new-personal-genome-test-is-free-but-only-if-you-bare-all-about-your-life/

 https://shopping.yahoo.co.jp/category/2500/45898/45916/list

 中国共産党政府が、日本人のDNAを窃取することで、どのような利益があるかというと、日本人だけを選択的に殺すことのできる医薬品、ワクチン、つまり「遺伝子兵器」を開発できるようになる。

 https://www.jsvetsci.jp/05_byouki/prion/pf113.htm

 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9458.php

 日本人に共通する遺伝因子が見つかれば、それを利用した微生物兵器を開発し、日本国内にウイルスを拡散させて、日本人だけを皆殺しにすることが可能になるわけだ。
 中国共産党なら、尖閣を強奪する手間のかかることをやるよりも、そんな生物兵器を作った方が桁違いに安く上がることになるので、十分に開発の必然性がある。

***************************************************************

 新型コロナウイルスも、中国武漢の生物兵器研究所から拡散したというのが、最近では定説になっている。
 https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200419-00174088/

 現在、安倍政権も中国政府も、コビット19ワクチンを来年にも全国民に強制接種する計画をたてているといわれる。
 そのワクチンなるものが、どれほど恐ろしいものか? 児玉龍彦氏が、具体的に解説している。

恐怖のワクチン接種

ワクチン神話を疑え!SARSで17年ワクチンができないわけ【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200624
 https://www.youtube.com/watch?v=y6W83Y85zJs

① 新型コロナ禍 楽観論について
 風邪と新型コロナ病の違いは、普通の風邪が上気道の炎症にとどまるのに対し、新型コロナでは、下気道や肺胞に強い炎症を起こす。
 その後、「サイトカインストーム」という免疫の劇症反応(抗原抗体反応に近い)が起きて、全身に血栓を作り、肺炎から間質性肺炎に移行して呼吸能力を奪う。
 全身の合併症が起こり、人工呼吸器が外せなくなり死亡することが多い。
 間質性肺炎に移行した場合は、治癒不能になることもある。

② コロナウイルスの特性
 RNA遺伝子であるため、DNAの千倍のスピードで変異を起こし、どんどん進化してゆく。
 ゲノム配列を見ると、武漢型と欧米型で異なり、東京型と埼玉型で異なるほど、もの凄い勢いで突然変異を起こして進化し、一人の人間ですら複数の新型コロナウイルスに複合感染している場合がある。
 新型コロナは、呼吸器だけでなく消化器系でも感染増殖するので、食品や糞便などが呼吸器なみの感染媒体となる。インフルエンザでは、唾液・痰・咳・くしゃみなどから感染する。
 
 ③ 感染経路

corona001.jpg


 第一次は、春節時期の中国観光客だった。(安倍政権は危険を承知で、これを阻止しなかった)第二次は、プリンセス号 第三次は、欧米からの帰国者、第四次、現在起きている感染爆発は、これまでの感染経路と異なる。
 現在は、1東京 2埼玉 3大阪 4九州の伝播ゲノムが確認できている。それぞれ、すでにたくさんの変異型が生まれている。
 
 ④ 現在の最大クラスターは東京
東京における感染爆発を止めないと、間違いなく全国に伝播し、大変なことになる。しかし、国も都も、ほとんど何もやっていない。感染研も情報公開をきちんと、していない。(何か利権が関与しているのではないか?)

 ⑤ 新型コロナウイルス、突然変異の恐怖は、ワクチンができなくなることだ
 変異し続けているコロナウイルスに対し、過去のウイルス型ワクチンを接種すると、かえって症状が悪化することになる。
デング熱ワクチンは、接種によって死亡率が上がり、国連が慌てて警告を発した。
 SARSウイルスの場合は、17年間を経ても、いまだにワクチンが作られていない。たくさんの治験例がすべて失敗しているからだ。

 ワクチンを打てば抗体ができるが、その抗体がサイトカインストームの原因になることは、現在のワクチン学の常識。ウイルスが突然変異を繰り返すため、ワクチンの適合性も変化することが理由。

corona002.jpg


 下手に過去のコロナウイルスに抗体を持っている人は、変異ウイルスに感染した場合、抗体を持たない人よりも、サイトカインストームを発症することが多くなる。
 ワクチンは、特定の抗原にのみ多量の抗体を作るので、免疫細胞を刺激して重症化(サイトカイン)を起きやすくする。したがって、自然免疫の方がマシということになる。

 ⑥ ワクチンのターゲットはN抗原でなくS抗原(ウイルス表面に出ているスパイク状突起)と考えられてきたが、S抗原でADE (抗体依存性感染増強)が起きると、中和抗原が作れなくなってしまう。
 以下の表で、アジアに感染者・重症者が少ない本当の理由は、自然免疫(交叉免疫)を持っている者が多いせい。
 (欧米では、もしかしたら不完全ワクチンを利用したことが重症化多発の原因かもしれない)
 今後、S抗原で変異が進むと、非常に深刻な事態になる可能性がある。

corona003.jpg


 ⑦ 抗体がいくらあっても、それが免疫になるわけではない。
 抗体が抗原にぴったり適合して、増殖を抑えて、はじめてワクチンが成立する。 ところが、コロナウイルスのようなRNA型は、突然変異が極めて激しいので、適合抗原の変異によって無力化してしまうことが多い。
 これがSARSのワクチンが成立しない理由になっている。

 したがって「ワクチンで新型コロナウイルスを制圧する」という考え方は間違っている。治療薬を開発しながら、極めて慎重に開発を進める必要がある。
 安倍政権が来年、新型コロナワクチンを全国民に強制接種すると主張しているが、これはとんでもない間違いだ。

 ⑧ 現在の新型コロナ特措法は、百年前のスペイン風邪に対する対策をベースとしていて、新型コロナとの本質的な違いをほとんど認識していない。
 インフルエンザは、高温と湿度に弱いが、新型コロナの場合は、消化管で激しく増殖するため、糞便に多量に含まれ、下水道で検出が可能なほどだ。
したがって、夏場でも、インフルエンザのような衰退劣化はありえない。

⑨ 安倍政権は「ワクチンができればオリンピックが可能になる」と主張している。
 11月に、IOCが最終的なオリンピック開催判断をするので、それ以前の10月に、総選挙を画策している。
 このときに、安全性が確立されないまま、新型コロナに関するあらゆる情報を封鎖、隠蔽して、危険な不完全ワクチンを強制接種するような政治的思惑を持っている可能性がある。
 現在、世界で500台が稼働している日本製の最高性能を持ったPCR自動検査装置を、日本政府(厚労省)は未だに認可を拒否している。

世界で活躍する日本の「全自動PCR検査機」でも日本では使えない?
  https://www.tbsradio.jp/490799

これは、厚労省が横やりを入れているものだが、日本政府にとって、PCR大量検査機器を導入することが、正しい現状把握につながることを恐れていることを意味している。 これまでPCR検査を厚労省が妨害してきた理由も、安倍政権が正確な感染数を把握されては困ることの反映である。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200509-00177769/

 ⑩ 正しい新型コロナ禍の対策は、大規模なPCR検査を行うこと。感染者を把握して隔離することしかない。とりわけ無症状感染者の把握隔離が大切だ。
 安倍政権は、これを一貫して拒否しており、これを提案している専門家会議を廃止してしまった。「無症状者が感染拡大」という指摘を撤回削除されたことも、「正しい提案」が耳障りで仕方ないということだ。
  https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200702-OYT1T50183/
 未だに、コロナ対策総責任者は、医学者ではなく、経済閣僚であるのは、日本政府だけだろう。

 ⑪ 厚労省の行った、新型コロナ簡易検査は、ひどい欺瞞に満ちている。

c0rona004.jpg

 

児玉龍彦教授のグループは科学的知見から、新型コロナウイルス以外のノイズを完全に排除してから検査したところ、最大1%だったにもかかわらず、厚労省の検査はデタラメの間違いだらけ、ノイズだらけの検査で0.1%と確定しメディアに公表した。

 加藤厚労相は、「抗体検査が不確実だから、すべてこれからは、国立感染研で検査を行わせる」と発表した。これは感染研に検査利権を独占させる意味しか存在しない。

  ⑫ コロナ禍が起きると、全国の大学が真っ先に逃げたことで、学問的検証が不可能になった。厚労相は、官庁周辺の関係者に予算を配分するだけになった。
 メディアは、官庁に忖度して言いなりになり、疑問を持とうとしないのでチェック機関としての機能が存在していない。

 ⑬ PCRは全員検査が必要だ。検査後、隔離などのシステム化と準備をきちんと構築しないと、とんでもない結果が待っている。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数