長い闇の開ける音

とうとう安倍晋三・麻生太郎政権の崩壊が確実になり、来月か、再来月にも新しい政権が5年ぶりに登場することになりそうだ。

もし、これほどの汚職、殺人罪なみの刑罰のある公文書隠蔽改竄を政府機関が平然と繰り返す体質が暴露されて、なお政権が居座り続けることができるとするなら、もはや日本国家は存在しないに等しい。
もちろん日本国憲法も存在しない。刑法民法でさえ政権が公然と放棄無視することができ、泥棒でも殺人でも、政府でさえあれば何でもできるというに等しいのである。

これをなんというのか? 法治国家とは絶対に言わない。独裁ファッシズム国家というのである。
これこそ安倍・麻生の目指すところだろうが、まだ日本は、そこまで安倍の思う壺にはなりそうもない。
安倍に変わって首相の地位を虎視眈々と狙う勢力が自民党内で息を吹き返しているからだ。

 すでに自民党の長老会により「人心一新」つまり安倍政権更迭を掲げて準備が始まったと報道されている。
https://www.sankei.com/politics/news/180419/plt1804190007-n1.html

ウソの上にウソを積み重ねるような、人間性という観点で劣悪極まりない戦後最低の政権が、これほどまで長続きした理由の方が大問題であって、安倍政権を支えてきた背後の力、正体を認識しておかないと、首がすげ変わっただけで政権の中身は何一つ変わらないということになる。

 安倍政権を支え続けた本当の正体は、アメリカ=CIAであると断定するしかない。

 過去1世紀、CIAは、他国の選挙に81回以上介入してきた
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12237022306.html

 CIAは1947年に米国家安全保障法によって成立したが、その前身時代から、各国、とりわけ戦争相手であった日本への関与を強め、革新勢力を憎悪し、親米追従政権だけを、あらゆる陰謀手口を使って成立させてきた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%B1%80

 日本占領期、岸信介、賀屋興宣、正力松太郎、児玉誉士夫、笹川良一、田中清玄、笠信太郎、緒方竹虎、野村吉三郎などをCIAの協力者として、揺籃期の自由民主党に活動資金を提供、国内のアメリカニゼーションと政府の親米化に一役買った(WIKI引用)

 2010年に、早稲田大学の有馬哲夫教授が、米公文書館の秘密指定期限切れ書類を調べて、読売新聞社主であった正力松太郎が、CIAのコードネーム[ポダム]と呼ばれたスパイであった事実を発掘して公開した。

http://0012340.at.webry.info/201003/article_4.html

 書類のなかには、岸信介や中曽根康弘の名前もあったとされるが、日本政府が特別に公開を差し止める要請を行って隠蔽されたとの話も伝わっている。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=297629

 2006年7月18日に公開された国務省外交史料集によると、冷戦時代にはアメリカ政府の反共政策に基づき日本の親米勢力や、民社党などの野党内保守、右派勢力に秘密資金を提供していた。
 秘密資金の提供を受けたのは岸信介、池田勇人両政権下の自民党有力者と社会党右派(後に民社党を結党する勢力)とみられている。この結果、右派が民社党をつくり、日本社会党は弱体化することになった

 日本社会党を弱体化する目的で、民社党、西尾末広にCIAが資金提供していた事実が暴露され、これが社会党解体と総評解体、連合の登場に直接結びついていることも暴露された。
 
 つまり、戦後、自民党政権は、一から十までCIAがお膳立てし、選挙結果まで左右し、親米従属政権を作り出してきたことが、公文書から暴露されている。

 また、すでに暴露されている沖縄返還とバーターでの沖縄と日本本土への核兵器持ち込み、沖縄米軍基地の恒久化など、佐藤栄作内閣が、アメリカ政府と結んだ秘密協定についても、日本政府が、ほぼすべてアメリカの言いなりになっている構図が明らかにされている。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/okinawa_henkan/okinawa_henkan.htm

 CIAが戦後、日本国選挙に直接関与してきた証拠は山ほどあり、安倍晋三政権が成立するにあたっても、選挙結果を左右する工作を行ったことは確実である。

 とりわけ、何度も紹介しているように、安倍の父親である、安倍晋太郎が最大株主であった選挙システム提供企業ムサシの株は、そのまま安倍晋三に引き継がれていると考えられるが、ムサシの経営には、米CIA直属金融資本ともいわれるゴールドマンサックス社が関与しており、著名なCIA工作員であるピーターブリガーの名前がある。
 http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/334.html
 https://ameblo.jp/tamamocross2011/entry-11461820793.html


 スノーデンによるCIAとNSAによる日本国民監視の実態も、たくさんの報告書で暴露されている。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3965/index.html
http://democracynow.jp/video/tag-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3

CIAにとっての目的は、米国(実際にはユダヤ系国際金融資本というのが正しい)の利権に寄与するべき日本政府の維持であるから、別に安倍晋三の権力を守るべき特段の意味があるわけではない。

 アメリカのポチである意思を表明すれば、石破だろうが、野田だろうが、岸田だろうが構わないのだ。横一線にいるのは、この三名に加えて菅だろう。

 安倍が長期間にわたって政権を維持できたのは、アメリカの権益に徹底的に奉仕する、この上なく従順なポチとしての可愛さがあったからにすぎず、アメリカにとって、戦後、もっとも扱いやすい、飼い慣らしやすいポチ首相だったからである。

 したがって、アメリカが指図するであろう次の政権も、角栄のような主体性のある宰相が一番困る存在であり、安倍に準じてアメリカの言いなりになる操り人形であってもらわなければ困る。

 野田は自民党内の男尊女卑思想に加えて、旦那が暴力団員という事実から、排除されることになり、石破も、妙に独自性を吹聴して、アメリカの言いなりにならない可能性があって、最後に残るのは、岸田か菅ということになる。

 二人ともアメリカのポチという観点からは、申し分のない経歴と思想であるが、自己防衛本能が強く、あたりさわりのない発言しか記録されていない。
 本当の心根が、どこにあるのかわかりにくいが、二人とも女性天皇に反対しており、男尊女卑の封建思想から抜け出していないようだ。

 ちなみに、立憲民主党の枝野だって、原発輸出に貢献した経歴から、アメリカのポチになる資格も備えている。
 むしろ日本国民の自民党に対する嫌悪感の醸成を見て、再び、一時的に立憲民主党に政権を手渡す可能性もなきにしもあらずだ。
 政権の行方はCIAジャパンハンドラーたちの思いつきにかかっている。

 要は、CIAの操り人形としての政権であってくれれば、見せかけが保守だろうが革新だろうが一向に構わないことは、第一次民主党政権の成立時の事情に似ている。
 しかし、ケネディがFRBの通貨発行権を取り上げて米国議会に戻そうとしたような反逆を志向した瞬間に、ケネディが見舞われたと同じ運命が訪れることになるだろう。

 現在、大半の議員が世襲の議員利権を享受することを前提に活動しており、正直、本当に日本の首相としてふさわしい人物はほぼ存在しない。
 この意味では、誰が首相になっても、日本民衆の権利に寄与する社会に変えてゆくことは不可能であり、戦争や国家崩壊の悪い方向にしか進むことはできないだろう。

 唯一、小沢党の三名だけが、本当の革新といえる活動を続けているが、彼らが政権を奪取できる可能性は万が一にもない。
 本当に日本社会が変わるには、巨大な崩壊が避けられず、ちょうど、敗戦後のようなどん底からの再出発を考えることしかできないと私は思う。

 まずは、日本を根底から崩壊させている最大の原因である「競争主義」からの離脱と、すべての人を平等として、人を愛する人生観を窮乏のなかに見いだすことから始めるしかないだろう。
 どんなことをしても、出口王任三郎が予言したような「大峠」つまり、日本社会の完全な経済力と価値観の崩壊を経験することなくして、新しき良き社会への出発は無理だと考える。

**************************************

 ツイッターのアカウントを凍結されてしまって、20年以上にわたって続けてきた宏観前兆報告ができなくなってしまったが、島根地震以降、非常に激しい宏観が続いていて、行徳データも復活し、異様な巨大さに恐怖すら覚える。

 私への嫌がらせを続けてきたゴミどもが、理解能力皆無のイチャモンで宏観情報を嘲笑しているが、元々連中の知能で宏観観測を理解するのは不可能だと分かってるから、特に言うこともない。

 この半月ほどで、震度5クラスが二回、しかし本当に心配なのは、愛知県で起きたこの地震だ。

http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20180414061713395-14151331.html

 この震源地は中央構造線の直上で、熊本地震から始まって、四国に渡り、さらに紀伊半島を横断して、とうとう知多半島に達した。
 当然、これから三河湾を横断して豊橋から天竜川、リニア巨大トンネル工事中の青崩峠周辺を経て諏訪・松本方面に向かい、やがて千葉に達する。
 中央構造線は、千年に一度巨大活動をするといわれ、今、まさにそれが始まって、とうとう天竜方面に達し、フォッサマグナ、糸魚川・富士川線に合流しようとしている大変なタイミングだと判断している。

 中央構造線とフォッサマグナは不可分の日本巨大断層であり、阪神大震災から始まった巨大地震連鎖も、とうとう千年に一度、日本列島中央部を直撃するタイミングに達したのだと思う。
 このような地殻変動では、地震だけでなく、気象も激変に次ぐ激変ということになるだろう。誰一人、一度も経験したことのない天変地異が民衆生活に襲いかかることになるだろう。
 
 さらに、311巨大地震ど同様に、再稼働された原発を直撃し、再びフクイチの惨禍が繰り返されるだろうと確信している。
 反省皆無の日本支配層には、何度でも同じ地獄が襲いかかるのである。

 安倍政権が、このスーパー地震に対応できるかといえば、絶望の一語であって、日本国民は過酷な塗炭の生活地獄に叩き込まれることになる。
 私は30年も前から、いわゆる「大峠」に何が起きるのか考え、対策をしてきているが、起きうる事態が、あまりにも凄まじすぎて、想像力さえ働かない彼岸の事象になると予想している。

 とりあえずの根拠は行徳データだが、前回にも似たようなデータが出たとき、実は何も起きなかった。正確にはインドネシア方面で巨大地震が起きたが、日本では起きなかったので、20年前のような百発百中の前兆ではなく、信用すべきではないかもしれないが、とりあえず、警戒するに越したことはない。
 明らかにM8・M9の前兆データである。

http://earthq.system-canvas.com/
http://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=M_KTR&dir=VERT

 このハイレベルスパンが完全収束すると、数日後(ときには数十日後)に巨大地震が起きる。最近では当たらないことも増えているので、騒げないのが残念だ。

**********************************

 ついでだが、私が事故直後から、フクイチ事故の本当の結果は、5年後からの発症、7年8年後のピークと常々語ってきた。
  稀勢の里、大谷、清宮への懸念も予想どおりになった。角界の故障者の多さは目も覆うばかりだが、これも予告したことだ。
 
 本日、千葉の友人から、千葉県在住の同期者の大半が、定年を迎えることなくリタイア、退職してしまったとの報告を受けた。
 これも予想していたことだ。
 今年は、フクイチ事故から7年後、被曝障害のピークを迎える年なのである。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 余談です。
> 出口王仁三郎の仕組みの話題を仰っていたので申します。
> 私の友人は奈良県在住で、大本教の信者です。
> その彼の叔父にあたるお方は(戦艦大和)に出撃する前に乗り込み、大和神社の摂社をするために乗船した経歴があります。
> 叔父さんが祭ったから大和は沈没したのだ。と笑っていますが、歴史に残る興味深い出来事に携わったことには違いありません。
> 大和神社の現在の宮司様にも確認済み(今から7年ほど前に面談しました)で、本当の出来事です。
> アマさんが以前から出口王仁三郎の仕組みを取り上げてサイトで話しておられる事は何か不思議な縁を感じます。

 ありがとうございます カンパは必要ありません 王仁三郎とは不可解な縁があります

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> アマさん、ご無事でいらっしゃいますか?
> くれぐれもお気をつけて。
> これまで心強い情報源だったアマさんのツイッターを、
> 悪の手下どもの工作によって拝見できなくなってからというもの、
> ますます大きくなってきた感のある自然界の異変に、
> 神様が我々に呆れて、見限ったことの表れだとも感じています。
>
> 私も親や友人を避難させたい所ですが、
> 自身は生活力不足な上、友人は危険を無視する人。
>
> ここで死ぬのが運命かもと思い、若いころ貧乏していた親達に
> 少しは楽しい思いをさせてやろうと、自分が稼いだ金で
> せっせと旅行に(と言っても、年1~2回の、質素な国内旅行ですが)
> 連れて行っています。
>
> アマさんのその明晰な頭脳と豊富な知識は、ご両親から受け継がれた
> ものに加え、これまで筆舌に尽くしがたい苦労の数々を乗り越えて来られた結果
> なのでしょうが、天才のアマさんが羨ましいです。
>
> これからもお元気で長生きをして戴いて、どうか我々の心の灯でいて下さい。


ありがとうございます 
ツイッターに重心を置いていたのは老化現象で長い文章を書けなくなっていたせいですが、アカウントを凍結させられ、書くしかない状態に追い込まれて、逆に良かったかもしれません

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました
日本版CIA機関といえる電通が関与しています

コメントの禁止ワードが出る問題
おまかせ設定を解除しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

また、あした♡

~卓球・日本式ペンの繁栄~Byベル
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセス
現在の閲覧者数:
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード