スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tatisyoben.jpg
  警察国家への道 その4 治安維持法として濫用される軽犯罪法
.
 http://butcher.asablo.jp/blog/2006/08/20/492636
.
 【新宿署に十徳ナイフ所持で逮捕された。軽犯罪法違反、刃渡り6.8cmと調書に記載。海に行くときに持っていったままウェストバックに入れたままだった。持ち物検査されるまで十徳をもっていたの忘れてた。正当な理由がなく所持(入れ忘れは駄目)していたので違反だとされた。検察庁に調書と軽犯罪違反の調書とか反省文みたいなもの送られる。
 取り調べ所要時間 約1時間 左右の指、手のひら、横の指紋採られ、写真は 正面 右斜め横 横顔、 全身像。連れて行かれ 最初に警察署の取調室で
説明は、 まず、警察官から任意に持ち物検査を求められて、同意した。事の確認、(任意同行)
逮捕の理由、軽犯罪法の刃物の所持に関する罰則の説明、ここから本人履歴、身体的特徴現住所、本籍、出生地の確認、免許所持っていたので、それより転記、現勤め先、最終学歴、月収と家族構成体重、身長、足のサイズ、利き腕、眼鏡使用の有無 逮捕時の事、逮捕時間、場所、逮捕物の今回は十徳の購入ルート、マイルたまっていたのでANAかJALで貰ったのといつ購入したかの確認、かなり昔、5、6年前と言った。
なぜ逮捕されたか逮捕理由の再度説明 調書への署名、右手 人差し指による指紋押印 調書以外に2枚 計3枚にサインと押印しました。黒の特殊インキ。それから、写真撮影(Sony製のデジカメ)、指紋採取(NEC製) 新宿のヨドバシの前からてくてくと新宿署まで歩いていった。】
.
 2008年6月秋葉原無差別殺人事件の起きる数年前から、東京都内では警察の強引な職質逮捕事件が頻発している。これは、実は、筆者らがベトナム反戦デモに明け暮れていた35~40年ほど前に、すでに人権無視の職質検挙が常態化していた実態があったのだが、この十年ほどの警視庁の職質は当時よりもはるかに苛酷になっていて、秋葉原事件以降は輪をかけて凄いらしい。
 渋谷・新宿など繁華街に行った若者で、こうした強引な職質で不快な目に遭わなかった者は少ないだろう。
 弁護士で元国家公安委員長の白川勝彦氏までまで違法職質の被害者となったことで、ブログで危険な警察国家に対する警鐘を鳴らしているので、ぜひ読んでいただきたい。
 http://www.liberal-shirakawa.net/idea/policestate.html
.
 「罪を犯し、犯そうとしている疑い」がない限り現行犯逮捕はできないこと、市民には、令状のない職質・荷物検査・任意同行を拒否する権利があることさえ知る者がほとんどいない現状で、警察は、自分たちへの無条件服従が義務であるかのように主張し、当然の職権であるかのように既成事実化しているのが現状だ。
 911テロ以降、アメリカに発したテロ対策に名を借りた警察国家化が世界的に著しく、イスラム諸国まで警察による管理国家を加速させていて、その処罰も異常に苛酷化している。もちろん日本でも、刑法の運用が苛酷化し、30年前に比べると刑罰判例が五割以上厳しくなっているとの指摘がある。
.
 しかも、かつてなら犯罪として認識さえされなかった、立小便や撮影など、ありふれた日常行為までも重罪に値する犯罪と決めつけ、驚くほど苛酷な刑罰を与える例が激増しており、市民の自由は弾圧され、人々は警察国家の取締弾圧に怯えて臆病になり、卑屈な生活を余儀なくされている。
 市民的自由の欠乏は、芸能・芸術のレベルに顕著に顕れると最初に書いた。
 40年前、自由な市民生活のなかで、素晴らしい芸術文化が花開いた時代に比べると、現在の芸術界の低迷は、人々の精神が萎縮し矮小化している実態を鮮明に写しだしている。
 寺山修司や唐十郎らが与えてくれた奔放で血が騒ぐ刺激を求めようと思っても、永井豪の漫画ですら児童ポルノ犯罪と認定され追放されているご時世に、どこを見ても萎縮した、当たり障りのない、低俗な権力のポチ芸能しか見られない現状である。
 岡林信康も高石知也も、フォークルも、若き谷村新司も、もう現れないのだろうか? 若き筆者が無我夢中で興奮した新宿西口の、あの感動も、もう二度と味わうことができないのか?
.
 権力体制が大衆精神の臆病な矮小化を求めるの理由は、政権の最大の敵が、決して対立政党などではなく、本当は大衆の「自由な精神」であり、勇敢に権力と戦う者であるからなのだ。
 権力を維持するために、自由な精神を弾圧して、大衆を権力に怯える臆病者に仕立てることが、一番安易な体制運営法なのである。勇敢な反体制派を暴力と死刑によって徹底的に弾圧排除し、飼主に逆らわぬ家畜に仕立てることが政策の根元であり、このため教育・司法・軍事は、すべて反体制派を出さないためのシステムに作り替えられてゆくのである。
 権力が期待する人間像とは、「見ざる・言わざる・聞かざる」であり、権力の恐怖に怯えて、口をつぐむ者であり、言われたことしかできない矮小な精神性なのである。
 こうした人間性の愚民を作り出すことこそ、戦後、CIAスパイの元締、右翼国家主義者の黒幕として君臨した正力松太郎が布いた路線であった。
 一方で、プロ野球や芸能をエサとして大衆に与え、他方で警察力によって自由を弾圧し、臆病な愚民に貶める。そうして国家は、大衆が想像もできない原子力などの超高度技術と超絶兵器によって武装するというものだ。

 だが、こうした愚民化政策が成功するほどに、皮肉にも、権力の求める「強い国家」 「優れた技術」を産み出す国力・人間性は取り返しのつかないほどに衰退してゆく。
 なぜなら、それは伸びやかで自由な精神なくして生まれないからだ。日本が、40年前の自由闊達な社会と、あらゆる分野で、創意工夫が尊ばれ、世界的に大きな成果を挙げ続けた学問・産業は、人の自由・解放とともに失われていったのである。
.
 警察国家への道と題しているが、日本では、実は、すでに警察国家が実現して久しいのだ。すでに戦前、正力が作った特高警察システムと治安維持法によって警察社会が実現していたのである。
 大勢の自由を求める知識人や労働者が弾圧され、殺害された体制から、陸軍統制派による侵略暴走が産み出され、日本全体が地獄に引きずられていった。

 戦後は、70年前後をピークとする人間解放運動を嫌った資本家・自民党が、正力の統制システムを受け継ぎ、1980年代に、後継者といわれる中曽根康弘が、新たな警察社会システムを構築していった。
 あの時代、統一教会、原理研の若者たちが大量に自民党の選挙運動員となり、議員秘書となり、そして議員のコネを利用してキャリア官僚に採用されていった。
 その主な行先は、司法・防衛・教育だったといわれ、それから30年、当時採用された原理研信者たちが、今や検察・警察・文科省の幹部に就任している事情と、現在の管理社会の実態は無縁ではない。
.
 統一教会は、研究者たちが指摘しているとおり、キリスト教を名乗っているが、新約聖書など決して用いない。カトリックに近いが、独自の国家主義的教義を持っていて、世界の特権階級、フリーメーソン・イルミナティの走狗として活動していることが知られている。
 彼らの本質は、大衆に無数の格差、差別の階級を設け、コンプレックスを抱かせて対立させ、上の階級が下の階級を家畜のように支配する社会であり、朝鮮、李王朝の思想的根幹となった儒教的支配の適用といえるだろう。
 こうした差別社会で必然的に吹き出す不満、激情を、暴力と死刑で弾圧するシステムこそが警察社会の本質である。
.
 警察による国民支配の大きな武器となっているのが「軽犯罪法」である。これこそ、まさに現代の治安維持法といわねばならない。
 問題は、警察が職質において伝家の宝刀のように使う「軽犯罪法」の強引な曲解適用の悪質さにある。これは、今や民衆弾圧法と化しており、我々のあらゆる、ありふれた日常的行為を片っ端から違法行為として検挙逮捕できるよう恣意的に運用されている実態があるのだ。 軽犯罪法の乱用は以下のように行われる。
.
(1-2)正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者
 (→刃渡り6センチ以上の刃物携帯は銃刀法違反とされ、それ以下は軽犯罪法対象であり、ソムリエナイフでさえ携帯すれば逮捕理由にされる。職質で車に載せていたマグライトが凶器と認定され逮捕された例もある。文房具のハサミでさえ刃物と認定され、ポケットにあれば逮捕)
.
(1-3)正当な理由がなくて合かぎ、のみ、ガラス切りその他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯していた者
 (→ドライバーやペンチでさえ泥棒工具と認定され、職質・検問で発見されたなら逮捕される。車に保安工具として普通に搭載されているが、これも逮捕理由になる)
.
(1-4)生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの
 (→筆者のことか・・・余計なお世話だ。仕事に就けず、貯金で細々と生きているだけで逮捕理由になる)
.
(1-5)公共の会堂,劇場、飲食店、ダンスホールその他公共の娯楽場において、入場者に対して、又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機その他公共の乗物の中で乗客に対して著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑をかけた者
 (→筆者は、かつて警察官の職質に遭うと「バカヤロー」を連発したが、それだけで立派な逮捕理由。役所で役人がサボってるときに「ボケー!」とでも怒鳴ろうものなら、もちろん逮捕)
.
(1-8)風水害、地震、火事、交通事故、犯罪の発生その他の変事に際し、正当な理由がなく、現場に出入するについて公務員若しくはこれを援助する者の指示に従うことを拒み、又は公務員から扶助を求められたのにかかわらずこれに応じなかつた者
 (→公務員の指示に正当性があるか否かは問題でなく、一方的に服従を要求し、拒めば逮捕)
.
(1-14)公務員の制止をきかずに、人声、楽器、ラジオなどの音を異常に大きく出して静穏を害し近隣に迷惑をかけた者
 (→先天性大声は、それだけで逮捕、耳が遠い人がラジオを聞いても逮捕)
.
(1-20)公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でしり、ももその他身体の一部をみだりに露出した者
 (→スノボ国母の腰パンが袋だたきに遭ったが、もちろん逮捕。今後は、ヘソ出しルックも逮捕。ビキニも当然逮捕、18歳未満少女のビキニなら、それを見ただけで児童性犯罪として逮捕か・・・)
.
(1-22)こじきをし、又はこじきをさせた者
 (→ならば日本国と自民党を逮捕せよ!)
.
(1-26)街路又は公園の他公衆の集合する場所で、たんつばを吐き、又は大小便をし、若しくはこれをさせた者
 (→筆者はしょっちゅうだ。オレは犯罪者か・・・\(≧▽≦)丿)
.
(1-28)他人の進路に立ちふさがつて、若しくはその身辺に群がつて立ち退こうとせず、又は不安若しくは迷惑を覚えさせるような仕方で他人につきまとつた者
 (→職質の警官を逮捕しろ!)
.
(1-32)入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入つた者
 (→春先、田んぼの畦でツクシやワラビを採取する者たちは全員逮捕)
.
 第4条 この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあつてはならない。
 (→警視庁は、都条例で逮捕にノルマや報償制度を導入、これによって警官は実績を上げるために、無理矢理、犯罪をでっちあげるようになった)
. 
 字数制限から次回

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

また、あした♡

~卓球・日本式ペンの繁栄~Byベル
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。