FC2ブログ

Entries

競争と選別、序列化の教育体制

カテゴリ : 未分類
普段、視聴できないNHKが鮮明に写っている。
昨日よりも、さらに鮮明。大阪地震の前に同じだ。

過去の猛暑年は、いずれも大震災と関係がありそうだ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%9B%E6%9A%91

1993年までは比較的冷夏が多かったが、1994年から、一転猛暑に転じ、翌年、阪神大震災が起きた。

 記憶に著しいのは、2010年の夏で、40度越の市町村が続出した。翌年、311巨大震災が起きた。
 2004年もひどかったが、夏場には中越大水害が起き、年末には、中越地震とスマトラ巨大震災が起きた。

 今年の猛暑も、おそらく地殻変動と関係があると考えている。

****************************************


 私のブログには、一回につき数通のコメントが寄せられるが、好意的なものが半分、残りの半分は、ほぼ嫌がらせに等しい、悪意に満ちた嘲笑と侮蔑ばかりだ。
 もちろん不愉快だから、タイトルを見ただけで削除し、スパム登録するのだが、身元や連絡先の書かれたものについては、どんな批判的内容であろうと、礼節をわきまえたものと考え、必ず掲載している。

 ほぼ全部の嘲笑コメントが、こそこそと泥棒や詐欺師のように身元を隠しているものばかりで、人間性の卑劣さ、下劣さが丸見えで、こんなクズどもを相手にする気も起きない。
 内容も、中卒だとか痴呆老人だとか、朝鮮人だとか、下劣を絵に描いたようなヘイトばかりなので、取り上げる値打ちも絶無である。
 逆に、こんなことを書いていれば、自分の人間性を貶めて周囲からの人望も失い、不幸を呼び寄せるだけなのに、どうして運命を貶めるのか気の毒になるばかりだ。

 ツイッター時代から低俗な嫌がらせを繰り返してるYD87は、福島市在住を自称しながら、IPアドレスを検索すると、すべて東京のものである。
 自民党のネトサポ事務所か電通による嫌がらせ攻撃メンバーなのだろうと考えている。私を攻撃することで、いったいいくらもらっているのか気になるところだ。

 悪意に満ちた、超低俗誹謗コメントを性懲りもなく繰り返しているのは、YD87を含めて三名であるが、もちろん人間のクズどもの書くことだから、身元を隠すのに必死になっていて、自分たちが詐欺師であると表明しているに等しい。
 用語の使い方からして、まともな人間教育を受けている者ではない。

 こんな連中に絡まれ始めたのは、1996年にHPを開始して以来で、すでに22年になるのだが、これまで私に対して嫌がらせを繰り返してきたクズどもの大半が身元が明らかになっている。
 頭隠して尻隠さずとは、このことだ。ネット社会で、身元を隠し通せると思わない方がいい。

 本人は厳重に隠してるつもりでも、例えば@tokaihomo というアカウントで、私に徹底的な嫌がらせを繰り返しているIは、勤務先の無料スマホWiFiを使っているので、これで大垣S病院のアドレスだとばれてしまった。
 病院に連絡したら、Iが精神障害者であることを教えてくれた。

 我が家に、数万回の嫌がらせ電話をかけ続けた「ゲーゲーウーウー」は、結局、録音の中で、豊郷小学校のアナウンスが入ったため、身元がばれてしまって、罰金刑になったが、最後まで知的障害者のフリをして、警察まで騙し続けた。

 このように、IPアドレスやプロキシを使ってばれないつもりでいても、実は、たくさん残している痕跡を精査してゆくと、身元特定につながる情報など、いくらでもあるのだ。
 最近では、プロファイル理論も、たくさん解説されるようになったので、用語の使い方や、書き込み時間などから、たくさんの情報が取れるようになっている。

 IPから、閲覧サイトや使ってるOPシステムが分かり、サーバー2008を使ってることから、スパム業者の身元が推定できたこともあった。
 この男は、後に、他人のメルアドをハッキングして逮捕された。

 嫌がらせの中で「殺してやる」とう表現を使ってくれると、今は、昔と違って、このような表現が恐喝として証拠採用されて裁判では確実に有罪になるので、警察にも通報しても捜査対象になることが多い。

 以前、「私の家に火をつけてやる」と恫喝した男も、IPアドレスから特定掲示板への書き込みが分かり、たどってゆくと各務原基地所属の現役自衛官であることが分かり、本人のブログまで行き着くことができた。
 この男は、実際に、我家の前まで来たようで、我家の写真を撮影して、嫌がらせ目的でグーグルアースなどに投稿していた。
 警察に連絡したが、担当警官がやる気のないクズだったので、捜査もされず、悔しい思いをした。

 私に対し「殺す」と書いてきたのは、過去に数名いるが、こちらも、ただで殺されるのも困るので、返り討ちにしてやろうと、後始末用の穴まで掘って待機したこともある。
 また私が殺された後に、犯人が明らかになるように、敷地内にたくさんのカメラも常時稼働している。

 こんな対策が、熊の侵入に役だったこともある。我が家は、結構深い森の中にあるので、カモシカや鹿、イノシシなど、たくさんの動物などがいて、数年に一度だが熊もやってくる。役場からは、年に数回の熊情報、警戒メールも届く。
 裏山の敷地境界に、ワイヤーメッシュを張り巡らしたおかげで、熊やイノシシも、そして人間も侵入困難になって、いろいろ役に立つものだと思った。

 なんで、こんなに嫌がらせが多いのかというと、第一に反原発姿勢を鮮明にしていること。第二に反自民党、第三に反天皇制について、たくさん書いていることだろう。

 結局、自分たちの右翼的価値観からみて私の言論が、ひどく気にくわないと見えて、私に対するヘイト批判が絶えない。

 http://mcmm0942.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

https://togetter.com/li/323389

https://togetter.com/li/166993

私の言論活動をデマと決めつける者も多いが、彼らの文章を見てみると、放射能について、ほとんど何の知識もなく、被曝しても健康に何の影響もないと信じてるようだ。
 あるいは、電力企業の世論操作部隊なのかもしれない。
 この種の無知蒙昧は、結局書いてる本人に、まともに還ってくるはずなので、私としては放置して様子を観察したい。
 無知の結果を享受するのは自分自身である。

 なんで、これほどまで悪辣な誹謗中傷が多いのか、原因を考えてゆくと、嫌がらせを書いてくる連中に共通するのは、ひどい序列信仰があって、他人を見下すことで、自分の優越性を確認したいというお粗末なコンプレックスに支配されているのだと思う。

 私を、学歴がないとか貧乏であるとかの理由をつけて、自分より下の人間であると、見下したくて仕方ない姿勢がはっきり見えている。
 まともな大学も出ていないのに放射能や被曝について語るのは許せないとかの思いがあるのだろう。

 実際には、私は、この無知な連中の何百倍も深い知識から書いているのだが、彼らにとっては、原子力の専門家、肩書きのある人間によるものだけが、信用に足る言説であって、我々のような外部の批判者は、すべて軽薄なデマであると決めつけているわけだ。

 私が放射線取扱主任者の資格があると書くと、第三種であるとか勝手に決めつけ、中卒で何も知らない人間が、勝手なデマを書いていると私を誹謗中傷し、吹聴している。
 私が数十種類の国家資格を取得していると書くと、絶対にありえないデマ、ウソだと決めつける。
 なんとかして、私を信用できない人間だと宣伝したくて仕方ないのだ。

 私がウソを書いて何のトクがあるのか知らないが、私の書くこと、言うことは何もかもウソでデマだと決めつけるわけだが、彼らの知識を覗いてみると、お話にならない幼稚園レベルの無知ばかりで、論評の対象にさえならない。

 相手にするのも時間の無駄だが、彼らの絶え間なき努力のおかげか、私のツイッターアカウントは、五年前の何でもないツイートが自殺幇助だとかの冤罪をでっちあげられて永久追放になってしまった。
 こうなると、黙ってるわけにもいかないのだ。ツイッターによる情報交換の場を追放されたのは、みんなが想像する以上に大きな痛手である。

 まあ、経過から、私がブログ上に通常運転している原発が、人殺しをしているという記事を書いて、ツイッターで拡散しようとしたことが、電通や原発関連の気分を損ねて私を追放したのだろうと思っている。
 よほど出されては困る記事だったのだろう。私としては、ここまで原子力産業に歓迎されたのだから、ぜひ読んでいただきたい。

http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-340.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-342.html

  http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-345.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-347.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-349.html

  http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-351.html
 
 それにしても、日本は、なんで、こんな卑劣なクズばかり生み出してしまったのだろう?

 このブログでも繰り返し書いていることだが、保育園、幼稚園の段階から、子供たちに競争意識を植え付け、人に上下の優劣があるとの洗脳を続けている教育システムが最大の理由であると私は考えている。

 幼い内に、子供たちに競争させて、選別し、序列化してゆく教育体制は、「偉大な日本大好き」の国家主義者たちが戦前から仕組んでいるものである。
 競争させ、序列化し、「優秀な人間」を国家体制の中枢に置いて「強い日本」を育てようという魂胆なのだろうが、実は、こんな優越序列意識こそが、太平洋戦争を生み出し、450万人もの日本人を殺戮するファッシズムを育てたのである。

 上を見て、「エライ人」を心の中に作り出せば、必ず反対側に「えらくない人」まで作り出す。これは「心の弁証法」であって、どんな人でも、他人にコンプレックスを抱いた瞬間に、逆方向に「見下す人」まで作ってしまう。

 現実の社会は、どうかといえば、決して「エライ人」だけが社会を支えているわけでなく、社会の99%以上を、全然えらくない、普通の人が支えているのである。
 だが、学校における競争主義教育は、そんな現実には一切おかまいなしに、子供たちに優劣序列をつけて、勝ち組だけを持てはやすのである。
 これで、大半の子供たちは、現実とは無関係に競争によって定まる人間の序列があると勘違いしてしまい。
 市長、議員や、大金持ちや、教授や、タレントや、名の売れた人たちが立派な人間で、大卒でないとか、金持ちでないとか、権威がないとかだけの情報で、その人の本当の人間性が社会への貢献とは無関係に、評価の決めつけが行われるのだ。

 こんな差別序列化の競争主義教育は、社会に大きな問題を引き起こしている。
 私のところに、誹謗中傷にやってくるクズどもの大半が、こうした差別序列化に洗脳されていて、人を見せかけだけで判断し、劣っていると決めつけたなら、徹底的な嫌がらせ「イジメ」を開始するのである。

 こんな愚かな競争主義が、いったいどれほどのイジメと、それによる自殺者を生み出しているのか、きちんと考えてない人には未来はないと私は思う。



 

3件のコメント

[C694] No title

相手の学歴や地位をきにする。そういう人は、話の中身で判断が出来ない人。
そのように、私は思っています。
内容で判断できないので、学歴とか地位を見て、自分より上だと思えば頭を下げ、自分より下と思えば、踏みつけようとする、そのように思えます。

東海アマ様にまとわりつく金・地位・学歴歴信奉者は、つまり、理解力・判断力に置いて、いささか問題がある御仁であろうと、推察いたします。


山岸涼子の日出処の天子で、下級霊に憑りつかれるウマヤドのミコが出てきますが、それをイメージしてしまいました。
ウマヤドのミコも苦労していたので、アマさんも大変でしょう。
暑さに・下級霊に負けずに、この夏を乗り切りましょう。



  • 2018-07-22 14:59
  • 投稿者 : きなこ
  • URL
  • 編集

[C670] No title

学歴信奉に関してはやや曖昧ではと思います
中卒で総理にまでなった人もいますし
政治などと言う下品で如何様な生業ならずとも
尋常高等小学校卒で日本を代表する詩人となった石垣りん
この人を見れば学歴など履歴書の飾りに過ぎないことがわかります

自分も高卒ですが専門分野で大卒に引けを取ったことはありません
しかし大学へ行きたかったとは思います
奴隷を製造するのが第一目的の現行教育ですが
学びの中に真実の扉があるとも思えますので

[C669]

これから 日本人の自尊心の低さを高める教育やセラピー、それから第二次世界対戦で日本人は何をしてきたか、天皇というカルト宗教が日本を支配したこと、人殺しをしたこと、等日本人が無意識でなく、意識的に自覚しない限り、無意識に支配されてまたカルトに支配されて戦争になったりするのだと思います。だから ネトウヨは無意識に支配されたカルトな人だと。
  • 2018-07-17 22:43
  • 投稿者 : たま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tokaiama.blog69.fc2.com/tb.php/416-31c29050
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数