FC2ブログ

Entries

 韓国徴用工問題

カテゴリ : 未分類

  徴用工判決で問われる「日韓国交正常化の闇」  東洋経済
韓国大法廷の判決文を熟読してわかったこと

  https://toyokeizai.net/articles/-/247496

しかし実態は「1日8時間の3交代制で働き、月に1、2回程度外出を許可され、月に2、3円程度の小遣いが支給されただけ」だった。賃金全額を支給すれば浪費するから、と本人の同意を得ないまま、彼ら名義の口座に賃金の大部分を一方的に入金し、その貯金通帳と印鑑を寄宿舎の舎監に保管させた。

賃金は結局、最後まで支払われなかった。ほかの原告も当初の話とは全く違う苛酷な条件で働かされ、逃走しないよう厳しい監視下に置かれて、時に体罰を振るわれたと証言している。原告たちは当時まだ10代だったと思われる。

*******************************

 日本政府は、韓国徴用工を、募集した労働者という言い方に変える閣議決定をしたようだが、姑息な小手先の問題すり替えで、凄まじい強制労働の地獄を闇に葬れるわけではない。

 徴用工でなく「労働者」呼称に統一 強制連行のイメージ回避へ

 http://news.livedoor.com/article/detail/15575764/

韓国最高裁が新日鉄住金に対し、戦時中の朝鮮半島出身者への損害賠償を命じた判決を受け、日本政府は原告らの呼称を「朝鮮半島出身労働者」に統一した。

 従来、こうした労働者は「旧民間人徴用工」と総称していたが、原告らは強制連行されていないことを明確にするためだ。

 河野太郎外相は9日の記者会見で、「今回の原告は徴用された方ではない」と強調した。これに先立ち、安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で「今般の原告4人はいずれも募集に応じたものだ」と説明

********************************

 安倍晋三の上の説明は、安倍の十八番、真っ赤な嘘である。
 根源的な理由がある。
 戦前、朝鮮統治のなかで、日本政府=朝鮮総督府は、原則として、志願兵を募ったが、徴兵はしなかった。徴兵制が朝鮮で施行されたのは、1944年9月から翌年の敗戦までの太平洋戦争のなかで窮地に追い込まれた1年間にすぎない。しかし、その代替として、かなり早い時期から強制徴用をしたのであって、徴用工問題は、実は徴兵代替問題なのである。

 【1944年9月、日本政府は国民徴用令による戦時徴用を朝鮮半島でも開始し、1945年3月までの7か月間実施された。1944年9月から始まった朝鮮からの徴用による増加は第二次世界大戦の戦況の悪化もあってそれほど多くは無かったともいわれる。『朝鮮人強制連行論文集成』に記録されている証言では、徴用令には召集令状と同じ重みがあった】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE

 戦前の徴兵の苛酷さは、今にも伝えられている。五体満足な者が徴兵逃れや行方不明になったものなら、それこそ草の根分けて捜索され、発見されたなら、ただちに拷問的懲役に服せられた。
 第二等日本人と言われた朝鮮人の場合では、強制徴用が、徴兵に代わりに行われ、数百万人の朝鮮人若者男子が、日本本土に強制連行され、炭坑やダム建設、製鉄、重工業など、地獄のような仕事を強要されたのである。

 日本本土でさえ、徴兵義務から外れた女性や障害者などに、苛酷な徴用が課せられ、私の母親も、軍需工場に半強制的に勤務させられた。
 日本人でさえ、死ぬほどの苛酷義務が課せられたのに、ましてや二等国民と見下された植民地労働者が、徴兵の見返りとして、どんな目に遭ったか想像がつこうというものだ。

広島の発電工事
http://www.pacohama.sakura.ne.jp/kyosei/1206hiroshima.html

〈遺骨は叫ぶ⑩〉 北海道・雨竜ダム 未発掘の遺体そのまま、実態の解明急げ
http://eigyou.korea-np.co.jp/j-2008/06/0806j0121-00001.htm

http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/824.html

http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-1229.html

 私は、1970年代初め頃、高田馬場の人足寄場で知り合った在日朝鮮人の柳さんの下で鉄鋼解体などの仕事をして、戦争当時のたくさんの情報を収集することができた。

 私が柳さんから直接聞いた話では、朝鮮社会は、裸足で逃げ出したくなるほどの階級身分社会で、李朝による奴隷制度が1900年前後に廃止されて100年近く経ているのに、人々の意識には、強烈な差別が刷り込まれており、例えば、女性は「子を産む道具」でしかなく、子を産めない妻は「家」から追放される、江戸時代の日本の武家のような習慣が現代までにも息づいている。

 聞いていて耳を覆いたくなるのは、白丁(いわゆる穢多)、中民、良民、両班の階級のなかで、白丁の女性たちは、一切人権を与えられず、両班であれば強姦も殺害までも自由であったとされることである。
 白丁の女性たちは、見栄えが良ければ妓生という売春婦を強要され、そのまま日本軍に売り飛ばされた。
 こうした理不尽で激しい男尊女卑思想が、1970年代のベトナム派兵で、ベトナム人婦女子を大虐殺するような行動をもたらしたのである。

 こんな人間性がゆがんだ、優しさのない社会では、街中での強姦など序の口で、人を欺して慰安婦に叩き売ったり、労働者派遣を装って強制連行したりなど、ごく当たり前の社会だったという事実だ。
 現代韓国社会であっても、そうした女性蔑視思想が大きく息づいていて、女性は人間扱いされないので、韓国から日本に移住してくる女性たちの大半の動機が、韓国の男尊女卑社会に嫌悪感を感じ、女性が自由な日本で生活したいということであった。

 日本軍は、慰安婦を集めるにも、直接手を下すことは、なるべく避けて、多くは朝鮮人女衒を使ったが、強制連行労働者の場合も、軍が直接、人さらいをするよりも、朝鮮人のヤクザ組織を利用したといわれる。
 だが、だからといって、慰安婦が相手をさせられるのは日本軍兵士であり、強制連行の行き先は、日本の炭坑やダム工事現場であったのだから、日本人の責任は免れることはできない。

 安倍自民党が、閣議決定すれば徴兵代替としての強制連行の事実が消えるわけではない。強制連行された朝鮮人労働者に、職業選択や行動の自由は一切なく、100%奴隷としての扱いのなか、命まで奪われていったのである。

 1965年日韓条約のなかで、日本政府は朴正熙韓国政権との間に、戦前の人権侵害について、求償権を放棄させるような項目を設定していて、代わりに巨額の賠償援助を行い、これによって「漢江の奇跡」と呼ばれる、世界有数の経済発展を遂げたとされるが、これが、強制連行者の求償権を放棄させるものであったかについては、日本政府の勝手な思い込みにすぎず、朴正熙との個人的な取引にすぎなかったとの見解がある。

https://www.y-history.net/appendix/wh1602-100.html

 この、法的に曖昧な隙を突かれて、今回の徴用工訴訟問題が起きているのだが、一連の事情を振り返れば、実際に連行され、徴用された人々への補償問題を曖昧にしてきたのは日本政府であって、勝手な思い込みにすぎない、朴正熙との個人的な処理によって、「条約によって求償権が消えている」と決めつけるのは、国際法上、非常に疑義が多く、日本政府が国際司法裁判所に徴用工問題を提訴すれば、負けるのは日本政府である可能性が高い。

 1965年当時の朴正熙政権は、李承晩を武力で追放したクーデター政権であり、反対派を武力弾圧し、数百万人を殺戮したと言われている。
 当時の韓国に民主主義は存在せず、絵に描いたような朴正熙独裁政権であり、それが強制連行者への補償を餌に3億ドルを日本に要求し(当時のレート360円で1000億円だが、実は、総額では6000億円ともいわれ、現在価値に換算すると10兆円近い) 、佐藤栄作政権が朴政権に賠償の名目で贈与するという形を取ったものが、これで強制連行者の求償権は消滅したとするには、あまりに無理が多いのである。
 求償権が消滅していないという韓国最高裁の判断は、国際法上は正しい可能性が強い。ガタガタ文句を言っているのは、自民党政権とネトウヨだけなのである。

 したがって問題は、戦前の強制連行、とりわけ1944年9月以降、1945年8月までの1年間の強制徴用=連行の法的立場が決着を見ていないこと。
 朝鮮総督府支配下の朝鮮の人々が、本当に日本人としての、教育、私有財産の権利を付与されていたか?、同時に、徴兵の代替としての徴用義務が合法であったのかが問題になる。

 また、これらの解釈の背後には、安倍晋三の祖父、岸信介が経営した麻薬販売組織=昭和通商の悪事が暗い影を落としている。
 もし、岸(里見甫ら)の悪事が、今後、露呈することがあれば、韓国問題は、さらに複雑な局面を迎えることになるであろう。

  http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-320.html

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ae38ba33efaa7b23f93d3c8364473309

3件のコメント

[C1713] NWOを暴露しないから、反対するのもヤラセ

えいこさんのツイート: "??#ヤバすぎる緊急事態条項 arc世界連邦政府憲法試案、基本原則、ブログ等が削除された→https://t.co/nOIKYGvVxa arcの雑誌だけは販売。金平茂紀、安田節子、堤未果、想田和弘、内田樹、茂木健一郎、浜矩子、津田大介、俵万智、辛淑玉等の世界連邦運動

https://twitter.com/eiko123223/status/1061429261343457280

[C1709] 在日つかこうへい氏の発言意図は?

20140725.庚申川、朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑 - YouTube
白河市並に汚染された足尾市庚申沢

https://www.youtube.com/watch?v=TBjBh6xqjX0

強制連行は、無かったと以前に述べた戦後生まれ在日の つかこうへい氏!単なる無知か、劇団主催者のしがらみか? 

[C1706] No title

歴史資料的風化出来ない価値のある戦中の強制労働者の問題を扱いは素晴らしい。米国のDEEPSTATE傘下の韓国とその最高裁は日本も同様に政治的意図(軍事費増強の為の対立構造蒸し返しと他の重要問題の注意をそらす)を無視し難問である植民地での非人間的労働徴用の物質精神的補償の可否は判決原文を読まないと分からないが、東京新聞の解説は非常によい。日鉄が直接加害者従たる賠償者で敗戦政府が主たる賠償者、韓国政府は主たる賠償金受取人だが、労働者には未払いで精神肉体の苦痛が継続する。請求権は時効にかかるのは韓国も同様だろう。しかし請求権の逆の側面たる抗弁権は独逸民法のよう時効消滅しない解釈も可能で韓国最高裁は認めたのだろう。政府は従たる賠償者新日鉄に求償権を行使すればいいが、新日鉄は献金をゼロにする相殺を援用すれば丸く収まる。それとも国際司法裁判所判事(小和田さん?)を掴んでいるから安心と言いう訳か?
  • 2018-11-10 22:58
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tokaiama.blog69.fc2.com/tb.php/540-7e88956c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数