FC2ブログ

Entries

自民にCIA資金  50年代後半~60年代の初め 米外交史料が刊行

カテゴリ : 未分類

 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-07-20/2006072002_03_0.html

 自民党など親米政治家らに対し、米中央情報局(CIA)が一九五〇年代後半から六〇年代初めにかけて秘密資金を提供していたことを記載している外交史料を十八日、米国務省が刊行しました。

 自民党と同党議員への秘密資金援助は、九四年十月に元米外交官の証言を基にニューヨーク・タイムズ紙が暴露。本紙も当時、元駐日大使が米国務省に送った秘密書簡で、「岸(信介元首相)の弟の佐藤栄作(元首相)が共産主義者とのたたかいでわれわれに財政援助をせがんでいる」と述べていたことを報じました。

 今回発刊された『米国の外交』第二十九巻第二部によると、アイゼンハワー政権は、日本への政治的影響力を強めるため、五八年五月の衆院選挙前に、少数の親米的、保守的な政治家に一定の秘密資金援助や選挙のアドバイスを提供することをCIAに許可し、この資金援助計画はその後の選挙運動を通じ六〇年代まで続けられました。

 また、同政権が五九年から親米派や「信頼できる」野党勢力を伸ばすために、左派勢力の分断を狙った秘密資金援助計画をCIAに許可していたことも明らかにしています。

 これらの資金援助は、ジョンソン政権によって必要ないと判断されたことや、露呈した場合のリスクに見合わないことなどを理由に、六四年に段階的に廃止されたとしています。
引用以上
************************************

   アメリカ政府=CIAから自民党に、対米盲従路線を続けさせるための秘密資金が渡ったのは、敗戦後、一貫している。

 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1987.html

 https://blog.goo.ne.jp/takizawas/e/fa9b9dd65c4c93b3516c8ce2341400be

 正力松太郎や岸信介、賀谷興宜ら死刑になるべきA級戦犯が不可解に釈放され、その後、自民党におけるCIA工作員として、日本の対米従属=売国政策の主役になっていったのも、太平洋戦争でアメリカを驚愕させた強力な戦闘能力を見せた日本国家を、二度とアメリカに反逆させないための、従属工作の一環であった。
 日本の、あらゆる軍事能力を禁止し、戦争志向のイデオロギーを排除させるまではよかったが、政権の安定を演出するため、世論や選挙の不正工作まで徹底的に行い、対米盲従と引き換えに自民党を常勝政権に仕立て上げたのである。

 また、芸能や文化工作でも、対米従属の価値観を洗脳するため、アメリカは膨大な介入を秘密裏に繰り返してきた。
 例えば、1960年代後半、岡林信康や高田亘らの反戦フォークブームが一大旋風を巻き起こすと、これをメディアから排除し、毒にも薬にもならない、イルカやかぐや姫による恋愛ものばかりのフォークに切り替えさせたのもCIAであったと暴露されている。(情報は削除された)

  https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54653

 日本だけではない、第二次大戦後、アメリカは、自国の権益を守るため、CIAを使って世界中の政権をコントロールしようとした。
 アメリカに不利益をもたらす政権については、国家元首や指導部の暗殺を繰り返し実行してきたし、各国の選挙システムに介入し、アメリカに都合のよい政権を当選させる不正工作を重ねてきた。

 以下、CNNニュースより引用

 http://parstoday.com/ja/news/world-i32790

 CNNが、アメリカ政府は1946年から2000年の間に、47カ国で行われた81の選挙に干渉したと伝えました。

CNNは、番組の中で、アメリカのメディアは昔から、アメリカの選挙におけるロシアの影響について調査しているとして、アメリカが世界各国の選挙にまったく干渉していないのだろうかという疑問が出ることはほとんどないとしました。

カーネギーメロン大学・政治戦略研究所の研究員は、CNNのインタビューで、アメリカの他国の選挙に対する干渉を社会学の観点から調査しているとして、アメリカは1946年から2000年までの間、47カ国の81の選挙に干渉したとしました。

この研究員は、1948年のイタリアの選挙に対するアメリカの干渉を例に挙げ、「アメリカは、選挙で共産党が勝利することを恐れていた、このため、全力で共産党の勝利を妨害した」としました。
引用以上
*********************************

 もちろん、それは今でも強力に続いていて、日本を対米従属させるために活動する工作員のことを「ジャパンハンドラー」と呼び、ジョゼフ・ナイやアーミテージ、マイケル・グリーンらが有名だが、対日工作員の大半は、実は地下に潜っているともいわれ、例えば、ケント・ギルバートや、デーブ・スペクターなどがCIA工作員だと噂されている。
 彼らに共通しているのは、反体制では絶対にないこと、自民党政権を支持する発言を、メディアにちりばめることである。

 http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/831.html

 これらの帰結として、小学生程度の論理力も説得力もなく、感情を爆発させることしか知らない自民党、安倍晋三政権が登場してきたわけで、当然、彼もアメリカ忠実な飼犬であり、徹頭徹尾、アメリカの利益に奉仕するためだけに存在していることが誰の目にも明らかな売国奴政権である。

 CIAは、自民党に巨額の政治工作資金を与え、日本会議や統一教会などの下部機関に、政治宣伝工作を行わせていて、我々のような反体制スピーカに対しては、猛烈な嫌がらせ工作を仕掛けてきた。
 それは2011年のフクイチ原発事故以来、極度の激しさに至り、2014年からは、常軌を逸したデータ捏造や、新聞記事などの証拠をネットから消し去る隠滅工作を大規模に行い始めた。
 フェイズブックやツイッターなどSNSには、自民党や日本会議から工作員が入り込み、勝手に、反体制的言論を削除したり、グーグルの検索順位を極端に落として人々の目に触れない工作を行っているといわれている。

 もちろん私も、排除対象となり、ツイッターからもアカウントが永久凍結され、私のこのブログも、グーグルで検索しても、東海アマをつけないかぎり、どんなに閲覧履歴がたくさんあっても、絶対に検索上位に表示されることはない。

 自民党内部でも、この種の言論弾圧部隊を抱えているといわれている。
 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-481.html

 https://biz-journal.jp/2015/04/post_9687.html

 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-18277.html

 http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/442.html

 ここで、2011年原発事故以来、ツイッターなどで反原発=反体制発言を続けてきた私に対し、どのような工作が行われているか、ごく一部を紹介しよう。
 ツイッターで、私に張り付いて嫌がらせ工作を行っていたのは20名ほどだが、現在、このブログに張り付いて世にも下劣で臭い、糞尿のようなコメントを毎日書き込んで来るのは、この半月ほどでは三名である。
 カイロと称する三重県在住の精神障害者のクズ、この男は、自分を医師と言ったり、議員と言ったり、自分は名士であるとの妄想のなかに棲んでいる異常者だ。
 それにツイッターから続いている@YD87 https://twilog.org/yd871 (自民党本部からの書き込み)
@らぶらぶMAC  https://twilog.org/love2mac2002jp =静岡県内の郵便局員のようだ。
 の三名で、@雷鳥2号は、統一教会から書き込まれていることを明らかにしたら止まった。

  全部、読まずに削除しているので、実は何が書かれているのか、今確認してわかったのだが、正真正銘の馬鹿や社会のゴミというしかない連中だった。

 カイロ=安倍政権はわずかな期間で庶民の給料を倍増させた。日本史上最長の好景気となっている。歴代為政者にこれほど庶民の経済力を高めた為政者がいただろうか。しかも、庶民の給料を上げたために経済がガタガタになった韓国とは異なり、失業者も史上最低が続いている。まずは庶民の経済力を上げること、これを実現した安倍政権を批判することは非常に難しい。

 カイロ=毎日福島の農産物・海産物を食べてる福島県民に誰一人として健康被害が出ていないのに、優勝商品としての福島米を食べただけで不調になるんだよ。事故後白鵬は21回、日馬富士は7回、鶴竜は5回優勝している。年齢による衰えはあるものの、身体自体はなんの問題もない。稀勢の里は2回しか優勝していない。この現実をよく考えてごらん。

 カイロ=高校の授業すら理解できないんだから仕方がないが、この無知蒙昧ぶりには驚かされる。 よく考えてごらん。自分が行ってきたことは全て大ハズレ。俺たち有識者が予告した通りに自体は進んでいる。 原発事故から7年9ヶ月が経過したが、誰一人として被曝による健康被害は出ておらず、日本人の平均寿命は毎年上昇している。人生100年時代という言葉が当たり前の前提として語られるようになった。 それでもまだ放射脳デマでぼろ儲けできると勘違いしている精神構造はキチガイ特有のものである。親の年金という定収入がなくなったことで本格的に発狂したと言わざるを得ない

 らぶマック=まずボルツマン定数からやりなおせwなに?わからん?ならホラふくなよw
 → 読んでみて吹いてしまった。何一つ知識がないのに、ボルツマン定数なんて知ったかぶりばかりしなくていいんだよマック君www
 腐った糞尿のようなコメントを見ると吐き気がするので、ここらでやめておくが、彼らの書き込みを見ると、どれほど知的レベルが低いか、人間性が愚劣か、よくわかる。

 この連中は、本当に執拗に、2011年からずっと張り付いて嫌がらせを書き込んで来るのだが、カイロに至っては、すでに15年を超える超異常ストーカだ。
 書き込み内容からは完全な精神分裂症患者で、ネット情報のたれ込みによれば、60歳くらいの精神異常引きこもり者だそうだ。

 しかし、彼らは全員、強固な自民党支持者であって、自民党青年部のネット工作部隊の工作員として嫌がらせ活動に従事しているのは明らかだ。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

https://tocana.jp/2017/09/post_13806_entry.html

 http://blog.livedoor.jp/y_s_p/archives/1869194.html

 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-676.html

 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1953.html

 この資金は、どこから回るのか? と想像してみると、以下のような記事が出てきた。
******************************

何に使った「二階幹事長」 自民党からの「機密費」14億円

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/12190558/?all=1

 これは選挙資金との説明だが、ネトウヨを雇って世論工作させているT2と呼ばれる工作員部隊の資金源は、おそらく、この種の機密費と、内閣官房機密費あたりから出ているはずで、その総額は数十億円ではきかないだろう。

 この種の世論工作、洗脳工作資金の大元は、経団連やCIAから回った資金なのだろうが、こうした末端での嫌がらせが、実に執拗に、場合によっては数十年も続く理由は、豊かな資金供給があるのだろうと考える以外、まだメカニズムがよくわからない。

 安倍晋三という稀代のアホ政治家が、総理大臣というトップに長期間居座り続けられるのも、本当に奇跡的であって、もちろん、安倍を追い落としそうな自民党政治家が、なぜか不可解な事故で長期離脱したり(谷垣)、不可解に、一線に出てくるのをやめて後退してしまったり(野田・岸田)、メディアの無視閉じ込めに遭ったり(石破)
 結局、無能の極みのような安倍の独占になるように工作されているので、安倍以外が出てきて、政権運営が不安定になり、対米盲従でない政治家が出てくることをCIAが、どれほど恐れているかの証明にもなる。
 つまり、石破は、ひょっとすると対米盲従をやめるかもしれないという意味で、ジャパンハンドラーたちが、警戒して表舞台に出さないのだろうとも考えられる。 

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tokaiama.blog69.fc2.com/tb.php/588-14df8c8d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数