FC2ブログ

Entries

 新自由主義と格差・差別の社会

カテゴリ : 未分類
 ユダヤ人・フリードマンらによる新自由主義=新保守主義(ネオコン)の思想は、前世紀末に、レーガン・サッチャー・中曽根康弘らによって、世界標準の新しい資本主義思想=グローバルスタンダードとして拡散された。

 しかし、その本質は、1970年代のアメリカ新左翼=トロツキスト=反スターリニズムを標榜した左翼的知識人が、なぜか突然、180度転向、保守化して主張した理論であり、さらに源流を辿れば、ロシア革命を支援し、成功に導いたアメリカ共産党=ユダヤ人・アーマンドハマーらによる思想であり、それが、世界を経済支配するユダヤ人・ロスチャイルド家から放たれたものであり、さらにいえば、それはユダヤ教・タルムードの思想的延長に他ならないと私は考えてきた。
 ネオコンと新自由主義の生みの親は、アメリカにおけるユダヤ教徒である。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%BF%9D%E5%AE%88%E4%B8%BB%E7%BE%A9_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD)

 簡単に言えば、革マル派の指導者、黒田寛一が、突如、保守主義を宣言し、資本主義を擁護しはじめたと考えればよい。
 なぜ、アメリカ新左翼が、突然、極右ともいえる勢力に大転換を遂げたのかといえば、それは、国家主義による経済介入を極度に嫌悪し、市場の自由に任せれば、すべてうまくゆく、人間の個人的自由は、国家の介入を拒否し、自由にやりたい放題させることで、すべて解放されるというフリードマンの思想が、アメリカ新左翼の理論と一致したからだろうと、私は勝手に考えている。
 だが、この思想の本当の本質はユダヤ教・タルムードなのだ。

 本当に日本に新自由主義を持ち込んだのは、中曽根でもなく、小泉政権時代の、事実上の為政者であった竹中平蔵であった。
 竹中は、ハーバード大学でもユダヤ思想の薫陶を受けながら、新自由主義の使者として育成され、それを日本に持ち帰った。
 部落民出身である竹中平蔵は、人間の格差・差別を正当化し、あらゆる人情を情け容赦なく否定し、ただ金儲けだけを絶対的価値として、底辺の人情社会を完全破壊するに、ふさわしい価値観を備えていた。
 
 私に言わせれば、竹中新自由主義の影響を受けた自民党や維新・公明党などの政治勢力は、タルムードが指示する極度の差別主義を世界にグローバルスタンダードとして拡散するための走狗である。

 ユダヤ教の基本聖書は、旧約聖書トーラー五編とともに、タルムードであるが、そのタルムードにもいくつかあって、イスラエルのユダヤ教核心部にいる人々以外は見ることを許されないタルムード原典(バビロニアタルムード)というものがある。
 このタルムードの本質は、徹底した民族優越主義であり、選民主義である。

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-75.html

 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=239935

 http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-218.html

 http://pagent.seesaa.net/article/377046578.html

 要約すれば、地球上の神が定めた人間と呼べるのはユダヤ人だけであり、他の人類は、ユダヤ人に奉仕するために生まれた家畜(ゴイム)にすぎない。
 だから、ユダヤ人が地上の金をすべて集めるのが正義である。ユダヤ人は、ユダヤ人以外に対して、どんな悪事を働いても罪には問われない。

 ということになる。こうした思想が、新自由主義の根元に存在しているのである。
 これだけで、地上の諸悪の根元が、実はユダヤ教徒のタルムードという思想にあると誰でも直観的に理解することができるだろう。
 実際、キリストは、新約聖書のなかでも、ユダヤ教徒のなかの、もっともタルムードを教条的に信奉する律法主義者=パリサイ人に殴り込みをかけたのも一度や二度ではなく、最期は、パリサイ人たちの陰謀にはまって十字架にかけられて殺されてしまったのである。

 ユダヤ人は、ナチズム=ヒトラーの政策により、ジェノサイド=民族浄化=ホローコストに遭って、600万人以上が殺戮されているが、この真犯人は、実は、欧州で高い経済的地位を占めて安住していたユダヤ人たちを、殺戮の恐怖によってイスラエルに帰還させるためのシオニスト・ユダヤ人の陰謀であった真実が、最近たくさん暴露されるようになった。
 http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html

 シオニズムというのは、旧約聖書に預言された、イスラエル人のシオンへの帰還を実現しなければならないと宗教的使命をすり込まれたユダヤ人のことで、旧約聖書を絶対視し、書かれていることを、例え国家を崩壊させても実現することが自分たちの使命であると凄まじい盲信をしている人々のことである。
 彼らは、アッシリア侵攻によって失われた10支族を世界の果てまで探し出して、イスラエルに帰還させる「アミシャーブ」という国家プロジェクトを持っていて、その最大の標的が、エフライム族末裔である天皇家であるという。
 http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1736405.html

 一説によれば、日本国家が滅亡すれば、天皇家はシオンに還るしかないとのプロジェクトが実行されているのだとも……。つまり、巨大震災と原発巨大事故の実現である。

 かなり話が逸れてしまったが、要するに、日本の自民党政権とその支持者たち、そして保守的な若者たちを席捲し、自民党政権の存続理由とされている新自由主義の正体は、ユダヤ教タルムードだと私は指摘している。
 こんな思想に騙されていると、いずれ、日本はこの世から消滅し、子供たちの未来は完全破壊されると、強い危機意識を持って私は書き続けているのである。

 最近、YouTubeで人気の出ている妙佛氏もまた、話を聞いている限り、明らかに自民党支持者であり新自由主義者であり、昨日は死刑制度推進を力説していた。
 ユーチューブを開けると、勝手に出てくる、ほとんどのコンテンツが、武田邦彦など保守系の新自由主義の立場からのもので、左よりの発言、例えば、金子勝や青木理などを聞こうと思えば、面倒くさい検索をかけるしかない。

 つまり、グーグルもツイッターも、アメリカ新保守主義のメンバーによる支配を受けていて、新自由主義の立場からの発言だけを優先して表示するように仕組んでいる。
 私の東海アマブログなど、検索をかけてもなかなか出てこない。1年で300万アクセス、毎日2万アクセスもあるのに、どんな語彙の検索でも、トップに表示されることは、ほぼ絶対にない。「東海アマ」とレッテルを書かないと出てこないよう、検索順位が極端に落とされているのである。

 この新自由主義の本質は何かといえば、「金儲けと差別・格差の自由」であるといえるだろう。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%87%AA%E7%94%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9

 フリードマンは、ベトナム戦争前後の不景気=スタグフレーションに対し、その原因を、国家による重すぎる規制に帰結させた。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3

 「人間の自由」というとき、(彼は半世紀前のアメリカ新左翼の影響を受けていた)国家からの介入が手足を縛り、自由な発展を阻害すると決めつけ、ケインズ式の計画経済を厳しく批判した。
 ケインズは、不景気の原因は労働者への分配が少ないせいだと指摘したのだが、フリードマンは、労働者保護を拒否し、資本主義への規制を撤廃させ、自由に金儲けさせろと要求した。

 そんなことをすれば、人間社会に激しい格差と差別をもたらすことになり、また無制限の金儲けが、限られた地球資源やインフラを破壊する結果になるという意見にも耳を貸さなかった。

 フリードマン思想の直系ともいえる竹中平蔵もまた、格差の拡大を強く望み、国民生活に窮乏による不幸が訪れることが嬉しくて仕方ないような発言を繰り返している。

 https://blog.goo.ne.jp/houjou73/e/f75b7c237e012f3c0e9978f49478a5aa

 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5564.html

 http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/192.html

 彼は、格差が拡大し、トップが豊かになれば、底辺の民衆もトリクルダウンによって恩恵を受けると格差拡大を擁護していたのだが、実際に格差社会が実現すると、今度は「トリクルダウンなどあるわけがない」と開き直った。
 https://www.mag2.com/p/money/6972

 新自由主義というのは、自民党の若手や議員たちに共通することだが、無制限の金儲けの容認を要求し、格差拡大を喜ぶのだが、有限の地球環境を守り、子供たちの未来を良き環境に保全するという思想が絶無といっていい。
 徹底した利己主義なのである。

 こうした、差別拡大の思想を根源的に追求してゆくと、必ずユダヤ教徒のタルムード思想に行き着くと、私は何度も指摘してきた。
 竹中平蔵は、ユダヤ教徒の代理人なのだ。
 ユダヤ教徒というのは、2300年前に、バビロン捕囚のなかで生まれたバビロニアタルムードをアイデンティティとするユダヤ人の集団だが、それは、人類最長・最大・最悪のカルト集団であり、凄まじい民族的優越感と、選民意識を共有する恐怖のカルトであって、彼らの神=旧約=古い神との契約=を行った相手、アブラハムがイサクを生け贄に捧げた神とは、ルシファー=サタンであるとする研究者も多い。
 
 日本を失われた10支族のうち最大のエフライム族であるとするアミシャーブ・プロジェクトでは、その資金提供者であるロスチャイルドは、娘を日本に送り込んだわけだが、その居住地は淡路島だった。
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-421.html

 そして、ロスチャイルドと深い関係を持つといわれる竹中平蔵が何をやったか?
  https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423493

  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151074/3

 実は、イスラエルがイランに核攻撃を受けて居住不能になった場合の、退避地が世界に設定されていて、そのうちの一つが淡路島であるとの噂がある。
 もし事実なら、竹中平蔵は、ロスチャイルドの代理人として淡路島を買い占めたことになる。
 しかし、シオン(パレスチナ)への帰還は、旧約聖書に予言されたユダヤ人の使命なのだから、シオニストは、やがて天皇を連れてイスラエルに帰還することを考えているだろうと思う。
 もちろん憶測や噂の段階なので、真実は分からないが、背後にこうした事情があることを知っておくべきだろう。

 竹中平蔵が、タルムードの思想を実行していることも、知っておく必要がある。
 新自由主義というのは、元を辿ってゆけば、アーマンドハマーとロスチャイルドに行き着くということも。

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数