FC2ブログ

Entries

ドイツ銀行・ソフトバンク・みずほ銀行・農林中金が倒産すると何が起きるのか?

カテゴリ : 未分類


 副島隆彦の情報によれば、ドイツ銀行の破綻は、今日明日に迫っている喫緊の問題であるという。

 これは、10月8日の副島情報
  http://www.asyura2.com/19/cult22/msg/833.html

 これは、昨日、10月29日の副島=中田情報
 http://www.snsi.jp/tops/kouhou/1930

 【上は、実は2006年の記事という指摘があった。見落としていたので申し訳ない。まあ、3年前から事態は変わっていないということか?】

 以下引用=8日には月末に破綻と指摘していたが、「この冬」と表現を変えている。まあ、ブレグジットが三ヶ月も延期されたので、少しばかりの延期は仕方ないか……。

  この冬に、ヨーロッパ金融崩れが起きそうだ。「ユーロ恐慌」である。ドイツ銀行が危ない。破綻したら負債総額は2・2兆ユーロ(約260兆円)だそうである。ヨーロッパが団結して何とかするであろう。が、この打撃は世界中に広がる。
**********************************************************************

副島に限らず、ほぼ、世界中のアナリストが、ドイツ銀行の倒産を予言しているから、いずれにせよ時間の問題だろう。
 人類が2015年以降、わずか4年で積み重ねた6京円の虚構マネーのうち、約8000兆円が破綻するのだから、タダですむはずがない。

 以下の動画では、今月中ということを予想していた。
 https://www.youtube.com/watch?v=p2RjwKeflfI
 
https://www.youtube.com/watch?v=TPXY_eChZRE

 https://www.youtube.com/watch?v=E404evB4xlE

 これは、ドイツ銀行経営幹部の姿勢を見ていると、最初から「金融詐欺」として仕組んだ可能性が極めて強く、リーマンブラザーズによるサブプライム(融資不適格者)への債権を細切れにして世界中の投資家にトリプルAの格付けをつけて売りさばいた事件と、まったく同じ構造を持っている。

 内容は、大半がCDSと呼ばれる債権保障保険であり、しかも、多くは、嘘で固めた自転車操業で知られた中国企業に発行したのものであり、260兆円なんてのは、表向きの弁明のための数字で、実際には、数千兆円を下るものではないと予想している。
 中国企業の米中貿易戦争を原因とする倒産連鎖は、昨年の海航集団以来、凄まじい規模で連鎖的に激増していて、全面破綻は時間の問題と予想されてきた。 https://hatenablog.com/k/keywordblog/%E6%B5%B7%E8%88%AA%E9%9B%86%E5%9B%A3

 昨年の海航集団破綻こそ、世界スーパー恐慌の嚆矢といえるだろう。このとき、ドイツ銀行の大爆発が時間の問題と世界中の投資家に認識されていたが、あとはウオール街は、損失を日本などの投資家に手渡し、売り逃げタイミングを計っていたと考えるのが自然である。

 ソフトバンクの倒産が騒がれて久しい。理由は、孫正義が株式上場投機の駒として選んだ、ウイワークが最初から詐欺を狙った悪質な不動産会社だった可能性が強く、これはゴールドマンサックスに押し売りされたものだった。
 https://diamond.jp/articles/-/217872

 孫正義は、ウイワークに2兆円をだまし取られているのだが、経営規模から考えて、これだけでは倒産しないにしても、スプリント電話や、アリババ・ファーウェイなど、米中経済戦争で大きな痛手を被っている企業にも兆単位で大規模に投資しているので、投資先で、健全な運営ができている企業が非常に少ない。
 おそらく、SVFファンドにウオール街の工作員が入り込んでいたのだろう。これらが、ドイツ銀行の破綻によって、一気に巨大な経済崩壊を引き起こすことが避けられない。

 ソフトバンクが、あまりの(表向き17兆円、レバレッジがかかっているので、おそらく、その数倍)負債規模で助からないとすると、一心同体のみずほ銀行も助かるわけがない。すでに、日銀が莫大な国民資産を注ぎ込んでいるのだが、相手はなにせ6京円=60000兆円といわれる虚構のデリバティブなのだ。
 日本政府が有り金全部注ぎ込んでも助からない。

 何度も書いたが、ドイツ銀行が倒産すれば、日本で、その細切れ債権を買いまくってきた農林中金(農協銀行の全国連合体)や、たくさんの名前さえ分からない中小零細銀行群、それに「五頭の鯨」=GPIF、ゆうちょ、かんぽ、共済年金、日銀が、揃って溺れ死んでしまうのだ。

 つまり、日銀も年金財団も倒壊する。
 日本政府は、最低限、日銀を救おうとするだろうが、ゆうちょやGPIFは見殺しにする可能性が高い。
 「五頭の鯨」を救う手段として考えられるのは、国債と日本国通貨の大増刷、つまり、想像もできない規模での金融緩和である。鯨に、莫大な水を与えるわけだ。

 もちろん、こんなことをすれば、100%ハイパーインフレが起きる。どのくらいのインフレかというと、たぶん100倍~1000倍のオーダーになるだろう。
 しかし、日本国債の人気が世界的に高く、世界経済同時一斉大崩壊ということになると、資金の逃避先として日本国債が選ばれてきた実績があるので、世界中の金が集まってくる可能性もあるのだが、国債金利大上昇ということでは、逃避先にもならなくなる。
 このあたりは、起きてみなければ具体的なことは分からない。

 我々にとって重大なことは、ドイツ銀行の倒産が、みずほ銀、ソフトバンクの倒産を呼び、それが農林中金・ゆうちょ銀の倒産と、預金封鎖を呼び、やがて日銀もたちゆかずに莫大な通貨増刷金融緩和を行うことで、凄まじいハイパーインフレが避けられないことである。

 同時に、国内で、BIS自己資本比率を守れる銀行がほとんど失われることで、国際為替決済ができなくなり、輸出入に巨大な障害が出ることである。
 つまり、食料や石油の輸入がストップする可能性が高い。
 何度も書いてきたが、こうなると、その国の原始的な農業実力がものをいう。どれだけ主食や代替主食(芋類)を生産できるかということだ。

 残念ながら、自民党は、輸出産業の利権のために国内農業を売り渡し、地方を衰退させ、農業を潰し続けてきたので、こうした事態になると、恐ろしい結果になる。
 日本の食糧自給率は世界最低である。何が起きるかは、予想通りになるだろう。

 ドイツ銀行とソフトバンクの倒産については、たくさんの動画がアップされているので、各自、事情を把握していただきたい。
 オリーブの黒川氏は、極右だが、経済分析は優秀である。

 ソフトバンクに日銀が支援!?アベノミクスの闇。倒産。wework、ETF、ゴールドマンサックス
 https://www.youtube.com/watch?v=j4WJSTJiye8

 ソフトバンク倒産の裏話【借金17兆円は超ヤバい】日経平均株価の大暴落とみずほ銀行や三井住友銀行危機とウィーワーク
 https://www.youtube.com/watch?v=wUIGWyJ4ipg&t=18s

 以下は、今年2月末のコンテンツ
 ドイツ銀行破綻は明日かも?リーマンショックの10倍。あなたの生活を守るには、どうする?(デリバティブ、CDS)
 https://www.youtube.com/watch?v=T-VyzKmFcH4&t=2s

 ブレグジット失敗で、6京円デリバティブが超ヤバい裏話【LCHクリアネット問題とは?】ドイツ銀行破綻CDSとリーマンショック
 https://www.youtube.com/watch?v=63ACab_26-8&t=660s

 ソフトバンクが法人税未払い?決算書からソフトバンク破綻の可能性を分析
 https://www.youtube.com/watch?v=u1kINdEaB7A

 ソフトバンク倒産か?wework問題はヤバイ。みずほ銀行にも危機が連鎖。ウィーワーク、サウジ、サルマン、CLO、ホリエモン。
 https://www.youtube.com/watch?v=u_8WLeq5g1g&t=5s

 ソフトバンクとドイツ銀に関しては、あまりにも、たくさんのコンテンツがあるので紹介しきれない。
 副島が予言した倒産確定日は、今日だったが、今のところニュースに流れていない。
 たぶん、理由は、もしドイツ銀破綻ニュースが流れでもしたら、世界中の銀行で取り付け騒ぎから預金封鎖が起きて収拾がつかなくなるためだろう。

 もし数日中に、ドイツ銀破綻ニュースが流れるとしたら、手元に、ある程度の現金が必要になるかもしれない。
 何よりも大切なものは、連帯できる仲間である。助け合って生き延びるしかない社会になってゆくので、誰とともに生きるのかを考えることだ。

  

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数