FC2ブログ

Entries

 中央リニア新幹線、トンネル工事で各地からウラン鉱が出てきた

カテゴリ : 未分類
 実は、今朝も、私の住む中津川市蛭川を、まっすぐ10キロほど南下した中央線美乃坂本駅周辺を見てきた。
 ここが、中央リニア新幹線、中津川駅の建設予定地だ。2027年に予定されている開通後は、品川から1時間で中津川に到着することになっている。確かに駅舎周辺の工事は始まっているものの、せいぜい整地工事程度で、まだ地上に有形物は、まったく姿を現していない。
 
rinia1.jpg


 駅舎予定地である坂本駅の北側の住宅地は、まるでカスバのように細い路地が入り組んで、車が通り抜けるのは極めて困難で、火災になったら消防車が入れないような、ひどい密集地が続いている。
 駅周辺には、七年後に開通するはずのリニア岐阜駅の整備を思わせる改変は、何一つ存在しない。駅に通じるはずの新たな幹線道路の準備も、まったく始まっていない。

 駅舎予定地は、我が家から一本道なのだが、なぜか、私がわずかな土地を所有している蛭川も、茄子川も、ほとんど土地代が上がっていない。
 相変わらず、路線価は坪千円、実売価格は五千円程度である。大都市では坪百万円でも安い方なので、みんなびっくりするだろう。我が家の土地は、名古屋市中村区にある実家の二百分の一しかない超安価である。

 これほどの巨大インフラの工事が行われているのに、なぜ地価が上がらないのか?
 詳しく調べてゆくと、どうも不動産関係者の間では、表向きは一攫千金の一大事業ということで、リニア計画を悪く言う者はいないのだが、裏では、この事業に大きな黄信号が点っているとの認識が共有されているようだ。

 まずは、2027年開業予定への疑問
 
 リニア新幹線「2027年開業」が難しすぎる理由 開業遅れると全国のプロジェクトが大混乱?
 https://toyokeizai.net/articles/-/207112

 リニア新幹線、開通遅れ必至の情勢…静岡県、わずか「9キロ」の工事着工を許さず
 https://biz-journal.jp/2019/10/post_124385.html

 ここで、とんでもない情報が、阿修羅掲示板、魑魅魍魎氏によって書き込まれていた。

リニア中央新幹線、残土で「ウラン検出」各地で続々か? JR東海が触れたくない“工事の闇”を関係者が暴露! (TOCANA) 
http://www.asyura2.com/19/genpatu52/msg/423.html

 上のリンクから引用

 加えて問題をややこしくしているのが、穴を掘って地盤の状況を調べるボーリング調査の結果である。「ここだけの話……」と断った上で産業廃棄物の処理業者が重い口を開いた。この会社はJR東日本から残土処理の相談を受けたという。

「問題はそういうことじゃない。残土は残土なんだが、ただの残土じゃないんだ。ウランなんだ」

 ウラン? あの放射性物質のウランが出るということか?

「そう。試掘でウランが出ちゃった。だって、おかしいと思いませんでしたか? 急に静岡県知事が騒ぎ出したでしょう。あれはウランが出たから」

 そうなると、ただ穴を掘ればいいと言う話ではなくなる。残土処理が非常に面倒なことになる。

「私たちは放射性廃棄物の処理の研究をしているので、相談に来られたんですよ。福島原発の処理にも絡んでいるので、詳しくは言えませんが。それで実情を聞いたんですが、量は大したことないみたいです。いくつかボーリングやった中に、微量にウランが出た。正確な場所がわかれば、今なら鉱脈を外せるとね。でも、もし外せなかった場合、残土にウランが混じるわけですよ。どうしますか、埋めますか? 大井川の水源ですよ」

 量が多い、少ないの問題ではなく、ウランが残土に混じっているとわかれば、地域住民の感情問題から工事は中止になるだろう。福島第一原発の二の舞である。
************************************************************************

 南アルプスのリニアトンネル予定地は、中央構造線=南アルプス破砕帯を横切っている。しかも近所には、長年、国道152号の短絡トンネル工事を阻み続け、とうとう計画放棄に追い込んだ、大破砕帯=青崩峠が存在しているのだ。
 https://4travel.jp/travelogue/11159064

 日本の最高水準の技能を総動員しても、とうとう克服できずに計画を放棄させられた、国内最悪の中央構造線破砕帯は、人智を超えた存在である。
 年間数センチ以上も恒常的に破砕帯が移動し、かつ、地殻変動時には数メートルも動く可能性があり、この地盤の極端な移動変化を、どうやって克服して、安全なリニアトンネルを構築できるというのか?
 あり得ないことだ……。

 ここに、JR東海の葛西敬之が、よりによって時速600キロで疾走するリニア新幹線のトンネルを掘るという。これを聞いて、私は葛西が過去に手がけた、さまざまの失敗物件を思い出した。

 葛西は、1990年代に、すでに衰退が始まっていたスキー場経営に乗り出し、独自のコネと権力を使って、国立公園に指定されるべき国宝級の大自然である御嶽山東面の巨大な原生林を皆伐して、チャオというスキー場を建設させた。
 チャオは、もの凄く交通の不便な位置にあって、どんなに雪質が良くとも、こんな場所までスキーに来る客は少ないだろうと予想したが、案の定、経営が立ちゆかず、JR東海はこれをマックアースという会社に売り飛ばすことになった。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA%E5%BE%A1%E5%B2%B3%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88

 転売されたことでチャオスキー場が息を吹き返すはずもなく、2018年から閉鎖されてしまっている。
残されたのは、二度と取り返しのつかない海抜2500メートルの亜寒帯、大森林地帯の荒廃であった。
 葛西は、JR東海の独裁者として、安倍晋三政権のタイコモチになり、売国奴、竹中平蔵・竹中宣雄兄弟と組んで、小泉時代の「首都圏移転計画」時代から特区事業の利権を求めていると噂されている。

 私は、葛西が中央リニアを計画した背後には、小泉時代の首都圏移転計画で、ミサワホーム竹中兄が膨大に買い占めている瑞浪市首都移転候補地の利権が背景にあるのではと予想している。葛西の計画には、背後に邪悪な陰謀が隠されている。
 中津川にリニア駅を計画した理由は、竹中兄弟が所有する東濃首都移転候補地を再利用する魂胆ではないのか?

 おまけに、瑞浪市のリニア通過地域は、日本最大級のウラン鉱出土地なのである。
 この鉱脈のなかをリニアトンネルが突っ切れば、当然、ウランを大量に含んだ残土が出てくる。

 リニア残土 微量ウラン JR東海 公表せず 岐阜 日吉トンネル工事
 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-08-05/2019080501_01_1.html

 リニア中央新幹線、残土で「ウラン検出」各地で続々か? JR東海が触れたくない“工事の闇”を関係者が暴露!
 https://tocana.jp/2020/01/post_136715_entry.html

 ここでウランによる健康被害の恐ろしさについて触れておく。
 
劣化ウランによる健康被害 2018年09月02日
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-467.html

ウラン2 劣化ウラン 2016年02月02日
 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-54.html

  【資料】ウラン採掘の段階から世界の先住民族は核被害を受け続けている 2011年06月10日
 http://www.peace-forum.com/gensuikin/news/110610date.html

 私の住む中津川市からウラン鉱の出る瑞浪市日吉地区までは、車で30分、距離にして30キロと近い。放射線を学んでいた事情から、すでに何十回も訪れて土壌のサンプル調査を行った。
 ここには、典型的な原発核燃料であるウラン235のイエローケーキが産出するが、この放射能を検出するには、相当な技術が必要である。

 ウラン鉱石にはウラン238が約99.3%、ウラン235が約0.7%含まれている。ウラン238は主にベータ線を出すが、ガンマ線は非常に少ないので、通常のガンマ線スペクトルメーターで検出するのは困難だ。
 235も同じで、ウラン鉱には、トリウムも同時に含まれることが多く、これらの娘核種として、ラジウム228の娘核種、アクチニウム228の強いガンマ線や、ラジウム226の派生核種、ビスマス214などのガンマ線を測定することで存在を推定することができる。ガンマ線以外の放射線を測定するのは非常に困難なので、アルファ、ベータオンリー核種の測定は大変である。

 しかし、ウラン鉱は、ウランの派生核種であるラジウムなどを大量に含んでいて、放射線レベルは決して小さくないし、重金属毒性も強いと考えられる。また、同時に危険なヒ素を大量に出土することも多い。
 したがって、ウラン鉱の出土する地域では、大きな健康被害が出ている。

 以下は、私がまとめた、岡山・鳥取県境のウラン産出地、人形峠付近で何が起きたのかを示すデータ。
  https://blog-imgs-77.fc2.com/t/o/k/tokaiama/simanegenpatu.jpg

 地図をクリックすると、全画面が出る。人形峠周辺で、心筋梗塞が全国平均の数倍も出ていることがわかる。
 https://blog-imgs-77.fc2.com/t/o/k/tokaiama/simanegenpatu.jpg
 実は、人形峠では、再処理工場が稼働したことがあり、私は、その影響で上のリンク先のような恐ろしい健康被害が出たものと推測している。
 https://www.jaea.go.jp/04/zningyo/profile1005.html

 同じことが、瑞浪市周辺で起きている可能性があり、私の調査課題になっている。
 今回、中央リニア新幹線瑞浪日吉トンネルの掘削と残土により、莫大な規模のウランを含んだ残土が出るわけで、いったい、どれほどの健康被害が出るのか見当もつかないが、これに関して、問題意識を持ってデータを公表している私に共同行動を呼びかける人は皆無であり、東濃地域の住民の危機感の薄さに残念な思いをしている。

 なお、私は既存の大学関係者が放射線利用への利権から、問題を矮小化する傾向に気づいていて、私は学問的権威主義を前面に出すグループとの接触は控えている。正直、医師や大学研究者は信用できない気分でいっぱいだ。
 私が、ネット上で、どれほど低俗下劣な誹謗中傷に遭っているかは何度も公表しているが、この誹謗を真に受けている人がたくさんいて、もう、とても自分から共同行動を言い出せない状態になっている。

 この意味では、ろくでもない無知な自民党員、ネトウヨの超下劣な私への個人攻撃は成功しているかもしれない。
 私への誹謗サイトを、少し眺めれば、彼らがどれほど馬鹿で無知蒙昧かは、一目で、すぐにわかるはずなのだが。
 今は、彼らの個人情報を収集していて、いずれ、まとめてお返ししてもらうことになる。

 なお、日吉地区にならぶ危険な高放射能地域として、中津川市苗木~瀬戸~落合地区のトンネル掘削があり、昨年夏頃から、高峰山道路を使って、田瀬地区の埋め立て地まで、一日数百台のダンプが通行していた。
 ところが、昨年11月頃から、この通行がなくなってしまったのだ。まさか、数ヶ月の短期間で、十数キロに及ぶ苗木トンネルのシールド掘削工事が完成するわけがないので、瀬戸落合の工事地点で、何か工事を中断せざるをえないトラブルが起きたのではないかと疑っている。
 詳しい事情は、一切公表されていない。

 以上、リニアトンネルは、長大トンネルを掘れば、水利がめちゃくちゃに破壊され、近郊の農業者の生活を破壊してしまうことになり、わかっているだけでも、たくさんの大問題を抱えていて、どれも解決には、大変な年月と補償が必要になる。
 あと7年で開業など、とんでもないことだ。

 まず、何より、南アルプス、中央構造線大破砕帯を貫通し、リニア新幹線の通過の安全性を確保する問題は、おそらくアポロ13号を月に送るよりも困難ではないかと私は考える。
 つまり無理だ。日本の技術の粋を集めた青崩トンネルでさえ放棄させられたのだ。

 私の保有する、リニア岐阜駅から徒歩1時間あまりの土地が、まったく値上がりしない本当の事情は、不動産関連業者が、このことに薄々気づいているからではないかと思う。
 業者としてのカンが、中央リニア新幹線事業に手を出してはいけないという危険信号を出しているのではないだろうか?
 

Appendix

プロフィール

tokaiama

Author:tokaiama
ツイッターのアカウントは、原発運転による健康被害をとりあげた途端に永久凍結されました

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

アクセス数